シンガーソングライター水木ノアのすったもんだオフィシャルブログ 
本日は毎週金曜生放送のUSTREAM番組Spiritosphere、福島にいてどうすんだい?て思った方がいますね!先にアップするべきだった!
実は先週、伯耆弘徳先生の回放送の後、今日のために収録をしておいたのです。抜かりありませんぜ( ̄▽ ̄)

竹本さんも他のお仕事が入っているとのことで、二人いないのでは出来ない!ということで、初の収録を試みました。

本日のSpiritosphere~大人の不思議探検隊~ゲストは、映像クリエイターのおおぐろてんさんと、Web番組クリエイター・心霊研究のちゃまさんの二人組で、収録で放送が無事終わりました。


こちらからご覧いただけます。
http://199.66.238.57/channel/psitheator

おおぐろさんは、山口敏太郎氏始め様々なオカルト関連著書の表紙や挿絵を提供しています。
ちゃまさんは心霊スポットを実況する番組のディレクター。
お二人プラスもうお一人のチームで、たくさんの作品を世に出しています。


おおぐろさんのサイトで作品色々ご覧いただけます。
http://studio-ten.heavy.jp/


スポンサーサイト

福島に向かって出発。今日は初めて乗るバス会社で、椅子や広さが全然違う。バスによって色々ね。三井住友ビル前から発車しました~!まず寝ました( ̄▽ ̄)

明日11/29は、福島のほばらクリニックで慰問コンサートです。お近くの方是非!


写真はまたもや全く関係ないけど、昨日の夕方渋谷で撮影した月。iPhone6で月を初撮影。前よりよく見えます^_^

UFOがミラノ座屋上からはっきり見えたので、とても興奮しました!大勢と一緒に見て状態を確認しあったりのは初めての経験です。ついに私も経験できた。

UFOが通ったのは、このビルとビルとの間。右のビルの後ろから姿を現し、隣のビルに最後尾を隠すまで約1分。それが2機来ました。


白くて細長い物体で、途中で一度止まり、また動き出しました。偶然上に飛行機が飛んでいたので大きさの比較が出来たのだけど、飛行機の10倍はあると思う。記事には1キロくらいと書いてあります。

まあ私が書くよりこれを読んでいただいた方がいい!東スポWebです。
http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/337357/

一緒に目撃した記者さんが書いた東スポWebの記事です。武良さんがコンタクトを取っていたのは宇宙連盟の方々。
武良さんはUFOを呼ぶ際に「予約」と仰るのが面白くて笑っちゃうのですけど、今回は「確実に予約してある、必ず来る」と言っていたんです。


東スポWeb記事の最後にあるように、初めて見た方は「狐につままれたような」様子でした。

「あれは何だ?!」「鳥か!」(ほんとに鳥だった)ムー編集長三上さんの発言に爆笑したのが最初だったけれども、本物を真っ先に見つけたのも三上さんでした。
今度こそ「あれは何だ?!」「UFOだっ!」

本当に夢のような1日でした。子供の頃から読んでいる学研ムー、現編集長の三上丈晴氏と。


三上さん始め周りの人にこれまで撮ったたくさんのUFO写真を見せる武良さん。






写真はトークイベント中のものです。UFO撮影家武良信行氏(左)、UFO研究家・プロデューサー矢追純一氏(中)、ムー編集長三上丈晴氏(右)。
IMG_0492.jpg image1.jpg

とっても楽しいトークイベントで、興味津々の私。次回のラジオ「水木ノアの興味しんし〜ん!」でこのことは必ず言わなければなりませぬ。
この後関係者は屋上へ上がってUFOを召還するので、「UFOを見る時の心構え」を質問をされた矢追さんの回答が以下です。そして本当にその通りになりました。

1)まずは、空を見る事!

2)自分が見えても、隣にいる人が見えないこともあり、その逆もある。大勢が見ているのに、自分だけ見えないこともある。これは、UFOの存在自体がそもそも地球の考えの範囲ではなく、目に見える状態ではないことが多いので(他惑星に来ているということ自体、現在の地球の物理学とは違う方法を採っている)、そこに「見る人の意識」や周波数が合う合わないが関係してくるからです。自分だけが見えなかったとしても決して落ち込まないでください。

トークショーが終わった後関係者は屋上に上り、1時間程武良さんが召還儀式をやって、ムー編集長の三上さんが最初に気づきました。私は見えましたし、多くの報道陣も見えたんですが、中には数人見えない方もいたので、なんで見えないのーーー!っと言っていました。
屋上のことは別途更新します。

こちら、トークイベントの記事です。
▼シネマトゥデイ
矢追純一、生活に対するUFOの影響を考えるべきと提唱
http://www.cinematoday.jp/page/N0068402

▼映画.com
矢追純一VS“UFOに予約できる男”が激論 新宿の空にUFOを召喚!?
http://eiga.com/news/20141123/5/

FullSizeRender (1)

新宿ミラノ座「ラスト・デイズ・オン・マーズ」イベント続きです。上映と、トークショーです。
T0019635p.jpg

矢追純一さん、学研ムー編集長の三上丈晴さん、武良さんのトークイベントと、ミラノ座屋上でのUFO召喚。
トークショー前、控え室で矢追さん、三上さんとご挨拶をすることができました。

矢追純一さんにお会いするのは実は2回目で、10年以上ぶりの再会を果たすことができました!
1505487_751421298274377_7235569300876467912_n.jpg 10435908_751421328274374_2909951210909704460_n.jpg

もちろん最初にお会いした時のことは矢追さんのご記憶になかったですがそれは当たり前(笑)。当時の写真が何代も前のガラケーで、残っていないことを本当に残念に思いましたっ!!

