シンガーソングライター水木ノアのすったもんだオフィシャルブログ 
大竹かずみさんのお宅で身体の癒やしハワイアンロミロミの研修会でした!
18033277_1375434192539748_2792576487091909910_n.jpg

台(モデルになる人を台と言う)のエビちゃんに3時間、かずみ先生に教えてもらいながら私とミサコさん2人の研修生で施術、その後お互いに台になり1時間ずつ。
合計5時間のみっちり研修です!ハワイアンロミロミは、つま先から手の指先まで腕全体を使ってグリグリグリーン!て感じで一気に流すので、やってもらう人は本当に気持ちが良く、施術者の方は体を結構大きく柔軟に動かして行くため、体力を使います。
人体一筆書き、みたいなイメージ(笑)。
かずみ先生とのツーショット。
18157435_1375069685909532_3867529784335066029_n.jpg

ハワイアンロミロミについて少しご説明。
「ロミ」というのはハワイ語で「揉む・揉み」という意味で、「ロミロミ」はまさしく「モミモミ」ということになります。
古代ハワイアンが医療として行っていた伝統的な癒しの方法なのですが、王族にしか施されなかったもので、長い間門外不出でした。
現地では医療行為として発達しましたが、現在はリラクゼーションマッサージの枠で、医師がするものではなくスパやエステのジャンルになります。
私が習っている先生大竹かずみさんは、ハワイに留学し、ロミロミの偉い人の家に住み込んで学んで来た方で、ハワイでの面白い話をたくさん聞いています。

何かあるとすぐ「海に入れ」と言われ、とりあえず海に入って戻って来る。海に入るのは心身を浄化するためであり、起きたら海、ご飯の後海、施術の後海、何しろ海に入る生活だったそうです。
確かに、海は素晴らしい。海の力は計り知れないと思います。

ロミロミみっちり5時間の後は、この写真「親指を守る会」の仲間たちです。
18156912_1375434179206416_8340469177036559565_n.jpg

こちらの会はロミロミ研修チームが出来るより前から集まっていた人達で、ボディセラピストのプロの皆さん。親指がどれだけ大変なことになるか、私もわかります( ; ; ) 揉みすぎて親指を痛め、サポーターをしているセラピストも多い。
それで、様々技術を持っているかずみさんが、「指を出来るだけ守りながらたくさんの人の体を揉む」ための技術交換会を開きました。
18121915_1375434185873082_514818414705112455_o.jpg

この皆さん達とたまにこうやって会っています。台として横になっている男性はスーさんで、先日私が出演した舞台「生きる」を観に来てくれました^_^
私が着ている「東北魂」Tシャツは、東日本震災後私が100枚製作して、1500円で販売し相馬市に寄付したものです^_^ もう在庫がないのですが、持ってる知人は何人かいるかなー!
18157064_1375434199206414_5018685631787936026_n.jpg
関連記事
スポンサーサイト