シンガーソングライター水木ノアのすったもんだオフィシャルブログ 
7月8日のことです!今日は何日?今日は18日。。。もう10日もブログ更新してないのか。。。
とてもたくさんのことが一度に起こっていたので、かえってブログを書くのが止まってしまいました(汗)。
中央石毛千尋 右武藤香。この3人で、色々な施設を月1回のペースでまわっています。このユニットでは水玉がモチーフです。
私個人的にも水玉は大好き!!!丸くてキラキラなものが大好きだとプロフにも載せているのですが、水玉はいいですねえ。
DSC_0539(1).jpg

この日は大宮にある有料老人ホームみんなの家南中野というところで演奏してきました!
DSC_0077_20120718210327.jpg

演奏の途中で、必ず皆さんに体を動かしてもらうコーナーを設けています。担当はヨガインストラクターの香さん。なにしろ香ちゃんて、ほっそーくて、やわらかーいのだ。
施設の皆さんも結構体を動かして下さいます。80歳を過ぎていても、体は全然問題なくお元気な方もおり、もっと激しい運動でも大丈夫な雰囲気を醸し出している方もいますね(^O^)

昭和の名曲を中心に演奏するので皆さんとても楽しそうです。オリジナルももちろん歌うのですが、この日の私の意識はいつも「お客様がずっと慣れ親しんで来た音楽を、私たちが生で歌うことでお客様が元気に、笑顔になるためのライブ」。
だから適当には歌えません。歌い手が違うのでアレンジはあるものの、歌詞については一言一句間違えない。

いや、「間違えない」というよりは「間違えてはならない」という方が正解。なぜか?

たまに間違えてるから。こっそり(爆)

ある時どどどどどーーーんと落ち込んだことがあった。
それは

お客様がよく知っている歌を歌っている時のこと。お客様が一緒になって歌っていたのですが、私が歌詞をつい間違えました。
お客様はどうしたか。。。。

間違えた私の歌詞に合わせて、言い直しているのが口でわかったんです。

落ち込みましたねえ。。。。

私の歌詞の方が合っていると思って直したのか、私に気を使って一緒に歌ってくれたのか、それはわからない。
しかしどっちにしたって、歌手として落ち込む現象です。

だめです。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

ロックバンド博多めいぶつしぇいむれすのサポートの時に共演させていただいたドラマーの井上勇人(ハヤト)さんと。
インカメラがないスマホを1年使って、カンでようやくなんとかここまで被写体を入れることが出来る様になりました(笑)。
DSC_0599_20120708234815.jpg

思い出すなあ。しぇいむれすのサポートはとても楽しかった。しぇいむれすのメンバーはみんなとても良い方で、面白かった。夢さんの聞きしに勝る天然ぶりも楽しませてもらった。久しぶりにベースのいづみ嬢にも会うことができ。

あの後、勇人さんから連絡があって、いづみさん経由での長崎ー上海船上での演奏の仕事の打診がありました。その時ボーカル以外のパートの方々を探しており、私の知人の安村今日子ちゃんのそのまたお知り合いの方を紹介させていただくことになり、とにかくなんだかんだと人のつてのつてのつてみたいな状況でメンバーが決まり、そして無事に終えて帰って来た勇人さんと会合。
私自身は何もしていないような感覚ではあるものの(笑)、勇人さんが是非お礼をということで、お土産をいただいたわけです。

音楽の仕事で、なおかつ私が全く経験したことのない仕事の話はなかなか興味深いものがありました。一度はやってみてもいいかなあなんて思ったりもしました。

また皆で会いたいな!

FC2blog テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

先日は、パピーズで知り合ったミュージシャン仲間の清水秀樹さんのご紹介で、女性シンガーにボイストレーニングをさせていただいたのですが。
私は講師を日常的にやっているわけではないので、ご依頼があった時にだけ行うのですが、清水さんからのご依頼を皮切りに、なぜかその後昔バンドを一緒にやっていた林君、以前しぇいむれすで共演させていただいたジーコ、と、ボイストレーニングの電話がたてつづけにあったんです。

そして私にコンタクトを取って来た3人は全員ギタリスト、そして内容は、「自分ではなく、知り合いのシンガー」のボイストレーニング。
全く同じ状況が3日間突然続くって、なんだか不思議で、3人目のジーコから久しぶりに電話があって、どんな用事かと思ったらまたこれだったから、心底驚きました(笑)。

まあ、たいしたことではない、偶然だ、と思えば思えるけれど、私はどうもそうは思えなくて。
かといってこれがどんなメッセージを持つものなのかもわかりませんけれども(^。^;)

先日、秀樹さんからのご依頼のボイストレーニングは無事に終了いたしました!私も人に教えるということが自分自身にとっても勉強になることなのでご依頼がある限りはできるだけ引き受ける所存です。
そのためには、自分自身の努力も継続して行わないといけませんね。

改めて、自分の歌の精進について、考えました。最近はライブが多いのでそのリハも含めて全力で歌う機会は多いですが、日常の練習や暮らし方についても、これを機に再考してみようと思います!

