シンガーソングライター水木ノアのすったもんだオフィシャルブログ 
NPO法人支えあう21世紀の会主催の懇親会に行ってきました。ここで1曲、NHKの「花は咲く」を歌わせていただきました。中野区勤労福祉会館の地下1Fにある、多目的ホールのステージです。芝居もできる。照明もしっかりあり、今後ちょっと利用を考えてみたい場所です。
1_20130329014421.jpg

最初に、法人の理事長堺園子さんがご挨拶。それから集まった避難者の皆様から、震災後どのような経験をしたのか、どんなことを思ったのか、今はどうか、というような話を聞きました。
涙なしでは聞けない。問題は山積みなんです。政府に対する怒りの気持ちもある、といって国が何もしていないとは言わない、でも未解決の問題がありすぎる。
地震が来ることは地球に住んでいる以上仕方ないことだ。しかし国を作り政府があって経済活動をしている国民のトップとして、すぐさま対応し動いただろうか。自然災害が必ず起きうることを想定して、これまで準備してきただろうか。ないわけがないのだ。地球は生きているのだから。その上で生きている以上、国の危機管理はどうだったのだろうか。そのようなことを考えました。

私は音響もやらなければならない状況だったので、あまり入ることはなかった2Fの音響ルームにひとりぽつねん。実際私が歌う時は、ステージと音響ルームが端と端で離れているので当然同時には出来ないので、施設の方がやってくれました。いつでも出られる準備をして、みなさんの涙涙の話を音響ルームから聞いていました。
いつものことながら、歌う前は顔が硬い(苦笑)。
2_20130329014423.jpg

リクエストが事前にあったので、花は咲くを準備していきました。歌詞をコピーして持参。これについては、あったほうがいいだろうと思って私が自分で考えてやったことなので請求しません(笑)。
歌の途中、泣いている方が何人もおられて、例のごとくまた私は頑張りました(」゜□゜)」 私が泣いて歌詞を言えないのでは、だめなんです。たくさんのお客様から、それを言われてきました。わかってる!頑張るぞっ!歌手という仕事をまっとうするためには、歌えなくなってはいけない。
ようやく、人のために歌う、ということがどういうことなのか震災を通じてわかってきたように思います。

中野区に住んでいる福島出身の私が、福島から中野区へ避難してきている方に会う、というのは、何かとても縁深いものを感じます。とても印象的な一日でした。

結成したユニットエルノアの、エルガ梅吉さんが来て下さいました。梅吉さんに撮影してもらった。絵手紙を前に。
4.jpeg

終わった〜〜!顔がゆるくなりました。
3_20130329014423.jpg

まさかこんなことになるとは思っていなかった2年前まで。日本がこうなった以上、我々はそれに対応し順応していかなければなりません。これから40年生きるとしたら、またでんぐり返しみたいに変化する出来事があるかもしれない。それでも、生き残る限りは何か使命があるのだろう。他界した方々から見守られて、君たち、任せたよ、頑張れよ!と言われているような気がする。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:福島県 - ジャンル:地域情報

リハが終わり、それぞれ車でレストランに向かうので、私と新介さんが先に着いた所。座る場所に困る。上座は奥だからここに安住リュウ氏が座るだろうと思うのですが、手前の下座に一人席があるので困るわけ(笑)。
なんかマフィアファミリー食事会みたいとつぶやく私。
2_20130327014411.jpg

そこに高田純次似のベーシスト沖田さんが到着。まあ、とりあえず誰かいればその隣に座りますかね(笑)。
3_20130327014412.jpg

全員集まるとこんなになります!といっても、まだここにはいない人もいて、正確には全員ではない。撮影している私も写ってないし(^_^;)
4_20130327014412.jpg

安住さんが、手下を従えて挨拶。
1_20130328015737.jpg

バンマスの新介さんが乾杯の音頭を取って、これからこの長野のバンド舞龍浄阿が活躍できます様にと願って乾杯。
お料理とても美味しかったです!!量もあって、どんどん出て来ました。最後の杏仁豆腐は、誰かのをもう一つ食べちゃったと思います(笑)。

二次会。やっぱり高田純次さんに似てる。話し方も、発言も似てるんです。意識しているのではなく、キャラそのものが似てるんですね。隣の女性は演歌歌手の相澤めぐみさん。とても素晴らしい歌を歌うんです。
5_20130327014413.jpg

この日は近くのホテルを取ってもらって、お風呂に入ったらバタンキュー。

次の日の朝。怖い!ここ数週間の疲労で顔が疲れていました(苦笑)。
2_20130328015738.jpg

無事長野の出張が終わり、また東京に戻って来ました。

FC2blog テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

チーム安住とは、私が勝手に考えた名前です(笑)。長野の歌手安住リュウさんの周囲に集まるたくさんのミュージシャン達と、長野で活動することが昨年末から始まっています。このブログを読んでいただいている方から、私は長野の生まれなので嬉しいです!というようなメールをいただいたりして、私も長野に活動する場が出来た事をとても嬉しく思います。
拠点は安曇野市です。ここから安住、という芸名にしたのかしら。今度聞いてみよう。

リハ前。安住さんの経営しているライブハウスRyukuがリハーサル場所になっています。バンド名はブルジョア。舞龍浄阿と書きますので、まるで暴走族のチームのようです!
1_20130327014411.jpg 1_20130327012811.jpg


