シンガーソングライター水木ノアのすったもんだオフィシャルブログ 
実は、実家が千葉に引っ越しました。70年福島に住みました。私の実家が福島県であるうちの最後のイベント、宇宙人コンテストin福島第2回を終えて終電で帰宅しました。私の両親も、これが最後と、スタッフをしてくれました。

福島の皆さん、県外から参加してくださった皆さん、宇宙人の皆様、来場者の皆様、イラスト作品を送ってくださった皆様、ボランティアスタッフの皆様、審査員の皆様本当に本当にありがとうございました。心から感謝し、至らなかった多くのことを反省して、荷造りをしていました。
福島の家の居間です。これを書いているのは引っ越しの1週間後ですが、もうすでに本当に懐かしい。この家には本当にお世話になりました。数えきれないほどの思い出があります。たくさんの友人、親戚、近所の人がこの家に遊びに来ました。今は亡き犬も猫もここで他界しました。
12141702_930914746991697_3074002395884354621_n.jpg

私が一足先に新居へ行ったのが宇宙人コンテストin福島の次の日、引っ越し屋さんが到着し荷降ろし作業をしたのはその次の日の朝です。結構ハードスケジュールでした!

一足先に実家の転居先である松戸へ行き、家の掃除を行って、一人で就寝しました。何もない広い洋間で、長い長い瞑想をしました(笑)。

次の日の朝引っ越し屋さんの10tトラックが到着。かなり近所のちひろ君と河野さんに来てもらい、手伝いスタッフ2人追加で、荷下ろし作業を始めました。
12112477_932068310209674_2465939008734491867_n.jpg

東日本大震災により仮設住宅で避難生活をしていた方に家を売却したので、色々と相談しながら次の方が必要な家具はできるだけ置いていった両親です。
しかしそれでも大きなトラック!全部持ち込むことはそもそも無理だったのではないかと。
10407470_932068316876340_1750136401385623326_n.jpg

どの荷物がどの部屋か、事前に実家で打ち合わせをし「ざっくりと」(笑)頭に入れていた私は、荷物の置き場所指示。
大きな家具は指定の配置を聞いておいていました。
引っ越し屋さんが間取り図から2階の部屋に1,2,3と番号を付けてくれて、そのうち私も調子よく、2階の1、1階の和室、など指示を出せるようになりましたが、後半だんだん頭が回らなくなり「1階の2番!」などと言いました(^◇^;)。

夕方無事終わり、ちひろ君と河野さんは台所のタイル磨きまでやってくれて、本当に感謝です。
そしてこの夜はまた一人で荷物整理と、きっと親はなかなか出来ないであろうテレビ設置と関東にチャンネル合わせ、結構時間がかかりましたが両親が来る前にそれだけでも完了できて、テレビ好きな両親にちっとだけ親孝行できたかなと(笑)。

一旦中野に戻り自分の家でできる仕事をある程度やって就寝、また次の日行って両親がいよいよ新居入り。
前の家や福島のことを思えば切ないし、両親の兄弟姉妹が集まっている千葉県への転居は嬉しいし、宇宙人コンテストin福島も無事とは言えなかったが大変多くの方々が関わって、ご来場者も予想以上で終了し、その対応もやりつつ松戸と中野を行ったり来たりしながらのここ数日、短い言葉で言えば「感無量」です。

長い間お世話になった福島の皆さんに心から感謝するとともに、今後も変わらず末長くお付き合いいただきたくよろしくお願い申し上げます。
二度と元の土地には戻れないと悟った避難の方は二本松市を新たな居住地とし、親族がほとんど関東にいる二本松の夫婦は老後を福島から離れて関東を新たな居住地としました。
この一年、様々な変化の風が起こっていました。私の心境も、本当に大きく変わりました。
両親は、建てた当時はここで最後にするつもりで母が間取りを考えて建築から携わった福島の家をあとにしました。

どんな心境なのだろうか。寂しいことも嬉しいことも察して余りあるものがあるが、きっと2人は前向きでしょう。これから住む家の写真です。これから私は、千葉が実家の人になります。結構大きな変化の年ですね。
12144892_919779874777925_1363759777515826803_n.jpg 12141629_932068343543004_8033816136131450931_n.jpg
関連記事
スポンサーサイト