シンガーソングライター水木ノアのすったもんだオフィシャルブログ 
ハリーさんの奥様、先日魔法のランプにゲスト出演してくださった嘉藤さん、魔法のランプにいらしてくださり知り合った真理子さんと皆で。
17212252_1325307557552412_3379066981547433007_o.jpg

真理子さんはダンスがとても上手で、ハリーさんのアップテンポの曲でジルバを踊りました。私は両親のジルバを見てなんとなく覚えていたデタラメジルバを見よう見まねで一緒に踊ってみました(≧∀≦)
17201363_1828643020724370_8623585335110311089_n.jpg

帰りにサンリオピューロランドのそばを通り過ぎる!まだ入ったことのない私はすかさず写真を撮りました♪ キラッキラですね!
17218510_1325307560885745_5211515029935599207_o.jpg 17240607_1325307644219070_5036700034244028328_o.jpg

まだまだ夜は寒い!
とてもアットホームな雰囲気のライブハウスでした。行きは道がよくわかりませんでしたが、帰り道は駅まで割とすぐでした。

ネットテレビ【魔法のランプ】を一緒にやっているハリーさんのライブを観に多摩センターのライブハウスコルコバードへ行ってきました。
17203019_1325294890887012_4034645858763519923_n.jpg

活動名は松山晴介&ラビッツです。
17192587_1325294940887007_7824148491851623679_o.jpg

サンリオ好きな私でもピューロランドには行ったことがなくて、多摩センターの街の中をぶらぶら歩いたのはもしかしたら初めてかもしれない
(後ほど別記事)。

ハリーさんの音楽はフォークがルーツですが、意外にもサンバやアフリカ音楽なども演奏してとても楽しかったです。
「パタパタ」という古い曲、MCではまだわからなかったけれど、曲を聴いたら知っていました。
ベースの方が一瞬男性か女性か迷いましたが、それで良いらしい(≧∀≦)
17157387_1325294894220345_8785387328223017913_o.jpg

ドラムだった方が間に和太鼓の演奏をしてくれて、これも素晴らしかったです。
17239662_1325299010886600_1028714227473983803_o.jpg 17264273_1325299020886599_6894739323844213066_n.jpg

ハリーさん、64歳なの…。知らなかった。もっとお若いかと思っていました∑(゚Д゚)
パワフルでした!

一昨日人生の大きな決断を書いた次の日に見た夢が、あまりにもでした(爆)。

現実では私に娘はいませんが、私の娘だと感じる小さな女の子が崖に登り、大きな穴倉を覗き込むのを遠くから見ています。
「なんかあるっ!」と娘は叫び、私は「気をつけてっ!」と叫んでいます。

次にその「何か」は、娘の頭を飛び越え、穴倉を出てこちらへ飛んできました!
それは、ブリキのヤカンでした!金色の。小学生の頃、冬にストーブの上などに乗っかっていたでっかいヤカンです。

しかし夢の中ではさらに巨大!私の方へ向かって来たので私は攻撃されると感じ怖くて右往左往しています。私の頭上まで来ました。下から見上げるとなんとそれは、UFOみたいなんです。
ヤカンの底に、丸くて光る4つくらいの玉が付いていて、くるくる回っているわけです。
底だけ見たらまるで、アダムスキー型のUFOの底です。

えっ!これヤカンじゃなくてUFOなの?!∑(゚Д゚)と私は驚きます。

今思えば、ヤカンが空飛んでる方がびっくりするというもんですがね(笑)。

とにもかくにも「逃げなければ」と思ったが間に合わず、す〜〜〜〜っと静かに確実に私を追い、私の頭上をロックオンし突然動きを停止したヤカン(もしくはUFO)が、私の頭の上にゴーーーン!と落ちたんです。

ドリフか!