宇宙塾に一度行ったことがあるのです。
宇宙人コンテストin福島実行委員長、頑張ってます( ̄▽ ̄)

Spiritosphere第27回、最後の告知のところで、私は次の日新宿ミラノ座での映画『ラスト・デイズ・オン・マーズ』公開記念イベントに出席するのに、「長野です」と言ってしまいました(ノ><)ノ 最近決まったことなのでずっと前から決まっている長野の記憶の方が強く、せっかくのこの番組で、武良信行さんのUFO召還のことを話さない上、長野だという嘘までついて終わってしまったという大失態(爆)。

で、Spiritosphere放送の次の日、新宿ミラノ座「ラスト・デイズ・オブ・マーズ」公開記念イベントに、私はUFO撮影家の武良信行さんのお世話係として同行しました。記事が多いので内容ごとに分割します。
年内で閉館してしまうミラノ座で公開された「ラスト・デイズ・オブ・マーズ」上映の後、矢追純一さんと、ムー編集長三上丈晴さん、UFO撮影家の武良信行さんの3人でのトークショー、そして屋上でUFO召還という、私にとってはワクワクの行事でございますV(^-^)V
9765_751283278288179_5787014442126399379_n.jpg 10150637_751283291621511_7184016143480548255_n.jpg

もうメディアには露出されたので書いてOK、UFO来ました。報道陣と皆で見ました!後ほどこれについては別途更新しようと思います!!

屋上へ続く内部の人しか通らない真っ暗な階段を上り屋上へまず行って、UFO召喚の準備です。
行けるとは思ってなかったミラノ座屋上。
1920576_751283474954826_5407412416461589130_n.jpg

他のビルの屋上に行けば同じような景色も見れるのだろうけれども、もうこのビルは閉館になって行けないし、そもそも関係者しか行けない屋上なのである意味貴重!と、写真を撮りました。
屋上からの景色です。
10385564_751283528288154_3205920837373486726_n.jpg 10610522_751283331621507_5902424547982601655_n.jpg 10636132_751283364954837_417722861224562149_n.jpg

10676134_751283488288158_858503042578601447_n.jpg 1506689_751283508288156_5049592679890333873_n.jpg

隣工事中。前なんだったのか全然思い出せない。。。
10676120_751283351621505_8150207281482697321_n.jpg

武良さん、撮影準備に入りました。
10322673_751283301621510_7729830690663277907_n.jpg 1513295_751283314954842_1542296220517736430_n.jpg

これまで撮影したたくさんのUFO写真集も見せてもらい、興奮!!たけしさんの番組、UFO関連の番組にはたくさん出演なさっている方で、今年某テレビ局でやはり番組中屋上へ上がり、タレントさんも含め多くの方が一緒に目撃して大騒ぎに。

この日私は、初めて、多くの人と一緒に確実に同じものを目撃して、それはこの世の動くものではなかったので、11月22日はしっかり思い出になりました。感動です(-^〇^-)
後で書くねー

Spiritosphere第27回無事に終了しました!ゲスト算命学者の伯耆弘徳先生。ご本名とのことで、岩崎さんのご推察通りやはりご先祖は鳥取の出のようです。
1798473_750785061671334_2821175689341986674_n.jpg

私達レギュラー陣の鑑定もしてきて下さっていたのでそれぞれの結果などもお聞きしましたが、もうお二人ともその通りで本人も他人もびっくり。
算命学は難しいイメージがあるのですが、ネット講座も開いている先生なのでご興味のある方はご覧になってみてください。自然・宇宙との調和を感じる占いですが方法はとても理論的で、向いている人にとってはかなり面白いものなのではないかと思います。

実は先生、10代の頃から音楽業界で長い期間活躍した後、なんと占い師に転向し、算命学者になられた伯耆 弘徳(ほうきこうとく)先生。音楽&占い、私と共通するものがあります。
久保田利伸さんが当時のCBSソニーに売り込むためのデモテープを作ったグループのお一人なんですよ(≧∇≦)
私はこれまで2度対面鑑定をお願いしたことがありまして、色々お話を聞いていました。

しかし音楽業界時代のことは時間が足りなくてあまりお聞き出来なかったけれど、算命学についてたっぷりお話いただきました。

自然、宇宙と調和した存在としての人間それぞれの元々持つ星、宿命などを見ることで、自分に調和した道に進んでいるかがわかり、また、今後の自分の人生をどのように切り拓いていけばよいか、個性から判断していく。
持っていて悪いというものはない、全てが各々の個性で課題、そんな気がしました。
万象算命学という著書を出されていますが、伯耆先生が先駆者です。

