シンガーソングライター水木ノアのすったもんだオフィシャルブログ 
(割と長い文章です)最近タイムラインに書き込みが減っているので、「瞑想でもしているのか?」と友人からメールがあり、「君の質問も面白いが、瞑想ではない、沈黙している」と送ったら、「それはそれで面白いんだけど(笑)、瞑想ではなく沈黙が、日本人には合っているという記事があるよ」と教えられ、私も繋がっている方だったので、読んで納得、そしてタイムリーだったので驚き。

私は動的な音楽とは正反対の静的仕事の顔があり占い師とライターなので、決して暇をしているわけではないのですがかなり静かな時間を過ごすことも大変多くあります。
占いでは毎日たくさんの方にこの先も生き続ける勇気を付けられるよう文章を送ります。とても丁寧に文章を書いているつもりです。

私の場合ですが3/11近辺に悩み相談が増えるという傾向が2012年から始まりました。3/10〜11には依頼が多くあって、それらをこなすために3日ほどかかった後、私の鑑定で公開されているものを見た方からまた新しくご依頼があり、3月はこちらの仕事の方も立て込んでいました。有り難いことですが、本当に多くの方が、様々なことで悩み頑張って生きていることを毎日受け止めています。驚かざるを得ない人生を送ってきた方も数知れずおります。それでも、ここまで生きてきた。本当にそれだけでも強い精神力だと、私はその方が今どんなどん底であれ尊敬の念を禁じ得ない。
ただ、他人の悪口をワーワー言う、騒ぎ立てる、自分は悪くなくて全部他人が悪いと怒りに燃えている、自分を良く見せたくて都合のいい解釈の依頼文を送ってくる(読めばこの人がトラブルを招く人だとはすぐわかるものです)、そんな人には厳しくストップをかけることもあります。

話がそれましたがテーマ「沈黙」に戻ります(スティーブン・セガールを忘れてはいけない)。

仕事が終わった後の時間は、黙ってコンサートの準備をし(事務的な作業の方)、黙って本を読み、黙って音楽を聴き、黙って掃除をし、黙って歩き、黙って買い物をし、黙って運動し、黙ってインターネットを見、黙って調べ物をし、黙って勉強する…。

その、一人で黙って何かをやっている時は、ひたすら何かを考えているのではなく各々にある単純な目的があって行動をしているわけですけれど、「自分にとって答えを出さなければならない」ものがある時には、瞑想ではなくむしろそのような日々のやるべきことを黙ってやる静かな日常から答えが出てきます。

休憩タイムとして大好きな映画を見ますが、「相棒」と「科捜研の女」を放送している時に家にいられたら、優先して必ず見ます(笑)(大好きなんです)。しかしそんな楽しみの一つであるテレビ番組からでも、自分にとって知りたいことがある時、解決したいことがある時、自分の将来を真剣に考えている時などには、ふと答えが見つかったりするもので、まさにその問題とは全く関係ないものからヒントを得たりし、周囲から得られる結果というのは全て、自分の内から発するものに関係しているんだろうと思います。ふと見た動画、ふと見たそのへんの景色、ふとすれ違った知らない人からも、大きな結論を思いついたりすることもあります。意味のなさそうなものに意味が出てくるのも自分自身の見る目故なのでしょう。
そして何か大きなことを考えなくてはならない時、あえてそこから離れる、焦点をずらす、ということは、回り道のようで実は良いことだと思います。

まあ私の場合、ずれてることの方が多いですが?(笑)

一人っ子のせいか、一人での過ごし方はとても上手だと自分では思っています。人に会う約束がしばらくない時は、基本的に一人で部屋にこもり一人で過ごすのが本当に好きなのであります。一人でいて暇を持て余すことはまずない。一人で色々やることが大好きで、何ヶ月も誰にも会わなくても「寂しい」と思ったことはありません。実際独身時代に、外出する仕事は全くなく、仕事が立て込み出かけられず、結果在宅だけで経済を回していた一時期があったので、本当に誰にも会わない数ヶ月がありました。

そんなひとりの時間を存分に過ごしたい私も結婚しましたが、夫が帰宅するとそれはそれで、二人の会話は終わりなく続きます。
私の場合、何ヶ月でも誰とも話さず一人で暮らせるお一人様大好き性格と、相手がいればいくらでも話すお喋り性格の極端な二面性を完璧に併せ持っているため、二人なら二人でその時間を楽しみます。

旦那は毎日新たなオヤジギャグを生み出し、たまにヒットもあるので皆に伝えたいと思うものの、書かないでいるともう次の日には全く覚えておらず結構残念。

ところで大したことではありませんが、からだすこやか茶ダブル(メロディが浮かんでしまう)のデザインが、空っぽになってもまだお茶が残っているように見えるので、改善を要求します。
29386331_1695295850553579_7950690918296715264_n.jpg

まだあると思って持った時に空だった時の感覚は悲しいです(笑)。
結局一番訴えたいのはこれだったりする(爆)。
関連記事
スポンサーサイト