イッテーー!と頭を抱えていると、足元に転がり落ちたヤカンの蓋が、コロンと外れました。
中から、大量の野菜と、袋に入ったツユが出て来ました。

「鍋セット。」

と私は思いました。

これが昨日の朝の夢です。

もっとメッセージ性の高いものが出て来たら良かったのだけど、てんやわんやの状況を乗り越えて、足元に到着したヤカンから出て来たものが鍋セットであるならば、「鍋セット」が何を意味するのか、真剣に考えなければなりません(笑)。
17155249_1325486854201149_5866534552569101719_n.jpg

私のFBつながりの皆さんへ、UFO研究家・竹本良さんからのメッセージ動画ですー♪


お知らせ。4月の魔法のランプに竹本さんをゲストにお迎えする予定でしたが諸事情のため竹本さんご出演の日程が変わります!4月を楽しみにしてくださっていた方申し訳ございません!
今後のスケジュール・ゲスト決定しましたら随時お知らせいたします。
ハリーさんも今日最後に魔法のランプのご紹介を話してくださいました。
17039165_1321935734556261_3562567427929665319_o.jpg

グレイのTシャツ〜(笑)。
17190416_1321935744556260_4690739190773292402_n.jpg

それから、竹本さんFacebook始めましたが、全くわからないそうで、今日竹本さんの携帯いじらせてもらったけどアプリが全然動かず、私も確認できませんでした。
リクエストたくさん来ているところまでわかったものの何も出来ない状態です。

宇宙人の研究をしている人って機械類が壊れることがよくありますが竹本さんの携帯もなんだかおかしなことになっていました。竹本さんだけ電波が入りません。
良いんだか悪いんだかとにかくさすがです(笑)。
17218660_1321935721222929_4414306642922952759_o.jpg

髪型が瞬間的にキマッている!ヨガの後シャワーを浴びて準備して、スタジオにいつまでも長くいる面倒くさい客になり、これからUFO千夜一夜に向かうところです。実際UFO千夜一夜が始まる頃にはもう終わってますが(爆)。
17192373_1321548181261683_6179771742189727671_o.jpg

ドライヤーで髪を乾かしていたらスタッフさんが掃除しに入って来たので、「いつまでも居てすみませんねぇ」と言ったら、「いえいえ、ラスト時間まで居ていいんですよ、会員様なんですから」と言ってくださり、お言葉に甘えて(笑)。


UFO千夜一夜第三回無事に終了!集合写真、私の隣もみずきさんです!が、水月さんなので正しくは「みづき」と書きますね。
17218405_1321827217900446_7213738915582128468_o.jpg

今回は「宇宙語」がテーマで、宇宙語を話す小池さんと、その通訳者の水月さんがいらして、実際に話していただきました。
17191884_1321827624567072_5440942492923117564_o.jpg

ちょうどそこへ来た歌手の柏田ほづみさんが2年前に宇宙語を話せるようになったのを知っていたので、登壇していただき、ほづみさんと小池さんの宇宙語の会話も披露の流れに。
17211942_1321827621233739_1513921214317620834_o.jpg

本当にまぁこりゃ、宇宙人同士の会話を、地球人があんぐり口を開けて見てる状態(笑)。
2人とも笑ったりウケたり感情豊かに話してるんですけど、聞いたことない響きなのでもちろん何を話してるのか全くわかりましぇん!(≧∀≦)

そして私がトライしてみたのですが、どうしても言葉が口から出て来ず、それで水月さんから「言葉が出なくても、手を動かしてみたらどうでしょう」との提案に、それならできるかもしれないと、深呼吸して瞑想状態のようになっていったら、手は自然に動き出し、その間水月さんが通訳してくれましたが、不思議なことにこの間、水月さんの通訳している言葉がほとんど私には聞こえませんでした。
不思議だ…

何でも信じる私、さすがに宇宙語はどうなんだろうー!と思っていたのに、手が動き出した時の感覚というのは非常に不思議な初めてのものがありました。
謎です。まだまだ不思議です。

水月さんの歌の合いの手が入り、ほづみさんが少し宇宙語での歌を披露してくれて、全くアレを思い浮かべましたね、映画「フィフスエレメント」に出てくる青くて背の高い宇宙人のオペラ歌手です。
申彦先生のUFO動画はかなり最近のものばかりで、「今週のUFOの動き」というタイトルが付いたようです(笑)。宇宙人さん、こっちだって日々チェックしてますからな!

