シンガーソングライター水木ノアのすったもんだオフィシャルブログ 
自宅忘年会、ご長寿クイズで爆笑しました(笑)。私も歳をとったらご長寿クイズに出て皆を笑わせられるかな。
15774765_1252546288161873_2648491674372340743_o.jpg

ちょっと難しい話をした上でのダジャレをお伝えします。前提を話さないとダジャレが生きない(笑)。

西暦というのはキリスト教での紀年法で、今世界で最も広く使われています。イエス・キリスト生誕の翌年が紀元元年、そして今2016年です。何から2016年経ったのか全然知らない人も少ないかとは思いますが、これを最初にお伝えしてから次のことを。

ところで、日本では初代天皇である神武天皇が即位した年が日本の年号の始まりとされ、キリスト生誕の660年前(紀元前660年)であり、ここからの年の数え方を「皇紀」といって、それで数えると日本は現在2676年になります。これは日本書紀にあった記述を元にして定められたものだそうなんですが、といっても、神武天皇が実在したのかというところからして意見は割れており、「実際に」日本に初代天皇が即位して2676年経ってるのかというのも断言はできないそうです。

しかしとにかくこの「皇紀」というものが日本にはあるけれど自国では全く浸透せず、キリスト教の西暦が使われております。ただ、こうなったのは第二次世界大戦以降のことで、世界大戦以前の日本では皇紀の方が一般的に使われていたのだそうです(知らなかった、驚いた)。

現在日本でほとんど使われなくなった我が国の紀年法・皇紀は、それでも、神道を信仰する方々、関係者、合気道の関係者などでは用いられているとのこと。

で、昨日自宅の忘年会で、そろそろ今年も終わるなあなんて話をしていた時に母からこんな話題が出て、色々話したんです。で、私もいつ言おうかと口をもぐもぐさせていましたが父に先を越されてしまいました。


皇紀が浸透しなくて、神道の人は怒り心頭か?


大変失礼いたしました。このダジャレを言うために頑張って解説しました。私の記述に何か間違いがありましたら何なりとご指摘ください!
関連記事
スポンサーサイト