この日は、私が入る前から安住さんメインで歌っていた曲、コーラス隊がメインを取る1、2曲、私と安住さんが二人でデュエットする曲、もうお一人の演歌歌手相澤めぐみさんの楽曲の時に伴奏する曲などなど、たくさんの曲に当たりました。まだ歌詞を見ながら練習しているので歌えるようになるだけなら可能ですが、今後は全て頭に入れなければならないから大変なのはこれからでしょうな(^_^;)
そして様々なアレンジ、どんな雰囲気を出すか、コーラスの振り付けはどうするか、などなど細かいところへのリハにも入り始めました。

演奏者の皆さん、素晴らしいです!そして何しろ最初に思ったのは、安住りゅうさんの声の良さ。歌に厳しい(特に演歌)私の母も、安住さんの歌は良いと言いました。

集中力の限界が来た頃、みんなもそうだったようで(笑)いよいよ遅い新年会へ。腹ぺこで、仕事したなーー!という心地よい疲れの中、長野で有名な中華料理屋さんへ。

遅いというか「遅すぎる」新年会の様子は別途更新。

FC2blog テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

こんばんは、軽症ヘルニア持ちの水木ノアです。
脇にあるのはアコーディオン。スタジオで久々に練習をしました。
写真 5

私はアコーディオン演奏家ではありません。昔ピアノを弾語りしていた経験から、バンドで演奏する際にアコーディオンを取り入れ、実験的にアコーディオンロックをやっていたことがあるんです。でもやりすぎて腰を痛め、またアコーディオンを弾きながら立って歌うことに無理を感じたのと、音楽性をさらに変更するため(この頃、本当に暗中模索だった)アコーディオンを弾語りするというスタイルを2年くらいで中止しました(^_^;)

当時のそのバンド演奏動画。若い!それに変な曲!すごいアングラ空気むんむんです(笑)。
http://www.youtube.com/watch?v=LHhbmWUgiYI

最後の、バンド紹介の小芝居がなんとも大根で笑えます(笑)。つっこみどころ満載のこの昔の映像ですが、まだ年月が経ってないころは、恥ずかしくて早く降ろしてもらえないかなあなんて思った事もありましたが、今となってはこういう時代もあったな、へたくそだけど、真剣だったな、なんて思えるようになってきました。

このアコーディオン、なんやかんや言って結構活躍しました。このYoutubeの曲以外に、もう1曲アコーディオンプログレのロック曲なんかも作ってCDに入れました。今考えるとよくやったと思います、色んな意味で(苦笑)。
バンドを解散してアコーディオンを使わなくなってから、劇団サンハロンに役者として出演することになった際、服部良一さんの曲を冒頭でアコーディオンで弾くというシーンを与えられて、舞台でも使いました。

そしてしばしこのサンハロン劇団の稽古場にレンタル楽器として置いておき、今回また私が使うため座長の青木さんから受けとって手元に戻したんです。
青木さんに久しぶりに会えたことも嬉しかった。変わらずお元気そうでした!

今後のアコーディオン出演の場面は、エルガ梅吉さんと組んだユニット「エルノア」です。サンシティ調布などの有料老人ホームでの慰問コンサート、および梅吉さんのソロライブの時のサポートとして、今後アコーディオンをまた弾く事になったんです。
ピアノはもう4歳の時から始めて、今◯◯歳ですからだいぶ続けましたが(爆)、ピアノが弾けるからといってアコーディオンも問題ないということはないですよね。鍵盤の部分はもちろん変わりませんけれど、左手で押さえるコードや単音が鳴るボタンに至っては、もう謎の未知の部分です。
そして蛇腹の使い方も難しいし、これはもうピアノとは別物の楽器で、アコーディオン奏者の方に到底かなうものではなく、アクセント的な演奏になるかと思います。

しかし梅吉さんのオリジナル曲にはアコーディオンが合う。アンニュイとは彼女のことを言ったもんだ、と思います。

そんなわけで、アコーディオンネタでした。


FC2blog テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

1週間立て込み、更新止まりました!途中長野に行っていたのでiPadは持っていないし、スマホからブログを更新することはしていないので(時間かかりすぎる(^_^;))、ようやく今日のライブが終わって一段落したので止まったところから更新しようと思います。

こちらははなことば町田鶴川という有料老人施設でのSmilig Daysライブの模様。3/17。
写真 4

町田に行ったのは、これまでで2回目かもしれない。東京都とはいえ私が住んでいるところからは結構遠いので、なかなか行けない場所でした。千葉県から向かって来た他メンバー3人は、途中神奈川県を入って抜けたとのこと。ほぼ神奈川ですよね。

ここの高齢者の方はよく乗ってくれて、ヨガも積極的に参加され、とても良い1時間だったと思います。昭和歌謡、私のオリジナルも歌わせていただきました。
新しいオリジナル曲はCDをこれから作るという話をしたら、予約が入りました。本当に嬉しいです。ありがとうございます。

途中、私はMCで泣いてしまい、しばし言葉が止まりました。福島のことは、今でもやはり笑顔ではなかなか話せない。でもスタッフの方から「頑張れっ!!」と声が飛び、頑張りました。後で入居者の方からも、言おうと思ったら先に言われた!と声をかけていただき(笑)。
歌を聞きながら涙するお客様の顔は見ないで、宙を見ながら、「伝わっている」ことを実感して歌いました。伝えなければならない。だから、泣いてばかりもいられない。