3/25、魔法のランプの公開収録でほづみさんがゲストなのでそのお知らせもさせていただきました。

根本先生もお話してくださって、いつもながら根本先生ってすごいなー…と思いました。来週シアトルに行き、コンタクティや研究家や科学者が集まる何かすごい会合に出るのだそうです(ざっくりですみません(;▽;))

今日もお集まりいただきありがとうございました\(^-^)/
17239668_1321833811233120_9115139026757477213_o.jpg

3月11日にはブログを更新せず、その前後に色々まだ更新していないことがあるのですが、こちらをまず先にアップします(FBにアップした記事)。

今日で震災七回忌を迎えました。
先日ラジオで福島のお坊さんが七回忌について解説していました。
「あの人が亡くなったことによる影響が、もう終わる年。それを抱えて生きてきた6年の月日を終え、生きている人は過去ではなく前を向き始める転換になる年。」それが七回忌なのだそうです。

世界中で多くの人々の祈りや悲しみ、記憶などが発せられている今日のこの日、私は本格的にヒーラーの道を進む流れが決まりました。多くの方から「ノアさんまだ心を閉ざしている。わかっているのに恐怖が先立っている。あともう少しなのに。」と言われてきました。

これまでたくさん悩み、迷い立ち止まり、違う道へ進もうとしてきました。しかし、もう迷いません。
語りつくせないタイミングと、出会いと、どうしてもこっちなんですねという後押しがあり、自分で無理に予定を入れたわけではないのに、今日3/11に、私は歌を辞めずに歌い続けていきながら、ヒーラーの道を進む、と、公言することが出来るようになりました。
そうしなければ今日の意味もない、という1日を過ごすことになりました。

恐怖がありました。怖かったのです。批判や、笑われること、音楽と並行して付け焼き刃的にやるのではないかと誤解されること。どんなにこの道を勧める人がいても、本気で信じられなかった気持ち。
そして、目指しても挫折するかもしれないと先に思ってしまう自分のマインド。

しかしもう大丈夫です。
素晴らしいヒーラー・チャネラー、大竹かずみさんとの出会いに感謝して、これからの私のやることの指針を決めました。
17218456_1324045104345324_8438890286624953365_o.jpg

ここに書くということは、公言しておきながらなれないかもしれない、という気持ちがもうないからです。
2011年3月11日から、今日まで、一冊の本でも書ききれないほどの出来事を経験しました。皆さんもきっとそうでしょう。よく人前で普通に笑顔でいられたもんだ、と、自分の強さを褒めもしました。

あれから目に見えないものの力か、私自身の意思か、色々なことに気づき覚醒した部分も明確に自覚し、数年かけて、確信を持てるような流れに緩やかに方向が定まっていきました。

東日本大震災で亡くなった方々のご冥福を心からお祈りするとともに、これからも生き続ける私自身、新たな意識で、しっかりと生き使命を果たして人生を全うすることを誓います。

この文章を書ける日がいつか来るのか、と思っていました。しかし、「いつ来るのだろう」と思っているかぎりその日は来ない、ということももうわかっています。
こういうことは何しろうまく書けません。

どっちにしろ、こんな真面目なことを書いても、私のことですから結局「すったもんだ面白ヒーラーへの道」のようなお知らせとなり、人間性はほとんど変わらないと思います(笑)。

ヒーラーであり、リンパドレナージュなどのエステもおこなうかずみさんのサロンの写真です。
17190702_1324045107678657_7035815844087154349_n.jpg

田川さんの回をお待ちになっていた皆様、お待たせしました!ラジオ【山口敏太郎の日本大好き】ゲスト田川幹太さんの回がアップロードされました!


信号の前でおじさんがポケットから何か落としたので「すみません〜」と声をかけたら、振り返り「なんじゃらほい?」と応えた。なんじゃらほいと、冗談じゃなく素で普通に言う人がいた(笑)。
こりゃおどろいた。

と、先日Twitterにつぶやきました。

路上で私の前でハンカチを落としたおじさんに声をかけたら、振り返って「なんじゃらほい」と言われ、全く予期していなかった回答に後ずさりしつつも笑いをこらえながらハンカチを返したという出来事がありました。それを呟いたら皆さんから色んな回答があってちょっと盛り上がりました。
それで、「なんじゃらほい」というのはどこの方言だったか?「なんだそれは」という意味ではないかなど色々コメントを寄せていただいたので、ここはひとつ、この言葉について調査してみようという気になったのです。

