FC2ブログ
歌手・ボイストレーナー・ボディセラピスト水木ノアのすったもんだオフィシャルブログ 
「国立天文台の三鷹キャンパス、中に入ります〜。

国立天文台三鷹キャンパスオフィシャルサイト
https://www.nao.ac.jp/access/mitaka/

こちらの方が見やすい案内図。オレンジ色の場所が一般に入れる場所で、他の建物は研究施設らしいです。
47301789_2025738534175974_5556692343827988480_n.jpg

入場無料で、天文について詳しいことがわかるこの国立天文台、天文好きの方はもちろん、デートスポットにもオススメです♪ 自然豊かな広い敷地、歩くだけでも気持ちが良い!

正門で受付をし、パンフレットをもらいます。一般入場可のコーナーの道筋がわかりやすく地図で表示されていました。

まずは第一赤道儀室というところに入りました。古い!!萌える! (笑)
47453957_2025737024176125_7972824310702145536_n.jpg

どう見ても絶対昭和初期だと思われるこの建物に入ると、素敵な学者風のおじさまがいらして、直接説明を聞くことができました。なんと1921年(大正10年)に完成したそうです。昭和より前だった。国の登録有形文化財だそうです。

ドーム型の天井は、どこの会社が作ったのかというと、言われてなるほど〜なんですが、船を作る会社だったそうです。ひっくり返せば船底のような。造船の技術が、天文台建築に生かされたんですね。
47251461_2025737217509439_7286928719409577984_n.jpg

この建物では太陽を観測し、黒点のスケッチをして黒点移動の調査をしていたそうです。なんと鉛筆で手書き。当時はそりゃそうか。
47278282_2025737150842779_6371457063037435904_n.jpg

太陽の黒点について。1843年にドイツの天文学者ハインリッヒ・シュワーベが初めて黒点の数がおおよそ10年周期で増減をくりかえしていることを発見。この増減は太陽活動と密接な関係があるらしいです。
黒点が暗いのは温度が低いから(約4,000℃)。普通の太陽表面温度は約6,000℃とのこと。発生原因は太陽の磁場であると考えられています。
都市伝説では、太陽は24℃くらいしかない、という説もあり。誰も行ったことがないので真実はまだわかっていない、ということが事実。
47084661_2025737017509459_7774891322686570496_n.jpg

望遠鏡はドイツのツァイス製。
47579522_2025737004176127_6135943673822576640_n.jpg

レトロ!こんな窓が好き(笑)。
47375724_2025737180842776_4335768673563181056_n.jpg

自動ではなく、ここを一生懸命手で回して、天井を開ける!
47324518_2025737254176102_3749423436280102912_n.jpg 47359736_2025737300842764_8250478329887457280_n.jpg

関連記事
スポンサーサイト