シンガーソングライター水木ノアのすったもんだオフィシャルブログ 
6年前に舞台の稽古中「ノアさんの後ろを猫が付いて回ってる」と霊感の強い役者さんに言われて、その後何時間かしたら、母からメールで「さっき小太郎(猫)が死んだ」という連絡を貰ったことがありました。
泣きながら心を強くして稽古した記憶が今でも残っています。

でね、その役者さんが突然今朝の夢に出てきたの。夢を見たので思い出し、懐かしい!役者やめたらしいがどうしてるんだろう?と思っていたら、今朝母から聞いた。「今日は小太郎の命日だよ」。
小太郎の死んだあの日の日付はすっかり忘れていて、今日だとは思っていなかったから、驚きました…。

小太郎は、私が8年前東京で拾った私の愛猫マル子が産み、里親が見つからなかったので実家で飼って貰った猫なんです。
小太郎の写真が見つからないので、母親のマル子の写真を(笑)。
11659566_874039916012514_6964409449760781118_n.jpg 11222640_874039906012515_8284805010715466405_n.jpg

マル子は震災の年に死にました。

不思議なこともあるものだ、とも言えますが、本当は「不思議」なことではないようにも思う。目には見えないけれど、今の地球の概念で「あると証明されていない」多くのものが実はあって、「存在」のうち「三次元の人間の目に見えるもの」が何割だろう?と考えた時「もしかして1割、いや0.5割?」なんて回答をしてみると、宇宙へ気持ちが広がって、考えが止まらなくなります。

人間が認識できているもの…もしかして0.00001かもしれない!!物理学者の方、どうですか?スピリチュアリストの方、どうですか?回答は全然違うのかな。
物理的に遠すぎて認識できないものもあり、今目の前にあるが人間には認識できないものもあり、中には認識できる人もいて、存在って色々だと思う、そんな午後でした。
10409636_874039939345845_5707608499162261072_n.jpg
関連記事
スポンサーサイト