FC2ブログ
シンガーソングライター水木ノアのすったもんだオフィシャルブログ 
満を持して?(笑)本日12月26日深夜。クリスマスが過ぎたところです。
12月6日に夢の中で体験したことを最終的なところまで書くまでにこんなに時間かかってます(笑)。
それだけ、かなり衝撃的なものだったので(自分にとっては)楽しみに待っている方がいるにも関わらずお待たせしたことをお許しください。

そしてまた、地球には宗教というものがあるので、書くのを躊躇してしまっていたということも正直あります。

しかしもしや、これはアセンションのひとつ?? と、スピリチュアル業界(表現が俗的で申し訳ないが)で言われていた「アセンション」なるものなのか、と気になり出してしまいました。

私は実は、今だから言いますが懐疑的でした。

アセンションして意識が変わったのかどうかはわかりませんけれど、明らかにこの夢の前と後とでは考え方や捉え方が変わってきてはいるので(今の方が楽)、お伝えしてみようと思います。地球上で地球的な現実的な問題に悩まされている人、生きているのが辛い人が、もしこのブログに辿り着いたら、少しはお役に立てるのではないかと願いながら。
では続きです。


ゆっくり上昇していった感覚を得たので、流れに任せてどんどんどんどん上がっていきました。寝ている感覚はもうないし、肉体の感覚はもう完全になくなっていて意識だけがあるので、自分なのだけど体がないから自分じゃないみたいでした。でも上昇しているという感覚だけはあります。

すると、パッと何か光景が広がりました。赤い玉のようなものです。ここでこんなこと言うとすごく場違いなんですが、ほぼ、まるで「赤血球」でした(笑)。真ん中が少し凹んでいて、生きているように見えます。
それが、あちこちにあり、ぽわぽわ浮いていたり静止していたり、柔らかそうなものや硬そうなもの。。。色々なのですがだいたいどれも赤血球です(笑)。

私はこんな変わった光景の中でも、「大きな大きなとてつもない愛に包まれている。私は愛されている。」と感じていました。とっても嬉しかったし、楽しかったし、ただただ感動していました。

そしてここからのやり取りは言葉ではありません。言葉に直すしか伝える方法がないのでそうします。多分、私が考えるよりも前に、これまで私が疑問に思っていたことの全てがすでに伝わっているから、一気にどんと回答が来たような感覚でもあります。やり取りとしては数秒なのかもしれないです。

簡単にお願いします~というご要望もありましたので(笑)、「箇条書き」という実に地球的事務的な方法を取りたいと思います。
やり取りの体験談を細かく、本にしている方もいらっしゃったと思います。光との対話。しかし対話形式にすると長くなるし、私の場合「対話」ではなく、瞬間でやり取りが終わった感じなので、あまりドラマチックな展開がありません(爆)。

それから、「私」「あなた」という感覚がなく、私にメッセージを送ってくれた(気づかせてくれた)存在は、私以外の存在という感じではなく、私自身のような、と同時に私ではない他の意識も持っているような?そんな存在だったので、「あなた」と言われたわけではないのですが、わかりやすいようにここでは、この地球で生きる我々に「あなた」や「他の人」という区別があるような表現をしたいと思います。

一部の宗教にとっては、考え方が違うということもあるのかもしれません。私はただただ、あの感動の体験を書いてみるだけで、これによって特定の宗教に入るとか、どれかの宗教を否定するとか、そういった気持は全くありません。私自身が無宗教であるスタンスは変わらないです。なぜなら、この世に存在する宗教の全てが、意味があって生まれ、存在することが今は感覚的にわかるからです。

では、この明晰夢の体験により伝わってきたものを箇条書きします。中には、これまでの私は「そうではないだろう」と考えていたものも含まれており、今自分がこれを書いている事自体、ちょっと驚きでもあります。

・地球は三次元世界ではない。三次元という世界の中に地球が存在しているのではなく、全次元の中に地球があり、認識できる次元で自分のいる次元が変わるのであり、地球もそれ以上の次元の世界も、同じところにある。

・全ての魂は一つである。様々な次元において様々な形態を取り交流しているが、段階であり、優劣はなく、そして一つの魂の経験は全ての魂の経験であり、全ての魂の経験は、あなた自身の経験である。あなたが経験したことの全てが魂(宇宙)全体の経験になる。全ての魂とその経験は、皆全く平等に、全く一様に、尊いものである。
あなたが認識している、あなた、私、彼、あの人・・・全ては一つの意識である。あなたは、彼であり、神である。彼は、あなたである。
(客観的な「神」はいないのか、という疑問については、また下の方で関係してくるかと思います)

