FC2ブログ
歌手・ボイストレーナー・ボディセラピスト水木ノアのすったもんだオフィシャルブログ 
人生は、ある物事に向けて向かっているその最中は、時と場合によって非常に早く過ぎているようにも感じたり、なかなか時間が過ぎないように感じたりもしますが、総合的に見て、死に至る直前には(もし死の前に自身の人生を振り返る余裕があった場合だけれども)誰しも、人生はあっという間だったと感じ、記憶に残っている様々な事が、もう数十年も昔に起こった出来事だということをすごく不思議に感じるんじゃないかと思うんです。

過去を振り返って、今でも鮮明に覚えている色々な事件も、もう何年も昔の出来事であるということに不思議さを感じられない心境になったある日私は、今からまた何十年も過ぎて自分が死ぬ時に同じ事柄を思い出しても、今とあまり変わらないのではないかと何となく思ったら、「時が全てを解決するなんて嘘じゃないか」と思ってしまいました。

しかし、人生を長く生きれば生きるほど、その経験した同じ事を思い出した時、何が違うと言えば、きっと、それに対する感情の薄れなんではないかと思います。
あれからこんなに年月がたったのか、と思うのは人生いくら長く生きても同じだとしても、今は思い出すだけでその時に感じた感情も一緒に思い出さドキドキしたり気持ち悪くなったりする事柄が、長く生きれば生きる程、それを楽に思い出し、平静で考えることができるようになる。
そういう事柄が一つ二つ増えて行くことで、その人に人生を感じるというか、長く生きた人の落ち着きや長く生きないと出てこない魅力のようなものが作られていくのかな、などと考えます。

自分が経験したことでまだまだ自分の中で消化しきれていない、自分という人格を色付けするにまで至っていないこととほぼ同じような経験を、他の誰かもしていて、それに関して相談を受けた場合は、自分も感情移入してしまうので的確なアドバイスはなかなかできません。
相談した人間と相談された人間とで、そういう経験に対しての共感と同情の方向へ流れて行きやすいので、一見相談に見えても実は互いの励まし合いだったり、ひいては自分と同じ不幸を背負っている人がいるということで得られる安心感を得るものだったりします。

しかしその経験が自分の中で完全に消化され、複雑な感情の変化を乗り越えて解決を見、一つの人生の経験として終了し、さらにそれからしばらく時間が経っている人間だと、的確なアドバイスができると思うんです。
人に対して的確なアドバイスができる人間になるには、やはりそう考えると時間が必要であると思いました。年令も重ねたほうがいいに違いはありません。

私はここしばらくの間、自分はもう色んな経験をしていて、人から何かを相談されても、自分の経験と記憶と知識などを総動員して何かしらのアドバイスができるだろうと、今考えてみれば、たかだか30年あまりしか生きていない人間としてはとっても恥ずかしいことを思っていました。

人生まだまだだな、と、美輪さんを見ていて思った今日この頃。
関連記事
スポンサーサイト