YouTubeにアップされています!
http://youtu.be/l5RVpkaDoCA

私のラジオ「水木ノアの、興味しんし〜ん!」ゲストに出ていただいたこともあるので、そのバックナンバーはこちらです。
https://www.youtube.com/watch?v=qj1LcTZ7wYY

竹本さんが柿ピーをいつまでもじゃーらじゃーらじゃーらじゃら皿に出している音がうるさくてすみません(笑)。いくらなんでもこんなに食べないよ!というくらい出しています。。。
1798473_750785078337999_4942306900886039773_n.jpg

伯耆先生ありがとうございました!そしてご覧戴いた皆様ありがとうございました(-^〇^-)
10407346_750785105004663_1982419799004729807_n.jpg 16802_750785138337993_2986017165755183898_n.jpg

更新が抜け落ちていたっ!(゚o゚;;
先週の第3月曜日のことです。

ニコニコ生放送「でら好き、めちゃ好き、だ~い好き!」第7回放送、無事終了!!
30分番組で、私と國立麗ちゃんが二人でノーテーマトークしています。


youtubeにアップされたのでこちらからご覧いただけます。
http://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=XRrFdZF3ols&a=

今回は、メガネの方がいいらしい、誰に似てる、松平健様と志村けん様とか、ついに思い出せなかったマラソンランナーのお名前、苗字の由来、とにかく適当な流れ…( ̄▽ ̄)

おでんを作っていてくれて、いただいて来ました。とてもおいしかったっ(≧∇≦)
地方によりおでんの具材にも色々違いがある話をしました。


ゲストさんがいなかったので二人で喋りまくっていたんだけど30分はあっという間!!
おでんで体が温まって帰宅しました^_^


次回も第3月曜日、12/15ですよーん!ニコ生は文字を打ってこちらに見せることができる(USTREAMとの違いをようやく理解)ので、どんどん送ってね!

私のところへハンドルネームむてきさんからUFO写真が届きましたので、リアルライブ記事にさせていただき、動きがなく形を変化させながら1分ほどその場に浮かび続けていた発光体で、むてきさんは2枚の写真を撮影しました。そして「その場で」消えてしまったという目撃談です。

詳細記事こちらをご覧ください!

「ミラクルムーン」の影響か? 埼玉で「四角いUFO」が目撃される!?
(文:水木ノア)
http://npn.co.jp/sp/article/detail/22368215/

ほんげらだっ!!(;゜0゜)中野で降りるの忘れたっ!高円寺だ!おーし!歩くぞっ!

ということで、銀座あさ乃の帰りに中野駅で降りそびれてしまった私。いつもは銀座線で日本橋に行き東西線に乗り換え、中野終点。なので、たとえ眠っても忘れても中野から先には絶対に行かないのです(笑)。この安心感はよい。

しかしこの日(こないだの木曜)は、東西線の最終に乗れる銀座線に間に合わなかったので、その次に来る銀座線そのものの最終に乗ったわけ。
こうなると日本橋から東西線がもうないのだから降りても仕方なく、銀座線を神田で降りて、そこから中央線というルートをとりました。

そうしたら、中央線は中野止まりではなく三鷹まで行くもんで、ついつい乗り過ごしちゃったんです。
あーっ!これは中野最終じゃなかったっ!(;゜0゜)

ということで、高円寺で下車。東京方面へ戻る電車もやってないから、中野まで歩く。近いのだけど深夜なので道を選ばなければと、大通りを歩きました。

しかし、ウォーキングとは言えないほどあっという間に着いてしまった。
なんとアホなことだろうか、あの駅は何駅かな。なんて思って写真を撮る私。中野駅だっつーの。


ちょっと歩いたら駅が見えて来たので、まだ着かないだろう、って思ったんです^_^;

線路の脇の道を進むと中野駅北口到着。


左に見えますのは中野サンプラザでございます。


中野駅。


終わり(笑)。

銀座あさ乃。今日は新たにリハーサル3曲やり、レパートリー追加されました。しばらく新曲追加お休み中だったため、また追いつくべく再スタート!!
みゆきママから、天使のストラップをいただきました(≧∇≦)手作り。お知り合いの方が作ったそうです。このストラップをどこに付けようかと思ったら、今使っているチョー姫な傘がいいかな!(笑)なんて考えています。
10522680_750210131728827_6678087885675321417_n.jpg

一昔前、携帯へストラップをてんこ盛りに付けるカルチャーが流行しましたよね。今はスマホが多くなりストラップを付ける場所もなくなりましたので、個性を競うものはカバーやケースに移りました。
あっという間に時代は変わるなあと思います。しかし可愛らしい。

手に持ってみて、これはー!私にすごく合っている感じがしました(-^〇^-) 似合うという意味ではなくて、天然石ブレスレットとの相性みたいなもので、とてもしっくりくる感じのことね!