施設ライブでは、ライブ終了後入居者の方と握手にまわり、お話をするのが恒例になっています。おじいちゃんおばあちゃん方がいつも言うのは、「伝えていってくれ」ということです。人前で演奏する以上、演奏そのものはちゃんとできて当たり前で、その先に、このアーティスト、このミュージシャンは、何を伝えたいのか、というところを先輩方は見ています。歌の場合は言葉があるので、高齢者の方々はその言葉を噛み締めて聴いているのを、歌いながらよく感じます。

この日も、良い経験をさせていただきました。入居者の皆様、施設のスタッフの皆様、本当にありがとうございました。
写真 3

FC2blog テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

上野、土曜日の夜。どこもかしこも飲食店は満員御礼。サイゼリヤがちょっと待つだけで入れそうだったのでここにしました。この日はレッスンをして、自分の個人練習をして、アルゼンチンタンゴの衣装を買って、本日の体力そろそろ終了的な雰囲気で上野に行ったのでちょっとお疲れ気味でしたが、お化けスタジオの話でやっぱり私は大騒ぎ(笑)。
写真 1

4月の1時間ライブのための打ち合わせで、リハ日やセットリストなどを相談しました。
「リハスタ、おそらく江東区だと思うけど、もしかしたら松戸かも。」と千尋君。

「松戸?!あのお化け出たとこっ??」

で、あの日、ホラー映画によくある、一人が車のエンジン震えながらかけて命からがら逃げて来る数人の仲間達のシーンとまるで同じ状況になった私達の事を思い出しました。怖かったな〜〜〜〜!詳しくは話せませんが。本物の話なので(^_^;) 見間違いだよね〜〜という話なら冗談めいて書こうかとも思うけど、みんな具合悪くなるわ、そこにいるわ、受付の人までわかってるようだわで、場所も言えないし、とりあえず千尋君が慌ててエンジンかけて車出そうとしても、私がいない!と大騒ぎになり、私はただボーゼンと立ち尽くしていた、というラストシーンだけ書いときますヘ( ̄▽ ̄ヘ)

打ち合わせの前に腹が減っていたのでとにかく食事、私はハンバーグ定食の上、千尋君のピザまでもらって、その上ケーキとアイスクリームまで注文という、一日一食の大食いでした( ̄・・ ̄) 私は平均して一日1.5食かな。2食しっかりべるのは週の半分くらい。あとの半分は夕方から夜の時間帯のどこかで1食。へんなの。よくないよね。でも朝起きた時に何も胃に入れないというのではなく、水たくさん飲んだり、コーヒーは必ず、そしてヨーグルトとか、酵素粒飲んだりとかします。ヨーグルト食べるんだから、それを朝食というのかな?(笑)

脱線。4月は春日部の孝楽園というところでライブをします。1時間で私と千尋君だけのステージなので、選曲、順番、ピアノを入れる曲、MCの場所、衣装とか、相談しました。

スタッフの河野さんが撮影してくれた。上の方がメインなんじゃね?(笑)
写真 2

FC2blog テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

4月より一緒に演奏活動をすることになりました、エルガ梅吉さんと、初のリハーサル。
写真 3

スタジオではありませぬ、エルガさん宅の、彼女がいつもサウンドを作っている神聖な場所に入らさせていただきました。

もー、すぐ目に止まってしまった。「なにこれーーーー!人間椅子のグッズなの?!」と叫ぶ。
??

人間椅子のライブで購入して来た物との事。魔除けになりそ〜(笑)。鈴木氏は大学の先輩なんですよね〜!まだお会いした事はないのですが。

アンティークの家具に囲まれて、渋い演奏にぴったりな環境で、打ち合わせと音合わせをしてきました。

このユニットでは私は歌以外にアコーディオン、ピアノ、鈴など小物楽器を入れるので、曲によってどんな風にするか色々と相談。梅吉さんはこれまでギターの弾語りでやってきた方なので、私という全然違うアプローチで歌う人間のバック演奏をするということに対して新しい挑戦という感じのようでしたが、メイン二人が集まってやるユニットというのもいいだろう、色々なことが出来る、と、可能性を考えました。

3時間程のリハを終えて、リビングにお邪魔し手作りカレーをいただく。とても楽しい時間でした。

今日はSmilig Daysで有料老人ホームのライブを終えて帰って来た日で、いつものことながら当日の出来事を更新しているわけではないんですけど(^_^;)、梅吉さんとのユニットは東京都内の施設を中心にもう一つの施設演奏活動をしていくことになります。

桜が開花しているようですねー!そろそろ春か。桜開花が例年より早いそうなんですが、長い冬だった、という感覚があります。

FC2blog テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

先程のブログで、「英語を勉強しているのは、キアヌと付き合うことになっても大丈夫なようにです。」と書きました。

。。。しかしそもそも、英語がしゃべれなければ、キアヌと付き合う事になるという状況は起こらない( ̄・・ ̄)
「付き合うことになっても」というのはおかしい(笑)。