調べてみると非常に面白いことがわかりましたよ!
それにしてもYahoo知恵袋ってのは、本当に何でも書いてあるんですねえ!どんなくだらないことでも大概他の誰かが疑問を呈しているYahoo知恵袋を、私は「現代人の集合意識」と名付けたいと思います(笑)。

こんな質問がありました(概要)
「20代だが『なんじゃらほい』という言葉を友人とよく使う。そうしたら40代の人も知っていて驚いた。これは古い言葉だったのか?」

こっちがびっくりするって!(40代)

そして様々な回答の中から「普通に誰でも使うんじゃないか?」
にもびっくり!
言われたことで驚きわざわざ記事にした私は浅かった・・・と思わざるを得ない。

しかし多くの回答は、むしろ年配の人の言葉だと思うというものでした。

この回答を述べるにあたり、諸説の中からどうしても2つの全く違う説がどちらも説得力があるので、両方の説をご紹介します。全く違う方向からの説でありながら、どちらも捨て難い。

まずは「表向き」の説をご紹介しましょう。
これはなんと、長野県の木曽福島町の有名な民謡「木曽節」発祥なのだそうです。大正7年に木曽福島町長をしていた伊東淳(いとう すなお)さんが観光客誘致・地元振興のためにこの民謡が広まるよう尽力したことが成功し、民謡の中でも他県の人でも知っている有名なものになりました。

木曽節は木曽踊りを踊る時の歌で、 鎌倉時代に木曽家12代目信道が小丸山城を築き、戦勝を記念した霊祭で踊られた“風流陣の踊り”という武者踊りが「木曽踊」の起源と考えられているそうです。
それが後に民衆の間で盆踊りになった。

そしてまた、本当は「なんじゃらほい」ではなく「なんちゃらほい」が正解で、そのうち自然に変化して「じゃら」になってしまったらしい。
NHKの「民謡魂」で木曽節が歌われた時も、正しく「ナンチャラホイ」と歌って、字幕も出ていたそうです。
「何だろう」「何のことか」という意味で「ホイ」は合いの手。

「ちゃら」ではなく「じゃら」の方が広まった理由は、だんだんと「じゃら」に変わっていき、ついに昭和初期にレコードになった際、歌われたのが「なんじゃら」の方だったので、そこから全国的に「なんじゃらほい」が広まり日常的にも使われるようになったようです。

ということで、まず「表向きの」語源解説まとめ→信道の戦勝を記念した武者踊りの歌が木曽節で、歌にある長野県木曽福島町の方言の「なんちゃら」が変化、意味は「何だろう」「何のことか」。


ここから、さらに面白い説2をご紹介。
2014年に噴火した御岳山は霊山として有名で、修験道を兼ね備えた山なのだそうです。
信者によって歩き綴られた修験道があり、そこで祈祷を捧げる行者によって歌われたのが、この木曾節だという説です。

信道の戦勝を記念した武者踊り発祥説から打って変わって、祈祷を捧げる修験者によって歌われた説。

その根拠として、ヘブライ語があります。
ヘブライ語で「ナ」は「祈り」を意味。
語尾に子音の「メム」を付加した言葉が「ナアム」であり、「予言する」「預言者として語る」という意味を持っています。
「チャラ」はヘブライ語で「前に進む」「栄える」を意味。
また「ホイ」はこの説だと合いの手ではなく、ヘブライ語に「ああ」という嘆きの意味を持つ「ホイ」という言葉があるので、つまりこうなります。

「ナン チャラ ホイ」=「ああ、この世が良くなりますように」

おお〜ぅ!「なんだろ〜〜」から「ああ、この世が良くなりますように」という高尚な意味に変わってしまった!
でもやはりこちらの説も正解は「なんちゃらほい」ということになりますな。

そして歌詞にある「中乗り」という言葉、解説1だと船頭と考えられますが、解説2だと神の言葉を信者に告げる「中座」(神の依代)を指すということになります。

皆さんはどっちに軍配?

もしかしたら、武者踊りから発祥したとはしても、発祥のおおもとはヘブライ語である可能性は高いかもしれない、と思いました。日本語にはヘブライ語発がたくさんありますからね。

以上、「「なんじゃらほい」調査結果でした!

真実は・・・なんじゃらほい!