FC2ブログ
シンガーソングライター水木ノアのすったもんだオフィシャルブログ 
語学の勉強は、好きなジャンルで勉強するとよく進むということで、今年の夏から、以前にシリーズ全巻見て、いまだにこれを抜くものはないと感じているアメリカの非主流科学ドラマ[FRINGE]をテキストに、英語勉強を始めました。
46511149_2010599602356534_987638905220104192_n.jpg

なるほど、続く(笑)。ノート2冊目になりました!
46494692_2010599539023207_7281143505836048384_n.jpg

と言っても、夏にライブがたくさんあったり舞台があったりして、毎日とはいかず、実質一ヶ月はまるまる抜けているとは思います😭

それに、DVD30枚くらい(多分ですが)あるうち、まだ3枚目(笑)。1枚1ヶ月で終わらせるとして、30ヶ月…30ヶ月って、2.5年…。果てしない😅 やめようかな!(爆)

どうして1本1時間のDVDに1ヶ月もかかるかというと、最初に字幕なしで見て、よくわからないまま見終えて(見ること自体は2回目だから内容は知ってる)、次に英語音声と英語字幕で時折はっきりわかる英語表現に喜びながら見て、3回目はノートを出して、日本語音声・英語字幕にし、英語台詞を全て書き写すんです。訳は耳で聞くということ。
で、全く知らない単語・表現に赤線を引いて、特に文法的なところは辞書で調べて記入(翻訳は意訳なので、一応正解を辞書で調べる)。
終わったら、できれば最後に字幕なしでもう一度見て、どのくらい理解が深まったか確認出来れば理想なんですが、次に進みたくて、その確認作業はとりあえず先延ばしにしてます😆

以前スターウォーズでこれをやろうかと思ったのだけど、買わないと出来ない学習法だから、全部揃えられなくて諦めたことがありました。

医学、量子力学や流体力学諸々、あらゆる科学ジャンルの専門用語なんか、覚えたって一生使わないだろ!と自分にツッコミを入れつつも、何を言ってるのか知りたいから一応調べる。
これが終わる頃には英語より非主流科学の方に詳しくなってそう(笑)。

といっても常に科学用語ではなく、日常会話、恋愛や、登場人物達の色んな会話は何しろ本場の英語だし、へーぇ!と感心する新しい表現も多く発見。
それに、登場人物達のキャラクターが大好きなので、何度も見ていくと、母国語でもそうであるようにその役柄なりの言い回しが、選ばれてそうなっていることに気づいたりして(同じ意味でも言い方それぞれなのはどの国もある)、面白い。

自分にとって必要な英語(例えば音楽・ボディセラピストなど)の英語も暇を見て覚えていく傍ら、こんな風に興味があって仕方ないことをネタに外国語を勉強するのは、かなり続けられるものだと感じます。
それに、舞台がニューヨークなので、一度行って感動した場所だけに色々懐かしくて、そういうのもモチベに繋がります。

フリンジを使ったこの勉強法が完了する頃は、全ての車が自動運転になってるかもしれない未来かもしれない(笑)。最後まで終わらないかもしれない(爆)。わからないが、やってて楽しいのでひとまず飽きるまではやるつもり😆
46636005_2010599559023205_3224985797472026624_n.jpg
関連記事
スポンサーサイト