だから正しくは、「英語を勉強しているのは、キアヌと付き合う可能性を得るため。」だろう。

こんなことを書いてるヒマがあったら抜け落ちてる日のブログを書けっての!!!
images_20130316020800.jpeg


ちなみに、若い頃のキアヌもかっこいいですが
images-2.jpeg images-1.jpeg

中年になってきたころのキアヌの方がもっといいと思うのは、私も同じ年代だからでしょうねえ(笑)。
Unknown.jpeg

徳永英明氏と間違えない様に(爆)。



FC2blog テーマ:洋画 - ジャンル:映画

iPhoneてんやわんやの続編です。家のMac、スノーレパードってやつにバージョンアップ中!
1.jpeg

アヒルの存在感がでかすぎる。。。これは一応うちのMacの写真ですので(笑)。

iPhoneのトラブルでここずっとAppleストアやAuショップとなんだかんだと話をして通い詰めていた私ですが、Appleの方と話しているうちに、うちのMaCがいかに古いバージョンであるかがわかり、これだとiPhoneとの互換性もままならないので、自宅Macバージョンアップ作戦も同時にすることになったのでした。

私はずっと昔からMacユーザーなんですが、Macで高度な画像処理や音楽製作をしているわけではないので(なかなか覚えられない。時間的な問題ではなく、頭の問題)、古くてたまに出来ない事があっても、「ま、いっか〜」で過ごして来てしまったんです。
昔からMacユーザーであるからして、例えばクラシック2から始まり、先日までのOS Xまで、でっかいモデルチェンジの都度、買い替えはしてきたのです。あのまーるいフォルムの色んな色のやつとか(名前をど忘れ)、iBookとか、色んなMacを買い替えしてきました。でも10.4、10.5、とか、そういう少しずつのバージョンアップは出たタイミングではしないて放置していました。たいして変わらないだろう、と勝手に思っていたんですな(爆)。

しかしたいして変わらないという話ではなかったんですなー(爆)。

クラシックなんて、Macユーザーにとってはなっつかし〜ですよねー。画面白黒でしたよ!ちっちゃいハコで、あれでも当時は本当に便利なものだと思って夢中になって使っていました。15年くらい前になるのかなあ。大学を卒業してから家で使用していた記憶があります。あれでオリジナル曲のバック演奏を作っていました。でもそれをどこかにアップしたり、どこかに保存したり、などということが全然できなくて、ただデモを作って、聴いて満足していた。。。それだけ(^_^;)
あとは、四字熟語ゲームで勉強していたくらい( ̄・・ ̄)

あの頃Windowsっていう言葉ってあっただろうか?大学のパソコンは、もちろんMacなどは普及してない時代でしたが、ユニックスとか、ロータス?なんかそういう名前のパソコンだったと思います。卒業論文は一太郎ってやつを使いました。画面が緑色だったのを記憶しています!

あれから40年!(」゜□゜)」 間違えた、これは綾小路きみまろフレーズだった。

あれから20年!(」゜□゜)」パソコンは本当に変わりました。今目の前にあるこのMac、将来こんな形になるなんて、クラシックMacを使っていた頃は想像だにしなかった。

将来的には、この画面、ブツさえもうなくなってしまうという。すごいですな〜〜〜。私の生きている間にそれが起こるのだとしたら、あの白黒のブラウン管のボックスから、なんだかよくわからない空間的な?通信手段まで数十年で発展する事になる。昭和から平成あたりというのは、それ以前の時代の進化速度に比べて相当速いように思います。

十二単着ていた時代、結構長かったんじゃないの?

そんなこんなこと、色々想いを巡らせながら、インストールまで40分、ソフトのバージョンアップが自動的に必要になったのでアップブレードして再起動、またさらにアップグレードして再起動を繰り返し、ようやくOSに追いつく。そこまでの作業1時間以上かかりました。

ようやく時代に追いついたか?と思いきや、もっと先のも既にあるんですよね(^_^;) でも私はいいです。ちょっと差を縮めたくらいで大満足(笑)。

ここまでようやく追いついたので、もうAppleストアへの電話は時間がかかるのでちょっとお休みしたい(^_^;) Macテクニカルサポート的な友人が数人いるので、しばらくは仲間を頼ろう。

FC2blog テーマ:Apple - ジャンル:コンピュータ

Appleストア渋谷店に行ってきました。初めて行きました。
写真 1

私は長年Macユーザーなのだけど、わからないときは諦めてたし(笑)、高度なことをやっているわけでもなかったので行く機会がなく。しかし今回はさすがに行かないとわからない!ということが起きまして。

「行けーばわかる、行かないとわからない!ピタッとハウス!ハイハイハイ!」

余計なことを書いてしまいました。


私のiPhone、使用開始の次月の終わり頃に、「使用量量が7GBを超えました。通信速度を制限します」というメールがAUから来て、それからというもの、速度128kbps!どんくらい遅いかというと、実にLTEの600分の1っ!!!ヘ( ̄▽ ̄ヘ)
届かない届かない!動かない動かない!

これが、次の月になると20日頃連絡、その次の月は半月で連絡、とうとう今月は3月6日に制限超えたとの連絡。おかしい!!あり得ない!!通常、まず超えることはない7GB。そして超えたとしても大量の動画、写真データを仕事並に使っている人が、月末に起こること。

それが、なんにもしてない私がたった6日ですよ!ジャストシックスデイズ!!(」゜□゜)」

まず半月あたりで連絡が来た時にAUに行きました。半月で7GBを超えるということは、朝から晩までYouTubeなどに動画をアップし続けてるとかくらいのレベルだと(笑)。
iPhone買ってもどうせたいしたことやってない私なんですから、そんなことは起こり得ないのです。何か、勝手に四六時中それが行われている状態になっているのではないか?と言われました。
しかしAUさん、どうにもその理由がわからず、Appleへ行ってくれと。