みゆきママ、ありがとうございます!

今週の銀座あさ乃。ルイス高野さんと、一緒に写真初登場の、スアママ(from韓国)。ママは日本語ペラペラ、そしてすごく優しく、理知的な女性です。
最近ショートカットにして、とてもカッコいい!
10358692_749403195142854_1733676451646553471_n.jpg

ルイスさんは今日も面白くて、なんでこんなに面白いんだろう、と不思議になるくらい面白い(笑)。昭和の音楽シーンを一世風靡したミュージシャンなのに、昭和のお笑い界に行っても良かったのではないか?なーんて思ったことは、ここだけの話にしてください( ̄▽ ̄)

でも音楽に関しては厳しく色々と指導してくださいます。本当に勉強になっている。私にとっては週に2回、学ばせてもらいに行っているようなもの。勤務を開始してから3か月が過ぎて、たくさんのお客様にも巡り会いました。なにしろいつも賑やかで華やかな職場です。

銀座は厳しい。けれど、この経験は他の私の活動に本当に役立っています。

どうして撮ってる本人の私だけ目線が合わないのかなぁ!

出演するギターの芯悟君が素敵なフライヤーを作ってくれました!
10351897_749005901849250_4983993633415340623_n.jpg

ゲストボーカルで出演させていただきます。
12/27 19:00〜 都立大学メイプルハウス Charge ¥2000
★MAMMOTH meets MACOTO★
Vo&Gt 高橋マコト(もんた&ブラザース) Vo&Gt ジョニー犬塚
B 栃原優二 Dr 笹井新介
Accoustic Gt Solo 川舩芯悟
よろしくお願いします!

B 栃原優二 Dr 笹井新介 は毎月長野珍道中しているメンバーです。あ、いや、珍道中するために長野に行っているのではありません(笑)。長野県安曇野市のバンド舞龍浄阿の、東京在住メンバーです。

ジョニーとは久しぶりの共演!私を知って長い人は、おやおや久々だ!と思う方も多いと思います。ジョニーはほとんどたまにしか日本に戻って来ない生活になったので、だいぶご無沙汰になりました。
私も楽しみにして、当日まで準備をしようと思っています。

忘年会がてら是非おこしくださいネ!

高倉健さんの人生の中で一時期配偶者だった方は江利チエミさんでした。彼女はテネシーワルツを歌って大ヒットとなりました。アメリカのヒットチャートに乗った最初の日本人です。

テネシーワルツはテネシー州の州歌。私は以前テネシー州を含むアメリカ南部を父と二人でバス旅行した時、南北戦争の話やカントリー音楽に、現地で色々触れてきました。テネシーワルツはもともとカントリー。カントリーとゴスペルは、歴史的背景を考えれば相反するものであり、どちらかをやる人はもう片方はやれないという人も多く、歴史を知れば知る程複雑な気持ちにもなります。

私はアメリカの歴史やアメリカで生まれた音楽の歴史を詳しく語れるほど、色んなことを知っている人間ではありません。なので、私より詳しく知っている方がもしこれを読む時は、数少ない私のアメリカ旅行の中で、そんなことを経験したのね、くらいに思って下さい(^_^;)

あの旅行では、今でも忘れられない強烈な印象を私に残した光景がありました。テネシー州の小さなダンスホールに入った時、40~50人くらいの白人ばかりの中に、たった1組だけ、黒人のファミリーがいたんです。両親と、娘、だったと思う。このファミリーと他の白人のお客さん方は交流はしていませんでした。白人の方の方が、どうしていいかわからない様子でした。

このファミリーはなぜここに来たのだろう?と、思いました。父はその時何も言わなかったと記憶していますが、何かは思ったでしょう。
父は牧師で、アメリカの歴史には本当に詳しく、7月4日生まれ、日本語より英語の方が会話がスムーズに行くというくらい英語が話せる(いや、逆に言えば彼の日本語がよくわからないとも言える(笑))人です。

私はあの時20代でアメリカの歴史をまだよく知らなかったのですが、黒人がなぜアメリカにいるのか、今のアメリカを形作る過去の歴史の中に、多くの酷い出来事、悲しい人種差別、暴力、闘い、そういったことが山とあることは認識しており、あのダンスホールでは、正直ビビりました。何か起きるのではないか??と。今はもう人種差別などないというのは幻想で、私が行ったあの街は、とても田舎でそれこそカントリー。アメリカ人本人からもよく聞く事がありますが、グローバルなアメリカというイメージは、アメリカ全土にあるわけではない。
アメリカのド田舎では、視野がとても狭く、この街から出た事などない、という人もたくさんいて、色んな人がいる、それはどの国も同じだと。特にアメリカはとっても広いので、その場所から他の場所に引越すことなどはしないまま、そこだけの常識や概念で生きて終わるという人はたくさんおり、その意味では日本の方が平均的にグローバルかもしれないよと。