・世の中にある全ての出来事は、理由があって、起きることが想定されていたものである。それと同時に、あらゆる違った出来事をこれから起こすことができる。想定されてありながら、変更することができ、変更して起きた出来事も想定されたことである。無限の相互干渉によって、今この瞬間が存在している。

・自らが選んで今の人生を生きている。今あなたがいる場所や環境はあなたが選んだものであり、例外はない。神なる存在がひとつの魂を選び、ひとつの魂だけが特別な使命を要されることもない。自分のレベルや意図に反して地球に生まれてしまったというような現象などあり得ないことを知れば、自らが生み出す傲慢さに苦しむこともなくなるだろう。

・地球に生まれたあなたが「地球的概念」を完全に取り払わなければわかりえないことを、無理にしようとする必要はない。あなたは地球を選んで地球に生まれ、地球でできる経験を望んでいるのだから。そもそも、あなたは全てを知っている。

・「創造主」というような表現の、ある一定の意識のある存在が、客観的にこの宇宙を創造したのではない。
注:よって人間が信仰している神はいない、ということも一部宗教にとっては言えるかもしれませんが、真実はもっともっと複雑で壮大で、結果的には「神」と感じ愛に溢れている感じを得た私としては、これをどのような言葉で表現したらよいのかわからないので次へ進みます。

・今のあなたが考えているような宇宙の果てはない。

夢の中で質問したものへの即答→
・この宇宙の中に地球と同じような「感覚や状態で」生きることを選んでいる魂は、地球以外に無数に存在している。無数に。

・宗教、哲学、精神論、そういったものの、「今のあなたが」選ぶものがなんであっても、「死んだ」後のあなたの行く末に関係するということは、全くない。この世を離れた時(地球で言う「死」)、この人生でそのような宗教、哲学、精神論を選択した理由も全てわかることであり、「今あなたが」「地球で」信じているものが「宇宙の真実」であるということではない。今あなたが真実だと信じること、それが今回の人生経験上での真実であるが、それは魂(あなた)にとって常に変化するものである。

・「死ぬ」ということはこの地球で「生きている」時に生まれる概念である。真実としての「死」というものは存在しない。状態が変わるだけである。

・全ての存在は、同じものから作られている。状態が変わるだけである。これも、「死」について言えることと同様である。

だいたい、以上かと思います。
ようやく書けましたが、読んでみると短い(笑)。

これで良かったのか、自分でもよくわかりません。
とにもかくにも、私がこれを書いて今思うことは、本当の敵などはおらず、自分で作り出しているものであり、どんな生き方をしている人であっても、もとは自分であるということ。起きている出来事も、必要だから起きているということ。

愛する人を殺されたり、誰かのせいで体が動かなくなったり人生がめちゃくちゃになったりしている方々にとっては、こんなことは「きれいごと」だと思われるだろうこともわかっています。
私も、愛する人を殺されたら、これらのことは書けないかもしれないという意識もよぎるのですが、それとはまた全く別の次元で「伝えておかなければならない。これをほんの数人の人にしか読まれなかったとしても。」と感じるので、残しておくだけです。

これをどう思われるかというところには、私の意識はフォーカスしないつもりです。

ただ、一つどうしても私の意識で伝えたいこと。
自分の人生、これから生き続けることに恐怖を抱かないでほしい。誰でも死ぬ(地球的に言えば)。どんなに長生きしたとしても、地球に生まれた以上は限りがある肉体の中で選んだ行動をしていきます。ほんの少しの間、この生き方を選び、体験しています。この体験が終わったら、誰しも必ず、別なところへ移動します(ところ、という表現ももう、違う感じがするのですが)。何も心配はいりません。もっと楽になるように伝えるとすれば、「ただそれだけのこと」なんです。今生の人生で終わりではなく、今この瞬間の悩みが、あなた全体を蝕み苦しめ、あなたを大変な状況にし、あなたを殺すこともないし、あなたをとんでもないところに連れて行くというようなことも、ありません。

そして、全ての存在は同じものから出来ているらしいので、あなたに意識がある以上、他の全てのものにも意識があり、あなたが大切にすれば必ずあなたにとって良い存在となるでしょうし、あなたにとって必要ではなくなったと思えばすっかり手放して、必要な人に渡してください。そうすれば、渡されたものも喜びます。

憎めば憎まれる。殺せば、殺される。盗めば、盗まれる。
逆に、愛すれば、愛される。

全ては意識で繋がっていると今は確信しています。

これで、ようやく明晰夢体験、終わります。
クリスマスが過ぎた数時間後、一気にブログにアップすることができました。
皆さん、楽しい年末年始を送れますように!
関連記事
スポンサーサイト