FC2ブログ
シンガーソングライター水木ノアのすったもんだオフィシャルブログ 
久しぶりに用賀に用ができました(王道ダジャレ(笑))。青山維さんが出演する朗読イベント「言の葉を 君に」を見に行きました。
27459014_1648750351874796_6329651846645860104_n.jpg

用賀ルーチェという、とても素敵なところでした。

このイベントに行く前日、沢田研二の歌詞を会話に使ったこともなんだかタイムリー。そして私自身、カバー曲を覚える時、メロディーから離れて歌詞を朗読する、ということは練習メニューの一つとして昔からやっていたので(特に英詞では私の場合必須)、同じシンガーソングライターの方が人の曲と自分の曲の歌詞を朗読し、それについてのトーク内容はとても共感しました。
普段練習としてやっていたことも、それそのものを追求していくと新たな一つの表現になるということを今更改めて感じました。

今回8名の方が出演しましたが、いやー面白い!あっという間の時間でした!
青山さんは東日本大震災の時に山のようになった流木・瓦礫からバイオリンを作った技術者の方の手記と、ジョン・レノンのImagineの英詞と和訳の朗読。とても良かったです。震災バイオリンのことは良く知られることになりましたが、報道やたまのニュースで目にしただけだったので、ご本人の手記をじっくり聞くことは新たな感動と発見かありました。

主宰者の方は青山祐己さんと相模の風THEめをとさんで、それぞれとても個性的な朗読でした。青山祐己さんのビールの上手い飲み方の法則朗読は面白かった!

福島の相馬からいらした出演者の方もいて、漁師の家族の一つの出来事を聞きました。終わってからお話することが出来て、良かったです♪

考えさせられたのは、とある女子高生の日記の朗読。「いつもと同じ日常」と、言葉で言ってしまうと特別何も事件のない穏やかな日々のように感じられてしまうものですが、その人にとって「いつもと変わらない日常」に、実はとんでもない苦悩と忍耐があったりする。あまり人に話さないプライベートなことだと、人には気づかれないことも多いでしょう。
表面的には問題なく過ごしているようであっても、何らかの重大な問題を抱えていてそれに立ち向かっていたり、改善策を講じていたりあるいはひたすら我慢していたりするのかもしれません。

全ての方が各々個性的で感想がたくさんあるのですが、全部書くと長くなってしまうので(^^;ピックアップして書かせていただきました。

とても素敵な時間をありがとうございました!
表現者:常世田隆(from福島)、青山維、Monchika、成宮アイコ、如月鵜鷺、ケンソラ、青山祐己、相模の風THEめをと
27539956_1648750355208129_777770394604480661_n.jpg
関連記事
スポンサーサイト