確かにツアー会社が組むことはまずないだろうなというところばかりで、ここでゾンビに襲われたら、よくある光景で、車のエンジンがなかなかかからず、ようやくかかって震えながら森の中から脱出し、いつまでたっても道また道、ようやく一件のガソリンスタンドに到着したら、スタンドのおじちゃんもゾンビだった、なんて光景を、ぼんやりバスの中から荒野を眺め思ったものです。脱線しました(笑)。

私と父がまわった旅行先では、日本人に出会うことはありませんでした。最後のニューオーリンズに着いた時、少しの日本人に会ってほっとしたものです。

あのダンスホールで黒人のファミリーはカントリー音楽で踊っていました。両親が子供に何か話しかけていました。何かを真剣に伝えていたようなんですが、決して怒っているとか興奮している様子ではなく、非常に冷静で、紳士的なお父さんでした。何か切な気な表情をしていたのを今でも忘れられず、私は彼の顔を今でも覚えています。

ほとんどが白人だったナッシュビルでカントリーを聴いた時、私はとっても楽しんでイケイケゴーゴーで乗りましたが、ダンスホールでは神妙な気持ちになり、そしてその後のメンフィスでは白人と黒人がどちらもいて、次に行ったニューオーリンズでは黒人ミュージシャンのライブハウスが圧倒的に多くて、ニューオーリンズジャズを聴きながら、おとといいたあの場所とここが同じアメリカだとは不思議だ、と感じました。最終的に日本に帰る飛行機の中で思ったことは、「様々な歴史の中で音楽が生まれ、己の存在を主張するために、あるいは確認するために、自分がルーツとする音楽を尊重し成長させ、必死の自己表現と信仰心、その繰り返しの長い長い歴史の中で、音楽が生まれている。どちらの音楽も批判できるものではない、私はそもそも日本の音楽さえよく知らない」という感じで、良くも悪くも日本とは全く違う歴史にただただ圧倒されて帰ってきました。

チエミさんは進駐軍のアイドルでした。複雑な思いを持つ人もまだまだとても多いと思います。
高倉健さんが亡くなった事で、先に亡くなった江利チエミさんのことを思い出す人間は少数派なのかもしれないけれども、何故江利チエミさんのことを書いたかというと、私の場合は、音楽をやっているので役者の高倉健さんよりも早く江利チエミさんのことを知り、彼女のご主人だったのが、あの高倉健だった、ということを知って驚いた人だからです。

二人は、離婚しても気持ちは愛し合っていたと聞いています(それは全くの他人がわかることではないですが)。健さんが亡くなったことを知って、チエミさんに会えるんですね、とふと思いました。
たとえ憎しみあったまま死んだ者同士であっても、死んでからは笑いながら反省会だと思っている私は(笑)、この世での最後の感情などはどちらでもいいと思っているのですが、本当は別れたくなかった
らしいお二人なので、なおさら天国で色々と話して涙している様子をちょっと思い浮かべたのであります。

高倉健さんのご冥福を心からお祈り申し上げます。たくさんの素晴らしい作品をありがとうございました。

高倉健さんが亡くなり日本中が驚き悲しみましたが、不思議なことに私のFacebookタイムラインには優しい記事が多くて、とても有意義な記事をたくさん読ませていただきました。健さん自体の記事ではなくても、そんな雰囲気になったような気がします。健さんの与えた影響はすごいと改めて思います。

健さんは外国で生活していた時期もあり、日本の男の中の男というイメージと同時に、とても国際的な方でもありました。作品にブラックレインもあるように、とても目覚ましいご活躍を遂げ、この世での大役を果たして天寿を全うされたのだなぁと思います。

この次のブログで、高倉健さんの妻だった方の話と、そこからつながる私の経験を書こうと思います。

心からご冥福をお祈り申し上げます。



高倉健さん、ご冥福を心からお祈り申し上げます。素晴らしい作品を、本当にありがとうございました。

慰問ライブ続きです。10月と11月生まれの皆さんに、施設のスタッフさんから誕生日カードのプレゼント、そしてハッピーバースディを歌いました。大正生まれ、昭和元年生まれの方もいらっしゃいました。
1497722_747224942027346_4042479430110830330_n.jpg 10308717_747092238707283_3457424124145215943_n.jpg

頑張ってね、応援してます、楽しかったよ、色々声をかけていただきました。とても有り難いです。
10352331_747092202040620_770342409273464229_n.jpg 10173662_747225032027337_8372020471388139103_n.jpg 1535463_747092212040619_3883136267579361385_n.jpg

クイズ百人力の宣伝なんかもしちゃいまして(笑)、年末は皆で見る!とのことっ!でも一瞬だったら、気づいてもらえないだろうな(^_^;)

終わってからスタッフの方が作ってくれたアップルパイをいただきましたー!
10403049_747269315356242_8989923089542283851_n.jpg

呼んでいただきありがとうございました!
11054_747088802040960_3144655701675434996_n.jpg 10169402_747088825374291_3668479100682685977_n.jpg

