シンガーソングライター水木ノアのすったもんだオフィシャルブログ 
日本サイ科学会、UFO・オーブシンポジウム、無事に終わりまして、懇親会に私は行けませんのでここまで!
でも懇親会でもっと深い話を聞きたいと思いました。本当に得るものがあって、宇宙意識が少しまた開かれたことを確実に感じているのに、記事にする能力はまだない…(^◇^;)
何度かご来場の方も、今まで見た中で一番良かったのではないか。どの先生も、興味津々で目から鱗だったとのご感想ありました。
11032599_886320131451159_3680619421202814799_n_201507300011271b1.jpg

昔の私は、辛い時、苦難にある時、辛い、どうしてこうなったんだ、あの時のあの人の気持ちは、あの時の私の発言は、誰がこうしたのか、原因は何か、などなどを考えると、考えれば考えるほど辛くなり悩み、「私は今辛い状態にある、悩んでいる、抱えている」という時期に入りました。
が、いきなりではありませんが徐々に、地球や私達は宇宙の中の一部で、その周りには何があり、どういう意味で存在しているのかを少しずつたくさんの人から教えてもらうにつれて、昔のようなことが起きなくなりました。
もちろん本当にたくさんの人と関わっているので、あちこちで小規模噴火が起きているのを知っているし、私も関係して私が何か動かなければならないこともよくあります。

しかし、その時の「受け止め方・考え方」が昔と全く違うので(これはまるで別人になったと自分を表現してもいいくらいだと思う)、トラブルの中の「中心にいる自分」という感覚がなくなりました。ならどう変わったのかを言葉で説明することは難しく、これは、わかっている人には同じ感覚があるものなので書くのは省略します(できないんだろう(笑))。

チャネラーのお二人。中央、九六一(くろい)さん、右手、セレーネさん。
11201823_886216538128185_2144022999019508028_n.jpg

全く雰囲気の違うこのお二人に、私はどちらにも強烈に惹かれました。
九六一さんは初対面ですが休憩時間に司会席にいる私の所へすすすーと近寄って来て、一旦挨拶を交わすと私個人に関するすごい量の情報をどんどんお話になりました。
私の周りにいる人が、九六一さんの中に入っている人と話したがっていて、というのはそれを私自身に聞かせたいからなんだと思いますが、無事、私の理解できる言葉として聞くことができました。

迷っていたことを、どうすればいいのかわかりました。どうしたらいいのかな、これ続けていていいのだろうか、と思っていると、こういう方に会う。明確な回答を貰ったので、安心して進みます。私はやはりたった一人で生きているのではなく、私の日々の行動も考えも、他の存在に確実に伝わっていることを感じる時、とても勇気が出るし、安心できます。改めて感謝。

会の最後まで会話を交わさなかった、立て板に水的な九六一さんと、おっとりと温和なセレーネさんの様子を見ていて、もしかして二人は合わないのではないか?と会の中盤まで心配していた私の、現世的、三次元的、表面的な考えを恥じた(苦笑)。

人間的にどんな性格であろうと、この2人に「拒否・批判」というものはなかった。二人の行動には意味がある。表面的なところを見て人間関係を判断していた、うっかり底浅人間に瞬間なってしまっていた自分に、反省をする。

セレーネさんのチャクラに関するお話は、他の方からも聞いていることでもありますが、それに対し多少なりとも疑心暗鬼であった自分に、一筋の光が差し込んだ気がします。
押し付けるのではない、あなたは自由意思を持っている、好きなようにやりなさい、と言われました(なんかすごいところにいる見えないものから)。
関連記事
スポンサーサイト