シンガーソングライター水木ノアのすったもんだオフィシャルブログ 
信夫山ガイドセンター開館1周年記念イベント「信夫山なるほどトレッキング」でライブをさせていただき、イベントが終わってから、信夫山にある護国神社にお参りしました。

オリジナル曲【心の山よ、信夫山】の2番に護国神社が出てきます。
「護国神社の歴史深く 手を合わせれば 清らかに」というフレーズを入れました。

護国神社は、戊辰の役で殉国した御霊と、西南の役に殉じた管内人の御霊が最初に合祀されたのがはじまりとのことです。
それ以来、国難に殉じた御霊を合祀してきた神社ですが、創建当時の名前は「官祭信夫山招魂社」で、のちに「指定官祭福島招魂社」に改称。

次に昭和14年に内務大臣指定の「官祭福島県護國神社」に。しかし終戦後、日本がGHQの支配下に置かれ、護国神社は存亡の危機に立たされました。そこで、存続を願った人々が伊勢の神宮・天照皇大御神をお祀りし、「大霊神社」と一時的に名称を変えたそうです。

その後昭和27年、サンフランシスコ講和条約で日本は主権を回復。そして同年大霊神社から福島県護國神社と再び名称を戻し現在に至るという流れで、名前が5回変わっているということを知りました。
むむむ激動。

信夫山公園に写真1の信夫山トレッキングコースの看板があります。
18449700_1394041580679009_6344452870075527364_o.jpg

しばらく進むと文字が書かれた石があるのですが、何が書いてあるのか、今の私は知りませんσ^_^; 特に一番上の古代文字のようなものは、どういうことなのかな?わかる方いますか?
18486006_1394041624012338_2431158620599284526_n.jpg 18491528_1394041627345671_3515471089571183438_o.jpg

先に進むとまず信夫山天満宮があります。なんと、東北初の天満宮。福島県護國神社鳥居脇にあります。
18556514_1394041607345673_2030919889091433049_o.jpg 18527448_1394041640679003_4809130593903888838_o.jpg

御祭神は学問の神様として名高い菅原道真公。
菅原道真公は幼い時から才能を発揮し学問に秀でていたのですが、55歳で右大臣になった後無実の罪によって大宰府(福岡県)へ流刑となり、59歳で逝去。
信夫山天満宮は、菅原道真公の墓所の上に作られた大宰府天満宮から御分霊をいただいて、昭和63年に東北で初めて創建されたそうです。

そして護国神社へ。
18489547_1394041677345666_2953535414928236809_o.jpg 18491725_1394041680678999_5749529670623507951_o.jpg

私が作った信夫山ソングを信夫山で歌うことが出来た2017年5月14日は記念すべき日となったので、心から御礼を申し上げました。
18518229_1394041667345667_790084980721971421_o.jpg 18449704_1394041707345663_7800372976918137920_o.jpg
関連記事
スポンサーサイト