シンガーソングライター水木ノアのすったもんだオフィシャルブログ 
停まれ!我々は海賊だ!
Stop! We are pirates!

これは普通の英語。これを、海賊が言うとこうなります。
Avast! We be swashbucklers!

カタカナ表記「ストップ!ウィーアーパイレーツ!」(これは楽々理解できます)
が、
「アヴァストゥッ!ウィービースワッシュバクラーズ!」
に。

じぇんじぇん違う!背景を知らなかったら私は全く理解できません。

何故こんなに変わるかを分析すると、Avast!は主に海兵隊や船乗りが使う言葉だそうで、「止まれ!」「やめろ!」という意味。オランダ語から来ているのではないかとのことですが未確認。

次にswashbucklersは「暴れん坊」という意味で、海賊さんご本人たちは自分たちのことをパイレーツという普通の表現ではなくこのような力強い印象のある言葉を選ぶんだそうです。

で、最後の文法We beですが、海賊はbe動詞は全てbeと言います。主語がなんであっても、ぜーんぶbe!
なんて単純なんだ!

よって、Stop! We are pirates!が、Avast! We be swashbucklers!になるんだそうです。

何故私は海賊英語をやってるんだ。海賊英語を勉強してる暇があったら普通に話せる英語を勉強しろっての(笑)。
でも面白くてついついこういうのに脱線してしまう。

どう考えても、何の変哲もない日本人女性である私が、Avast! We be swashbucklers!なんて言うシチュエーションは永遠に来ない。
関連記事
スポンサーサイト