ストアに行く時間もなく、そもそも電話がなかなか繋がらないAppleストア。制限されたままPC中心に生活していたら、そのまた次の月、1週間で制限かかったのでいよいよ肝をすえてAppleに電話を繋げ、ようやく事情を説明。Appleテクニカルサービスの方は懇切丁寧にあらゆる可能性を調べてくれました。固定電話からかけてiPhoneを見ながら設定を全て説明し、問題が見当たらないので来店することに。
過去に1件、私と同じようなトラブルの案件を見つけたということでしたが、その例は結局工場出荷状態に戻したんだそう。
私もそれになるかなーと思いつつとりあえず行ってきました。

ものすごい人だかりで、こりゃー確かに予約しないと見てもらえないわ、とわかりました。一人10分単位で予約されており、自分が呼ばれた時にいないと、どんどん次の人になってしまうので、早めに並んでおく人々。今日は私もその一人。

Appleの青いTシャツを着たスタッフさん達は、日本人、黒人の方白人の方アジア人らしき方、いろいろいて、とても国際的。たくさんのMac製品を前に、スタッフとお客がなんだかんだと話している。みんな色々わからないことやトラブルがあるんだな。

ちょっと思った事。

1 こんだけ人が集まるのだから、店舗を増やしてくれよ〜〜〜!

渋谷と銀座にしかないというのは非常に不便。この10分のために1日のスケジュールを考えなければならない。

2 こんだけ人が集まるのだから、椅子を用意してくれよ〜〜〜!

長い間壁によりかかって立って待っていた挙げ句お客もスタッフも立ったまま使い方の説明は、ちょっとツライ。

3 こんだけ人が集まるのだから、店を広くしてくれよ〜〜〜〜!

狭い!ネームバリューからの印象だと、広くてゆったりしたスペースを勝手にイメージしていたが、狭くてごちゃごちゃしている。

以上3つは、クレームというよりもAppleを愛しているから思うわけで。なんとか改善をお願いしたい。

肝心のiPhoneは直ったか? うーむ。結局、原因はこれだ!というのは見つかりませんでした。しかし、LTEの説明とかしてもらったり、アプリのチェックなどしてもらい、今までオンにしていたものを半分以上必要ないのでオフにしてみて、とりあえず様子を見ることに。また、仲間が何か作業をすることでこっちも容量を使ってしまうらしいドロップボックスは、残念ながら使用を中止。
そして、インストールしていたアプリを一度全部削除。そして再インストールをすることにしました。

今までオンにしていたものをほとんどオフにしていいならば、何故にあるんじゃっ!(」゜□゜)」と私は思いますが、人によってはあったほうがいい機能もあるのでしょうか。

というわけで、この後、iPhoneのてんやわんやをやったおかげでうちのデスクトップのMacが相当古いバージョンだったこともわかり、ついでにこっちの件も一緒にやることになったので、これは別途書いてみます〜。って誰が読むんだ(笑)。

FC2blog テーマ:iPhone - ジャンル:コンピュータ

二本松市和紙伝承館に母と行ってきました。
写真 3 写真 2

写真は、つるし雛です。とても素敵です!(^O^) 色んなものがつながっていて、バリエーションがたくさんありました。これを見ながら、母の作品が置いてあるところへ。
商品が半分くらいに減っていたので、なかなか好調な売れ行きのようです。ここには、二本松市の和紙で作られた工芸品がたくさん置いてあって、おみやげにもとても良い。皆様福島へいらした際には是非寄ってみて下さい!

母の作品はこちらから購入できます。
ノア企画ウェブサイト
http://noahkikaku.yu-nagi.com/index.html

家族でねぎっこラーメンを食べ、ここでアイスクリームを食べ、かなりお腹がパンパンになりました(笑)。

FC2blog テーマ:ペーパークラフト - ジャンル:趣味・実用

昨日久しぶりのオフだったので、ネット作業を行いました。3月11日の昼間に休みを取った後、5月の連休初日まで、もう一日もオフがない。。。でも、有り難いことだと思って頑張りたいと思います。
自分の活動の合間を使って、全国で活動している復興支援の情報の発信なども私から少しでも出来ればいいなと思っています。

この度スケジュールを更新しました。4、8月のスケジュールを追加し、既決のスケジュールに一部日程変更が出ています。Openはどなたでも入場可、Closedは関係者のみ入場可という意味ですので、一般のお客様はOpenのスケジュールをご参照いただき、ご都合の良いところに御来場いただけましたら嬉しいです!
http://sound.jp/noamizuki/liveschedule/page8.html/

御来場のご予約ページも更新しました。選択型で、行けるライブの日程を選択、送信していただければご予約完了です!
http://sound.jp/noamizuki/contact/page20.html

ライブ写真集と舞台写真集を更新しました。
ライブ:直近のジョニー犬塚ブルースライブでの画像を追加しています。
http://sound.jp/noamizuki/photoes/page18.html

私の母が製作している、福島県二本松市和紙作品「匂ひ袋・和服人形箸袋」ご注文ページも一新しました。少量からのご注文可能です。是非ご注文ください。
http://sound.jp/noamizuki/buy/page19.html


ではでは、是非ご利用いただけましたら幸いでございます。

FC2blog テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

3月11日。2年目の今日、14:46に、中野区からのアナウンスが街に流れました。
それは予想していなかったので、ちょっと嬉しかったです。
街がうるさかったので全部は聞き取れなかったけれど、
「あの日から2年。震災で多くの方が亡くなりました。黙祷を捧げましょう。」というような内容だったと思います。