また来ます。iPhone6plusでの写真撮影も、うまくいくようになりました〜
10734024_747225215360652_7451420670788613280_n.jpg 10418230_747088852040955_1987282244974699760_n.jpg

土曜日は、グループホームみんなの家・保木間での慰問ライブ無事終わりました!竹ノ塚です。
10644485_747088788707628_3236886097846069086_n.jpg

皆さん元気に掛け声してくださって、前奏での「頑張れよっ!」とか、タイミングバッチリなところで入れてくれたり(聞けばすぐ納得(笑))、演歌の前奏の時に、会場から男性の大きな掛け声が聞こえてくるときがあるでしょう?まさにああいうので、「こういうことかあ!」となんだか納得。
10805591_747225172027323_7568064606434715742_n.jpg

ちひろ君のビューティフルサンデー振付など一緒にやったり、とても楽しい一時間でした。ちひろ君はほかにみだれ髪などしっとりした大人の歌も歌いました。女性の歌をちひろ君はよく選ぶのですが、これってなかなかいいよね!徳永英明さんの女性歌カバーも素敵だし、逆では今陽子さんが「おとこうた」をやってらっしゃいます。
1601549_747225005360673_7640257793070930976_n.jpg

私ラブイズオーバーなどカバーの他、オリジナルも歌わせていただきました。
969022_747225192027321_6686885831282312927_n.jpg 

アンコールでは全員で故郷を合唱。
64274_747092252040615_1396046479512517186_n.jpg

だいたい、この二人はトークが長いです(笑)。
10307380_747224888694018_7035546434691751470_n.jpg

続きを別途更新します。


1週私はお休みしてしまったSpiritosphere、今回は出演です!お休みいただきすみません、代打で出演してくださった森さん、ありがとうございます(-^〇^-)
第26回も無事に終了しました!ゲストは催眠治療家、SM女王、Vシネマ出演とご活躍の青山愛さん。20年以上前からエステティックの海外免許を取得してエステティックサロンを経営されていらっしゃいます。
10743756_740778529335622_1367178862_n.jpg

直接お会いしたら、もっとお若い!!
10403047_747077875375386_2166763542051379311_n.jpg

SM業界のトップの方だけあり、奥の深い話でした。Sの人の心の広さや寛大さとか、最初は意外だったものの、話を聞くとなるほど言われてみれば…と、発見もあり。
竹本さんの縛りを実演。なんだかまんざらでもない様子で、打ち上げでもしばらくこのままで呑んでましたよ!(笑) 今度竹本さんがテレビのUFO特番に出ていた時は、ネットテレビではこんなことをしていることを思い出してください( ̄▽ ̄)
10453460_747077905375383_6430390420129659145_n.jpg

コーヒー浣腸でのデトックスなどなかなかに刺激的なお話が多かったですが、愛さんは山伏修行で滝行など頻繁にしており、精神修養への行動力がすごいです。
10269470_747077962042044_7437036572582849530_n.jpg 10734010_747077885375385_8505871041138310719_n.jpg

岩崎さんは番組終了後、まだまだ仕事が残っていて、私達が飲んだり食べたり騒いでいる中、YouTubeアップ作業などするんです。そうです、録音も録画も、やってからの編集作業ってのが大変なんだ。

こちらでご覧いただけます!
http://199.66.238.57/channel/psitheator

ねずみ小僧さんが後ろを向いています(笑)。猫娘さんの顔を半分隠してしもた!そして鬼太郎さん。いいですねえ!私も入りたい(そこですか!)
10802071_746067458809761_6932036696697896646_n.jpg

私も着ぐるみをやったことがあります。でも中の人は存在せず、あくまでもそのキャラクターの存在であるのが鉄則ですから、何に入ったかは一生言えませんけど(^_^;) (親しい友人には写真を送って爆笑された)

こちらのねずみ小僧さんは、置物です。
10448240_746067468809760_2759341681214442039_n.jpg

置物の鬼太郎さん。
10624901_746067485476425_2034585360595916894_n.jpg

わくわく。
1798615_746067498809757_919386746964462295_n.jpg

わくわく。
10402040_746067545476419_2813701065264429258_n.jpg 10481926_746067518809755_4997634157214218510_n.jpg

この日は収録、そしてこの後銀座あさ乃で、直行してちょうど次の現場開始、っていうスケジュールだったので、ゆっくり買い物はできませんでした、残念!!
なので改めてオフの日に行ってみようと思っています。

オフィシャルサイトがあります。
http://www.youkai.co.jp/index.php/archives/47

ゲゲゲの鬼太郎グッズがたくさん買えます!お食事メニューも妖怪的でとても面白いですよ^_^
自然豊かで、深大寺全体を散歩したりと、1日楽しめるところだと思います。

NHKの年末番組「クイズ百人力」(テーマ:妖怪)では、私は「職業妖怪」のチームに入っていました(笑)。上島竜兵さんと同じチームに入れていただきました。先日上島さんが出ているNISSINカップヌードルの話「押すなよ~! これは別の意味です」バージョンを記事にさせていただいたばかりだったので、とても嬉しかったけどご挨拶させていただいただけでお話はできず。もし今後機会があったら嬉しいな。。。と思っています。

