シンガーソングライター水木ノアのすったもんだオフィシャルブログ 
6月になりました。あっという間に1年の前半が過ぎようとしています。多くの初めての方に出逢い、久しぶりの方に出逢い、未来の話にウキウキし、昔話に花を咲かせ、そして新しい友人と私の古い友人が繋がり、新しい友人が古い友人を私に繋げてくれ、人との繋がりとによって色々なことが動いていくことを強く感じる今年です。

自分が動くことによって何かが動くこととともに、何を考えて動くかによって結果がどうなるか先に感じるようになってきました。マイナスなことやネガティブなことを考えて動けば結果はそのように自分に返ってくるし、プラスなことやポジティブなことを考えて動けばそういう結果として自分に返ってくる。
これは私が周囲に影響を与えているというような傲慢な考えではもちろんなく、誰しも地球の中心で、つまり全ての中心から日々何かが発せられ、その中心となるその人に対して返ってくるものが、その人の今であるというようなこと。

多くのスピリチュアルな方々が、日々、自分の周囲の人たちが幸せになれるよう祈っています。そのような人の近くに行くと、幸せをいただけます。
私がネガティブオーラを出しているとします、すると、私と接触した人はネガティブオーラに触ります。その人も影響を受けます。私と接触したことでその人に何か良からぬことが起きることは避けたい(苦笑)。
地球の平和を願ってはいるけれど、まずは近くの仲間の幸せを願う時、私の周囲にいる人達がより幸せになるようになるためには、中心となる私がポジティブなことを考えている必要があると思います。

そして一人ひとり(皆発信源なので皆中心)が幸せ、あるいは今辛くても人の不幸を願わず前向きに頑張っていれば、その周りにいる人達が幸せになり、結果みんな幸せになる。
そういうのは理想論だとも思うのだけれど、いつかそんな地球になってくれればいいなと考える今日このごろです。

人の思いは形になる。思いというものは人が思っているより強いと思います。ネガティブなことももちろん形になるけれど(むしろ強い)、思えば思うほど傷つくのは自分であって、相手ではありません。
私も過去にやらかしたことを反省しながら、私にされたことももういつまでも気にしない。お互い様であると思って、互いを許しあえる世の中になれば、憎みあいも終わるだろうか。
関連記事
スポンサーサイト