今日は夜まで空きにしていた日だったので、しっかりと黙祷をすることが出来ました。昨年の今日は、あきばたまみちゃんと日比谷公園の集会に行ったんです。震災をきっかけに、同郷の画家兼歌手のたまみちゃんと交流を持つ事が出来たのでした。

思い出します。
バスに乗って福島に向かっている最中、バスの運転手さんから東北でさきほど大地震があり、これからどのくらいかかるわからないがとにかく向かいます、というアナウンスがあった時のあの緊張感、佐野パーキングエリアにバスが一時避難して、大勢の人達とレストランで見た仙台空港の津波のテレビ映像、数時間待って、高速が閉鎖されるので全員一般道へ降りるようにとアナウンスが流れまたバスに乗り、それから14時間。

携帯の充電切れていたので福島駅に着いてすぐ公衆電話から実家に電話したら母が出た。
父が車で私を迎えに行くとのことで待つ事3時間。
旅行会社の男性に声をかけられ、ビューホテルが避難場所になってるから移動して下さいと教えてくれた。

ビューホテルでたくさんの人がタオルにくるまって寝たりラジオを聞いたり座っていたりしているところに父がやってきて、会えた事を喜ぶ。ようやく実家に向かい始めたけど、水が止まっちゃったので、見つけた限りの自動販売機に寄ってみたが全て売り切れ、確か1、2本の小さなペットボトルしか手に入らないまま家に着いたと思う。

めちゃくちゃの家の中から母が玄関先に出て来た。とりあえず全員命が無事だったということもあって、深刻な被害があったご家庭よりはなごやかだったと思う。

茨城の親戚、東京の親戚、所沢の親戚、同郷の友人達などと連絡を取り合う日々。
数日したら原発が爆発した。あの時の驚愕と、絶望感は今でも忘れない。
家族3人で色んな話をした。私達は生き残った、という感覚を持った。

水が止まって髪が洗えないので、ばっさり切っちゃった。すっきりした。

東京で飼っている猫のまるこは病院に預けて来てあるので、毎日病院に電話して、「無事ですよ、まるこちゃんは心配しないで、とにかく福島が大変ですね。」と獣医さんと話をした。

バスが動き始めたので、両親を残して福島から離れることには躊躇があったが、ひとまずは東京に戻ることも必要だったのでバスを予約し、東京へ。バスの中の雰囲気はやはり通常ではない。

東京に戻ってすぐ動物病院に行ってまるこを取り戻したが、最初は元気だったものの、その10日後にまるこ姿を消す。あれが最後の姿だった。

4月11日に、まるこが死んだということを受け入れた。

あれから2年。毎日忙しく暮らしているけれど、もう震災前のような、ただただ自分が何とかなりたい、自分の成功がどうのこうの、考えることはなくなった。

私の生きた証は、少しでもいいので、自分の周りの人や会った事もない人にでも、直接的にでも間接的にでも何が出来たか、ということであり、それが何もないとしたら、自分がどんなにやりたいことをやっているとしても、幸せとは思えなくなった。この感情が偽善かどうかなんて考えることすらもうない。
当たり前のことだ。と普通に思う。

私は医者でもないし看護士でもなく、歌を歌うことが果たしてどんな幸せを人にもたらすのかと考えて、そんなに役に立ってない、と思ったので歌う事をやめた半年があった。
あの時ほど、自分の無力さを感じた事はなかった。
簡単に、歌うことをやめられた自分に正直びっくりした。
それだけ、歌が私にとって軽い物だったということではなく、歌がどれだけ重いものかを感じたからこその決断だった。

たった数年、震災などで活動が出来なかったところで、なんだろう。そんな小さなことにこだわって、ライブをやるべきかやらざるべきかなんて、とても小さなこと、愚問だと思った。

自分が目指す歌手になるために、という観点から見ても、この震災を真っ向から経験して、自分の頭で考え、自分の感情でとらえ、この目で見て、現実を知ることをそのものに時間を使うことが本当だと思った。
悩むことはまずなかった。

今は再び歌っています。ここまでの心境の変化は長くなるので省略しますが、いつでも、やめるかもしれない、という表裏一体の気分で歌っています。そういう歌はいけないのかどうか、全くわからない。
ただ、瞬間瞬間を真剣に取り組んでいます。それだけです。いつ歌えなくなるかわからないから。
私は、生きているはずの遠い将来の自分のために、今を生きているという感覚ではなく、明日死んでも自分の人生に悔いがないように、今日を生きています。
私が長寿なら、それもそれで良い。でも誰でも、いつ死ぬかわからない。今日を大事にしよう、そういう実感が芽生えたので、今生きている人達をいとおしいと思う様になりました。

「今思えば、あの日あの時があの人との最期だった。」
「今思えば、あの景色はあの日が最後だった。」
こういうことが増えて来ると、人は誰しも生きることの不思議さやはかなさを感じていくのだろうと思うのだけど、この震災のように、一気に来ると、愕然とします。一気に価値観が変わります。

生きる目的というのは、当時の私が考えていたぼんやりしたものより、もっともっと大きなものなんだということを、瞬間的に感じた日だったので、歌に対する感覚も変わりました。

