シンガーソングライター水木ノアのすったもんだオフィシャルブログ 
信号の前でおじさんがポケットから何か落としたので「すみません〜」と声をかけたら、振り返り「なんじゃらほい?」と応えた。なんじゃらほいと、冗談じゃなく素で普通に言う人がいた(笑)。
こりゃおどろいた。

と、先日Twitterにつぶやきました。

路上で私の前でハンカチを落としたおじさんに声をかけたら、振り返って「なんじゃらほい」と言われ、全く予期していなかった回答に後ずさりしつつも笑いをこらえながらハンカチを返したという出来事がありました。それを呟いたら皆さんから色んな回答があってちょっと盛り上がりました。
それで、「なんじゃらほい」というのはどこの方言だったか?「なんだそれは」という意味ではないかなど色々コメントを寄せていただいたので、ここはひとつ、この言葉について調査してみようという気になったのです。

調べてみると非常に面白いことがわかりましたよ!
それにしてもYahoo知恵袋ってのは、本当に何でも書いてあるんですねえ!どんなくだらないことでも大概他の誰かが疑問を呈しているYahoo知恵袋を、私は「現代人の集合意識」と名付けたいと思います(笑)。

こんな質問がありました(概要)
「20代だが『なんじゃらほい』という言葉を友人とよく使う。そうしたら40代の人も知っていて驚いた。これは古い言葉だったのか?」

こっちがびっくりするって!(40代)

そして様々な回答の中から「普通に誰でも使うんじゃないか?」
にもびっくり!
言われたことで驚きわざわざ記事にした私は浅かった・・・と思わざるを得ない。

しかし多くの回答は、むしろ年配の人の言葉だと思うというものでした。

この回答を述べるにあたり、諸説の中からどうしても2つの全く違う説がどちらも説得力があるので、両方の説をご紹介します。全く違う方向からの説でありながら、どちらも捨て難い。

まずは「表向き」の説をご紹介しましょう。
これはなんと、長野県の木曽福島町の有名な民謡「木曽節」発祥なのだそうです。大正7年に木曽福島町長をしていた伊東淳(いとう すなお)さんが観光客誘致・地元振興のためにこの民謡が広まるよう尽力したことが成功し、民謡の中でも他県の人でも知っている有名なものになりました。

木曽節は木曽踊りを踊る時の歌で、 鎌倉時代に木曽家12代目信道が小丸山城を築き、戦勝を記念した霊祭で踊られた“風流陣の踊り”という武者踊りが「木曽踊」の起源と考えられているそうです。
それが後に民衆の間で盆踊りになった。

そしてまた、本当は「なんじゃらほい」ではなく「なんちゃらほい」が正解で、そのうち自然に変化して「じゃら」になってしまったらしい。
NHKの「民謡魂」で木曽節が歌われた時も、正しく「ナンチャラホイ」と歌って、字幕も出ていたそうです。
「何だろう」「何のことか」という意味で「ホイ」は合いの手。

「ちゃら」ではなく「じゃら」の方が広まった理由は、だんだんと「じゃら」に変わっていき、ついに昭和初期にレコードになった際、歌われたのが「なんじゃら」の方だったので、そこから全国的に「なんじゃらほい」が広まり日常的にも使われるようになったようです。

ということで、まず「表向きの」語源解説まとめ→信道の戦勝を記念した武者踊りの歌が木曽節で、歌にある長野県木曽福島町の方言の「なんちゃら」が変化、意味は「何だろう」「何のことか」。


ここから、さらに面白い説2をご紹介。
2014年に噴火した御岳山は霊山として有名で、修験道を兼ね備えた山なのだそうです。
信者によって歩き綴られた修験道があり、そこで祈祷を捧げる行者によって歌われたのが、この木曾節だという説です。

信道の戦勝を記念した武者踊り発祥説から打って変わって、祈祷を捧げる修験者によって歌われた説。

その根拠として、ヘブライ語があります。
ヘブライ語で「ナ」は「祈り」を意味。
語尾に子音の「メム」を付加した言葉が「ナアム」であり、「予言する」「預言者として語る」という意味を持っています。
「チャラ」はヘブライ語で「前に進む」「栄える」を意味。
また「ホイ」はこの説だと合いの手ではなく、ヘブライ語に「ああ」という嘆きの意味を持つ「ホイ」という言葉があるので、つまりこうなります。

「ナン チャラ ホイ」=「ああ、この世が良くなりますように」

おお〜ぅ!「なんだろ〜〜」から「ああ、この世が良くなりますように」という高尚な意味に変わってしまった!
でもやはりこちらの説も正解は「なんちゃらほい」ということになりますな。

そして歌詞にある「中乗り」という言葉、解説1だと船頭と考えられますが、解説2だと神の言葉を信者に告げる「中座」(神の依代)を指すということになります。

皆さんはどっちに軍配?

もしかしたら、武者踊りから発祥したとはしても、発祥のおおもとはヘブライ語である可能性は高いかもしれない、と思いました。日本語にはヘブライ語発がたくさんありますからね。

以上、「「なんじゃらほい」調査結果でした!

真実は・・・なんじゃらほい!
関連記事
スポンサーサイト