シンガーソングライター水木ノアのすったもんだオフィシャルブログ 
震災の年に、相馬市役所にウクレレを110台、Facebookで呼びかけて集まった寄付金15万円をお送りしたことで、半年に一度ほど、相馬市から復興の経過報告書が届くようになりました。
先月末第4号が届きました。
ここにたくさんの、相馬市で行われたイベントや復興支援、復興の現状など書いてあり、今回はこの中のブータン王国と相馬市のやり取りから、ブータン王国について書いてみようと思います。

ブータンという国は経済的には世界でもかなり貧しい国で、GDPはかなり低い。しかし国民が幸せを感じている度合い「国民総幸福量」(GNH)をブータン王国は提唱し、それを世界で調査したところ、9位という驚きの結果が出ました。経済的には最貧と言われている国の国民の幸福量が9位とは、色々考えさせられる結果ですよね。

http://matome.naver.jp/m/odai/2138941800798645701/2138942466502264103
データだけで全てがわかるわけではないけれど、ちなみに日本は2013年データですがGDPが3位、GNHが125位。

チベットの高僧が統一した仏教国家で、仕事を持っている人の9割が農民で多くの国民が自給自足をしているそうです。教育はとても大切なので無料。

そのブータンの国王と奥様が日本を訪問した時に相馬市へもいらして、災害で大変なのに、心温まるおもてなしに感動したという話を聞いていました。その後相馬市が復興の報告をお送りしたところ国王から返信が来たとのことのことです。


GNHを調査する対象に、紛争が起きている地域は入りません。調べなくてもわかる。幸せだと思っているはずがないし、そんなことを調べている場合ではないか。
今に始まったことではないけれど、最近は日本人も無惨に殺害され、本当に悲しいことだと思っています。
政治的なことは専門家じゃないし下手に発言はできないが、少なくとも一つの星の中でこんなにも状況の違う国が存在することの不思議さや意味、課題など、色々考えさせられました。

平和に暮らしていたのに突然の災害で苦しい状況に追い込まれ、生き残った人達で必死の復興をしている地域もあれば、自ら戦争を起こして自ら人を殺す地域もいる。
それらの現実に悲しみ、祈り、手を差し伸べる国もある。

ブータンの国旗は竜。

関連記事
スポンサーサイト