とにかく。
まずは心から、ご冥福をお祈りし、生きている我々がこれからも生きて行くことがどういうことなのか、今一度考えたいと思います。

黙祷。

FC2blog テーマ:本日の日記 - ジャンル:日記

新宿で打ち合わせしたあと、中野に戻って個人練習をやったら、まだ20時からの仕事に時間があったので、インターネットで調べた整体院を1時間後に予約を入れてみました。

左の股関節と、腰の慢性的な痛みがあったので、医者に行っても何もわからないし、整体に行ってみようと前々から思っていました。もし良かった場合、次回からも通う事を考えて条件としては自宅から近いこと、それと金額、という大枠の条件で探していたら見つかった所がなんとなく良さそうな気がして行ってみたんです。

良かったぞ!こんなに丁寧だととても嬉しい。初回なのでまず自分の体の状態や痛みの部位を書いて渡して、その後細かく体をチェック、といっても、すすす〜と触ってもらったらここが歪んでるとかすぐに回答が出て、痛みの原因を教えてもらい、今日の私のメニューを決めて開始しました。

私は左膝にオスグッド・シュラッテル氏病を小学生の時から持病として持っているのですが、それそのものは日常生活に影響はないものの、最近なんだかちょっとそこが痛いのも気になっていました。そうしたら奇遇にも先生自身が同じ病気を持っていた。
これが左半身の痛みに一番影響しているわけではないが、私の体はどちらかというと左骨盤が後ろに下がっていて、そのために左足が短くなり、結果左に体が微妙に傾いていることがわかりました。
左膝が痛いので、無意識にそれをかばいながら歩いていたことも影響していたかもしれません。

オスグッド・シュラッテル氏病は、名前そのものはあまりメジャーではないものの、スポーツ選手では持っている人が結構いるのです。子供の成長期の時代に激しい運動をすると、これになることが多い。膝の骨がぴょんと出っ張ってしまうんですね。こうなったらそのまま放置するしかなく、特別処置をしないと歩けなくなるわけでもないので、でっぱった状態のまま生きてく訳です。
私の父も、そして野球で国体まで行った私の亡き祖父も全く同じ。家系かあ。。

私は小学生の頃毎日陸上をやっていました。短距離走です。今はもう走りませんが(笑)当時本当に足が速くて、50mは7.3、100mは13.1秒という、女子の中では一、二を争う速さでした。県大会でも3位だったような記憶があります。記憶定かでない(苦笑)。
でも左膝が変形してきたことに気づいて、母親に病院に連れて行ってもらい、オスグッド・シュラッテル氏病だとわかったのです。その時の病院の記憶は今でも鮮明に残っている。
その時は、シュラッテル氏病と言われました。でも今はオスグッド病と言われることの方が多いらしい。今日整体師の先生に聞きました。

それから中学生に上がった後は陸上をやらないで完全な文系に移行しました。この病気になってなかったら、もしかしたら体育系に進んでいたかもしれないなあ、と今でも思う事があります。今は運動をきちんとする生活では全くないのに、フィットネスクラブに行って体をチェックされると、何かやってるんですか?と聞かれる。
小学生までのたった6年間だけ、真剣に陸上をやり、その後はストレッチだけです、と言うと、その真剣な6年間が今でも影響を与え続けているんですねえ、と(笑)。

さて。
うつぶせに寝た後、少しマッサージがあり、ほぐれたところでお腹の下あたりの台がガクン!と一瞬落ちる。そのあとカタ!とまた戻る。それを数回。
うつぶせの施術を15分くらいやったあと、左右のかかとの位置が確実に同じになっていました。でも3日くらいで元に戻ってしまうので、しばらく通うことが大事のようですね。
腰の痛みが改善されていて、立って靴下をはけました(これまではもうそれが出来ないくらいだったんです)。

仰向けの時は、首を両手で持ってぶらぶらされて力を抜いていたら、コキコキコキ!と軽くて速い音が鳴って、なんだか首がすっきり。左右対称に横を向けるようになりました。

施術中の先生の声が、しずか〜〜〜に話すので、聞いていて疲れなかったです。

初診1000円、以降は2600円。ここに通おうと思います(^O^)

FC2blog テーマ:ヘルス&ビューティ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

この記事をご覧いただいた方は、以下のイベントに無料でご招待させていただきます。

3/29 SAKURA Anniversary
飯田橋Space with Charge ¥2100(1Dr ¥500) Open 18:00
19:00〜21:00
一人芝居/朗読/プレゼント争奪ゲーム/咲のコーナー ほか
ゲスト:水木ノア(歌)
咲さくらの司会者21周年、講師10周年などを祝う記念イベントで、咲さくら女史と面識がない方でも、通常の舞台を観覧するスタイルですのでお気軽においでください。

この無料招待券をプリントアウトするか、携帯画像に入れてご持参ください。そうすると500円のドリンク代だけをいただいて観覧が可能になります。
invitationticket.jpg

チラシはこちら
flyer.jpg

会場となる飯田橋Space withへの地図はこちらです
map.jpg

私はこのイベントで2曲ほど歌います。復興支援のご連絡などもさせていただきます!
どうぞよろしくお願いいたします。

FC2blog テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

休憩を挟んで2ステ目は、ボーカルSATOさんのステージでした。いやはやキャラ同じなんですけど!(笑)
ライブハウスに入ったらすでにSATOさんが先に来ていて、挨拶しようとしたらSATOさんの方からご丁寧なご挨拶をいただいて、恐縮するやら安心するやらでした。
MCとても楽しくてお客さんとコミュニケーションバシバシ取るシンガーで、歌はかなりロックでしたよ。ヘルタースケルター1曲目はよかったです。
写真 2 写真 3

不覚にも、メンバー全員アンコールのことを忘れていました。。。(爆)
それで慌てて選曲。SATOさんの案でSweet Home Chicagoをやりました。私は着替えたので、普通のロック姉ちゃんに変貌しています。
image_4.jpeg 写真 5 74.jpg 

水木ノアAND認知のドラムだった真吾と。真吾が自分でやっているバンドで被災地に行って演奏することを考えているとのことで、色々話が出来ました。
image_3.jpeg image.jpeg

ジョニー交えて
image_1.jpeg
まとめてみた
??