司会は国分太一さん・首藤奈知さん、インタビュアーはカッパに扮したココリコ田中直樹さん、100人リーダー鈴木福君、サブリーダー(立ち位置不明だったとのことですが(笑))COWCOWさん、超人山口敏太郎社長・福田萌さん、ゲゲゲの鬼太郎グループのご紹介チャンカワイさん。
私のセリフはないので、時たま「あ!いた!」くらいのことです。番組をお楽しみください!(笑)

鬼太郎茶屋にて、「超人」として対決した敏太郎社長と。中沢健さん、十四代目トイレの花子さん。
10430858_745583022191538_5421284218061763846_n.jpg 10391051_745583065524867_2360222635681480305_n.jpg

個性的で強烈な人がたくさん出演して、とても面白い番組になったのではないかと、客観的に見て思いました(笑)。

NHKの年末番組「クイズ!百人力!」に回答者として出演してきました。テーマは妖怪。今年は妖怪ウォッチが本当に流行りましたものねー!
私はほぼエキストラ回答者ですから喋ってはいませんけれど、百人の回答者に対し、妖怪研究家の山口敏太郎氏と妖怪に詳しいタレントの福田萌さん、たった2人での対決!
結果は年末に!

収録が無事終わった後、楽屋になっていた矢田部茶屋にて。中沢健さん、十四代目トイレの花子さんと。


所属事務、所山口敏太郎タートルカンパニーはお台場デックス東京に妖怪博物館を開いています。宣伝のために旗を持って写真を撮ったけれど、ヨレていて文字がちゃんと見えず失格っ!!汗

トイレの花子さんは撮影前後、たくさんの写真撮影申し込みでお疲れさま!

イラストレーター、キャラクターデザイナーのおおぐろてんさんと、ちゃまさんにも再会です。


番組詳細改めて更新します^_^

スケジュールを更新しました!年末のライブが一つ増えました。
12/27 都立大学メイプルハウスにてMAMMOTH meets MACOTO
ゲストボーカルで出演させていただきます(^-^)

Vo&Gt 高橋マコト Vo&Gt ジョニー犬塚 B 栃原優二 Dr 笹井新介
Accoustic Gt Solo 川舩芯悟

19:00〜 Charge ¥2000

私のオフィシャルサイトには、このライブ以外に年末まで決まっているスケジュールを現状全て掲載しております。
http://noahmizuki.jimdo.com/schedule/

都立大学メイプルハウス
http://www.maplehouse.jp/

年末のお忙しい時かと思いますが、今年とどめのひと騒ぎ(笑)をこちらで是非!

もうひとつ、iPhone6plusに替えて始めてみたことがあります(あれだけiPhone5を、惜別の情を持って手放したのに、どうやら相性が良いようで(笑)。「iPhone6plusの記事が増えると思います」との予言は当たった(爆)。)
始めたのは「手書きメモ」。人それぞれ入力の仕方を色々していると思いますが、私の場合これまでは6割タップ入力、4割喋りかけです。
ここに、手書きを加えてみた。アプリを見つけたので、タッチペンを買ってみたら、TODOリストメモがとても楽しいし早い!
10329228_744547465628427_2699378361448218719_n.jpg

即座のメモ、たくさんの量の時は、私の場合ですがやはり筆記用具での手書きが一番なのだけど、せっかく買ったので出来るだけこれにまとめようと考えている中、この機能もなかなかに楽しく、「太すぎてうまく描けない」とタッチペンを放り投げた時代ももう昔、画面が大きいので大きく書けて太さも気にならず。
新しい手帳は買わず、スケジュールはiPhone6plusで管理することにしたものの話しながらの咄嗟の入力には完全対応出来ないのでこれを使ってみたところ、とても便利でした。後で余裕のある時にスケジュールアプリに移行。間違って日付選択しちゃうこともなし。

ノートってのは相変わらず持っていて、いろんなことをたくさん書く時はやはりノートとペンを出すんだけれども。ひとまずTODOリストはこれでどんどん書いてみました。
10441237_744547485628425_4387128345428597452_n.jpg

現代の環境に合わせて私の目は退化しましたが(視力0.01)、新しい携帯環境に合わせて手が大きくなったら笑ってください(笑)。
10711119_744995598916947_6800381384608232697_n.jpg

今日は音楽館で諸々の清算と、音楽配信などの話をしてきました。
今日から二つ折りのカバーをつけてみた。私はバカだな。カバー二つ折りにしたら写真はカバーのアップじゃないか。そりゃそうだね(爆)。
10173662_744995588916948_7824173800230319841_n.jpg

なんとか片手で撮れるように頑張っているところ。
10418504_744995618916945_2544637966983724734_n.jpg

副社長からハワイのお土産いただきました^_^
10624715_744995638916943_3081749472343635004_n.jpg

写真、どう撮っていいかわからないです(笑)。本を読んでいる様子を撮ったわけではなく…。おなじみになりつつある銀座あさ乃の衣装部屋です。
10712736_745246135558560_4742885929977138409_n_20141114153714eb4.jpg

すぐ取り外せないタイプの手帳型カバーにしたこともあって、片手でいい角度を狙って軽々撮ることは出来なくなりました。Facebookのコメント情報で、片手でも取れる手帳型カバーもあるってことで、今後カバーも色々見てみようと思っています。

他の機能に関しては非常に使いやすいです。幸い不具合は今のところなく。
手が小さいから不便なところもあれば、画面が大きいことで見え方や使いやすさにおいては格段に上がっていたりもし、プラマイゼロとします!!

