シンガーソングライター水木ノアのすったもんだオフィシャルブログ 
日本サイ科学会
第27回宇宙生命研究分科会 (第8回ヒポクラテス・シンポジウム)が終了しました(私は司会進行)。
12924354_1227965893898780_2689661170638027816_n.jpg

手元にある資料の一部を。
12920369_1018286508254520_5682080421229723621_n.jpg 12670904_1018286544921183_509562576335712117_n.jpg 12321383_1018286568254514_7681959024405283706_n.jpg

霊性という難しいテーマでありましたが、興味津々で聴かせていただきました。
早速、自分で実践してみたいことと、実験台になって欲しい人がいて、ワクワクです(笑)。
パネルディスカッションで私も先生方の隣に座るよう指示され、意見を求められましたが、突然私が何か発言するのも非常に気が引け、薄っぺらなことを言って終わらせてしまいました(爆)。私は、出ていいところはとことん出ますが、ここは違うだろぅと一度思うと、ものすごく静かになってしまい、モードを切り替えられません(^◇^;)

それにしても、一言で言うのは難しいテーマです。
どの先生方も話そうと思えば何日あっても足りないでしょう。
先生方、お疲れ様でした。そしてご来場の皆様ありがとうございました!

サイ科学会選挙管理委員長の小久保さんです。
12524429_1018456111570893_990889871366179000_n.jpg

本日最優秀賞を受賞した先生は、根本先生でした。
12928190_1018456104904227_4547568740443641967_n.jpg 12512231_1227965907232112_5620723827430855418_n.jpg

先生は水の研究をなさっていて、以前Spiritosphereにご出演いただいた時には、水に情報が転写されることを実験によって証明したお話をしてくださいました。
今回の講演では、コップに微粒子を入れた水を入れると、固体であるコップと水の境界面部分から離れる方向で、微粒子がどんどん動いて行くことが顕微鏡で観察され、微粒子がなくなったその境界面部分(髪の毛の幅より狭い)だけがマイナスイオンのH3O2(ヒドロキシルイオン)になり、通常の水ではない、第4の水の相ができる実験結果をお話になりました。

普通に目で見ているだけではわからない、ただコップに水が入っている状態、ミクロの世界では、コップと水の境界線は、水ではない膜になっていることを初めて知りました。
この事実の先にある、さらに発展した理論の展開につきましては…難しくて再現できず(^◇^;)すみません(苦笑)。
関連記事
スポンサーサイト