ライブ終了後。演奏者全員とお客様で。
?? 3 ?? 1

ジョニー犬塚ブルースバンド、Vo&Gt ジョニー犬塚 B 栃原優二 Dr 藤井マサユキ。強力なメンバーで2ステ目は私もかっこいい演奏を堪能しました。こうやって長年共演を積み重ねてきたメンバーなので息も合い、何かあった時の立て直しもスムーズ(笑)。ブルースは即興的な対応が非常に求められますが、皆を見ているととても勉強になります。
どこまでもどこまでもキリがない深い音楽を、昨日よりも今日、今日よりも明日、もっとわかるようになりたいものです。

誰のお客様でもない初めて見にきてくださった初対面のお客様が、とても良かった!!と言ってくださったのでとても嬉しかったです。
御来場の皆様、ありがとうございました。Blue Heatさん、お世話になりました。
写真 1



FC2blog テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

エアロスミス歌う衣装とは思えないが(笑)。こんな格好でROCKもいいかと思います。アメリカではこういうことも多々ありますしね。ただ、あまりこれからはないと思う。長野で使う衣装になるでしょう。これからのオリジナル曲での衣装はちょっと方向転換するので、それまでの準備としてある今の時期は、ちょっと遊んでやろうと思いました(^_^;)
1_20130301025434.jpg

Shocking BlueのVenusが一曲目。その後Rag Doll(空耳アワー「はっつあん、入れ歯のジジィ」で有名)。確かにスティーブンはそう言っているようにどうしても聞こえるのですが、歌詞は「Hot time,get it while it's easy」です。イッツイージーの「ツイ」の部分が、ヅイとまとめて言われるので、そのあとのeasyのヅイーがまた来て、ヅイーヅイーになるようだとわかりました。
2_20130301025438.jpg 22.jpg

外国人のお客様だと、英語の人だ!と思っちゃうもんですが、今回の白人のお客様はフランス人で、ジョニーや2st目で歌ったsatoさんがカタコトフランス語で対応してくれました(笑)。

SATOさんが歌っている時に私が撮影した演奏メンバー達の写真。
14.jpg 54.jpg

ベースの優二さんは、ゴダイゴのギター浅野孝已さんと、バンドTAKAMI ASANO GROOVY COMPANYをやっていて、CD持参で来たので買いましたっ!(^O^) 近々ライブなのでそれも観に行こうと思っています。ミッキー吉野さんとも演奏予定があるそうです。15年くらい前にクロコダイルでサインをもらったことがあるんだ。覚えてるかな。。。覚えてないよな〜〜!(笑)
「君、何かやってるの?」「へ、へい、歌を。」「そうか。続けなさいよ。」という一瞬の会話もありました。優二さんがミッキーさんとやっているなんて、すごく驚きました。といっても繋がっていておかしくないんですが、私の中でとても印象の強いミュージシャンの一人なので、とても嬉しいんです。

そして浅野さんと言えば。。。昔所属していた音楽事務所で、数年前に浅野さんがプロデューサーで関わっていたという風の噂を。私はまだ浅野さんとは面識がありません。今度ライブでお会いできるのかな!
そしてその事務所に一緒にいて私のバック演奏をしてくれていた高野真吾が今日のライブに見にきていたので、優二さん交え色んな話をすることができました。
みんな繋がってきていて嬉しいです。
昔やっていたロックバンド「水木ノアAND認知」のドラムですよ!懐かしいったらありゃしない!彼とはまた交流が再会して、よくやり取りしています。先日は私の地元二本松にある音楽合宿所イノセントエイジに行ったそうです。泊まり込みで音楽を作る場所として、なかなか有名なところなんですよ(^O^)
なんか不思議な縁。写真が高野真吾です。
65.jpg

藤井さんに、開口一番髪の毛切ったのか?と聞かれて、焦りました。全く切ってないんです、昨年のライブで会った時から。
最近考えていた事。髪の毛がなかなか伸びない(」゜□゜)」 そして色々分析して結局「顔が長くなったのではないか」というね(笑)。あるいは髪の毛が細くなったか。。。

老化現象!!!! 顔が長くなったような気がするのは昨年の春くらいからです( ̄・・ ̄) マスターも一緒になって、顔は長くなる、とか色々(笑)

これについては触れずにここでひとまず更新して、2st目のことを書きます(笑)。

FC2blog テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

【2013/03/02 02:18】 | 音楽・舞台活動関連

昨日は
SATO
めちゃ楽しかったですねー
ROCK魂、MC魂!はじめて会ったとは思えず
次回共演はなんか、二人で仕込みましょうね(^ ^)
ストッキングありがとう

Re: 昨日は
水木ノア
SATOさん!こちらこそありがとうございました!(^O^) とても楽しいライブでした(私じゃなくて、SATOさんを見ている時(笑))これからもよろしくお願いしますネ!
ストッキングは必需品ですもんね〜〜〜( ̄∀ ̄)


コメントを閉じる▲