こんばんは^_^ 銀座あさ乃です。Chacchaさんとカナさんが本日ザ・ピーカンナッツを結成しました!恋のバカンスでステージ!素敵なハーモニーです(^-^)
1441441_745064412243399_3754734868790857543_n.jpg

ザ・ピーナッツは、本当に素晴らしいハーモニー、双子だけあって声質もぴったりですよね。聞いていて気持ちがスッキリするような唄い方。昔から聴いていました。

名前をどうするか、開店前にみんなで色々知恵を出し合いました。ピーナッツに似たような別の名前にするか(例えばザ・ドーナッツとか)、あるいはピーナッツをもじるか(まねだせいこ的な)色々考えていて、まず「ナッツ」が付く木の実の名前を調べてみたら、カシューナッツくらしか出てこず、〜ナッツって意外と少ないのねー!とびっくり。そしたらカナちゃんがピーカンナッツという木の実があると。

みんな知らなくて、えっ?そんなのあるの?知らなかった!と、ピーカンナッツなるものの写真を見てみる。本当にあるんだね。知っていた人は当たり前の事かもしれないのですが(笑)。

で、カシューナッツはひとまず却下(笑)、ピーカンナッツが、ザ・ピーナッツをコピーするユニットとしては意図が見えるわかりやすい名前だから、これにしよう!ということで決まりました〜(-^〇^-)

これは北習志野駅です。画面が大きいから撮れる範囲が広がったのかと思ったけれども、レンズの大きさは多分同じなのだから、変わらない??(笑)このへんよくわからず^_^;
しかしiPhone5から6にバージョンアップにあたり、手ぶれ補正がかなり修正されているそうです。


電池の持ちがとても良いです!朝フル充電で出かけて、現在まだ半分以上あります。もともと着信以外の通知はなしで、マナーバイブ・ライトなしの状態だけれど、それでもiPhone5は1日持たなかった。待ち受け時での電池持ち時間はかなり延長されているとのことです。

それから一番助かったのはナビが見やすい。手で拡大しなくても十分で、タブレットより軽くて小さいので疲れない。
顔を近づけなくても、手を伸ばして本を読むみたいな感じで見れます。

そうそう本や漫画。携帯だということを忘れて読む感じ。いや、「忘れる」ということはないが(嘘ついたのか!)、iPhone5では確実に、小さいことを意識して一時的に見るものだったのが、今は読み物を普通に読む道具にもなっているという感じです。
いや…忘れる、というのもあながち嘘でもないかも??だって、本読んでいたら電話が鳴ってびっくりしたから(笑)。あっ!これ電話だった、という具合。

グッドイブニング!iPhone6plusで初の自撮り。


使った感じのご報告色々あります。後ほど更新。

場所はタートルカンパニー。まず、大きくて片手でのいつものような撮り方がまだ出来ないですっ!全体を写すのに両手を使いました。


鏡に向けてやっても、同じことだ(笑)。
自撮り番長(ほかりさん命名)の名にかけて、このデカイplusで片手でうまく撮る練習に励むことを誓います。

私は病気です。病名は顔文字病。実は土曜日、常磐さんとランチをする予定を急に決めて前日やりとりしていました。
それで、私が「何口?」とメールを送った瞬間、あっ!と思って、試しにやってみたんです。

<作品>

何口何

意味:何っ?!と驚いている顔。まさしく「何」を使った「なにっ!」顔文字。
焦りなども表現。

しかしながらネットリサーチしてみると、一人だけすでにおりました!この文字面が衝撃的な顔に見えるとの解説があって、これをTwitterのプロフにしている方です。
でも他にはこの検索では出てこなかったので、顔文字として浸透しているわけではないらしいことを確認。

肝心の常磐さんとのランチは、諸々事情で延期になりました。新顔文字に気づいて終わりという…。

以前には、常磐さんのライブに行くため代官山まで行ったけど、どうしてもライブハウスが見つからず、仕方ないので代官山のカフェでパイナップルジュースを飲んで常磐さんに電話だけして帰るという、贅沢なひとときを過ごしたこともありました。

なんでかんで、ここでは常磐さんにこれまでの不義理を謝罪しなければなりません。
何口何!

タートルカンパニーにて。石井さんが仕事の打合せでお見えになりました。


私のCDをご購入くださって感謝(^^) 私の母が作っている二本松市上川崎和紙で制作販売している匂い袋をプレゼントさせていただきました!