FC2ブログ
シンガーソングライター水木ノアのすったもんだオフィシャルブログ 
国立天文台三鷹キャンパス、続きまして大赤道儀室です。
47223806_2026086880807806_3775876453388779520_n.jpg

こちらも大正時代!大正15年に完成した建物で、構造は鉄筋コンクリート造2階建て。ドームは木製で、最初に行った第一赤道儀室と同様造船所の技師が作ったそうです。

望遠鏡の長さは11m。
47431467_2026086884141139_2572586484322271232_n.jpg 47321036_2026086854141142_9133915787998789632_n.jpg


1960年に岡山天体物理観測所188センチメートル反射望遠鏡が作られるまでは、最大口径機としてさまざまな観測に用いられました。最初、国立天文台は麻布にあったのですが、街が発展して明るくなり、観測できなくなったのでここ三鷹が選ばれたんだそうです。しかし当時の研究者達にとって麻布と三鷹はものすごい距離感。三鷹?あまりにも田舎だってことで行きたがらなかった研究者もいたという(笑)。
47389706_2026086910807803_5308042994706808832_n.jpg

そしてついに、ここ三鷹も明るすぎる状態になったことと老朽化で、1998年3月をもって研究観測から引退し、現在では日本の天文学の記念碑的存在として静態保存されており、国立天文台の歴史を紹介するパネルなどを展示し、天文台歴史館として一般の入場ができるようになりました。
展示物は全て撮影OK、何なのか全くわからず撮影したものも多いですが(笑)とりあえずアップ😅
47295575_2026087050807789_9062387093413560320_n.jpg 47455479_2026087017474459_314981017314131968_n.jpg 47310111_2026087334141094_8453479413672050688_n.jpg

明るくなってしまった三鷹から、続いて埼玉県の堂平山へ移転。こちらで観測が行われていましたが、しかしこちらも今は閉鎖され宿泊施設になっているそうです。

ちなみに国立天文台というのは、日本各地とハワイ観測所などいくつかの観測所で研究活動をしている大学共同利用期間で、総称として国立天文台と呼ばれ、本部がここ三鷹キャンパスなのだそうです。

建物自体、吹き抜けの2階建てで、なんと床全体がエレベーター式で二階部分まで持ち上がり、どんな方向でも観測できるようになっていたそうです(現在は動かさず展示のみ)。

ガリレオが自分で作った小さな望遠鏡から、400年近く経ちました。現在の望遠鏡は、資料写真にもあるようにガリレオも泣いて喜びそうなものに発展。
47395481_2026087320807762_2108454850684518400_n.jpg 47353115_2026087404141087_8965900807727742976_n.jpg

ガリレオ ガリレオ ガリレオフィガロー♪
(ボヘミアンラプソディー見たばかり(笑))

チリ・アルマ望遠鏡の写真。
47240974_2026087067474454_662080903874347008_n.jpg

なんと、観測対象により配置換えが必要だそうで、その度トラックで移動させているのだそうです!
47572839_2026087087474452_4252511389660217344_n.jpg

その他様々なパネルがあって、色々と説明を聞くことができました。難しいので全部は書けず(笑)。
関連記事
スポンサーサイト