FC2blog テーマ:楽器 練習 - ジャンル:音楽

先月ゲスト出演した舞台の脚本・演出をなさった主宰の咲さくらさんです。舞台後髪の毛をばっさり切ってボーイッシュになり、もっと年齢が若く見えるようになりました!私も髪の毛を切った時に「若返った」と言われてとても嬉しかった記憶があるけど「若返った」という言葉自体がすでに「年を取っている人」というイメージもあり苦笑した記憶も(笑)。
DSC_0302_20120703024902.jpg

この舞台では、募金箱を置いてお客様からの義援金を募ったのです。それがなんと2万7千円にもなったとのことで、私が責任を持って福島県へ寄付するお約束をしました。私がライブをした日は、被災地に行かないとわからない、直接被災者から聞かないとわからない話をさせていただきました。
募金をしてくださった多くのお客様に心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

私はオリジナル復興Tシャツを作って販売していて、そのお金もまた少し集まっているのでそれも合わせて持って行くつもりでおります。

さくらさんから
DSC_0299.jpg

私へ
DSC_0300.jpg

確かに手渡されました!証拠写真。この写真も新聞に掲載されるといいな。記者さんに要望を伝えてみます。

そして舞台のDVDもいただきました!
DSC_0301.jpg

何しろアップしなければならないものがたまっているんです(T_T) どうしてできないかっていうと、時間は全くないわけではないんですが、私の作業時間は、出来る人の多分10倍かかるからです(泣)。
2時間あればできるはずのことが私にはできないので、一日中オフの日でないとなかなか完成しない。
いつになることやらなんですがとにかく地道に作業は進めます(ノ><)ノ

しかし神楽坂っていいところだよなあ。。。帰りに、二人で少し遠回りをして散歩しながら駅に向かいました。さくらさんから神楽坂の良い物件情報も聞いた。次はここかな~~~~~
ただ好きなだけではなく、とても縁もある土地なんです。
渋いな~~~神楽坂。

FC2blog テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

浅草寺観光の後、仲見世商店街に入りました。ここはとても楽しかったです。

とても良い線香の匂いがしてきて、「これだ!この匂いだ!」と思った私はすぐその店に入り、店主に「今たいているお線香はどれでしょうか?」と聞きました。
すると早速「これですよ」と出して来てくれたのが「沈香」というタイトルの紫色の線香。普段買う線香の5倍くらいの価格でしたが(^。^;)この日は奮発して購入。

それと数珠をなぜか探しまわりました。近々キリスト教じゃない知人が亡くなる感じがしたんです。私は数珠を持っていなくて、それがなんだか気になっていたものだし。。。その日、小野ヤスシさんが亡くなったことが帰宅してからわかりました。このことについては別途書きます。

線香と数珠を買って、その後色々と見て回りました。招き猫と、龍の置物を買おうかどうしようか迷ったのですが、この後神楽坂に行く予定があったので荷物になるのでこの日はやめておき、見るだけにしておきました。

後で浅草に、何にもないオフの日に行ったら、それらと、「普段部屋着として着る着物」を買おうと決めました(笑)。なんていうんでしょうか、浴衣でもないし、ちゃんとした着物でもない、言うなれば舞台衣装で花魁が着ているような襦袢みたいなやつです。薄くて軽い。ネグリジェの日本版みたい。
なんて色っぽいんでしょう!(笑)それを着て部屋をうろうろしているのは想像したらへんかもしれませんが、なんか楽そうだし、斬新でいいじゃないですか!もちろん宅急便が着たらそれでは出ませんよ。狙われますからね(爆)。

でも、部屋での過ごし方や着ているもの、部屋の雰囲気っていうのが、創作に関係するんですよ。私は邦楽ではないんですけど、この襦袢みたいの(あくまで、ちゃんとした襦袢ではなく、なんだか衣装みたいなやつなんです)で過ごして、ろうそくなんか立てて、お香を焚いて、瞑想したりしたら(すんげー怪しい人)なんか新しいことが思いつくような気がします。

普通じゃないことをやるには、普通の生活じゃだめなんです。私は普通じゃないと思っている人もいるかもしれないけれど、結構生活が普通だと自分では思っているので、なんかこう、斬新なことをあえてしてみるっていうのをやってみようかと。

ま、言うても(よく大阪の人が使う方言。意味はよくわからない)実際買ってないんですけどね!(笑)

近々はオフがないので、実現するのは8月になるでしょう。あ。ネットで買うか!(爆)

浅草はとても楽しかった。家から出て芝居を観て神楽坂に向かうまでに1万歩になっていました!久しぶり。

FC2blog テーマ:東京 - ジャンル:地域情報

DSC_0290.jpg

とても緊張していたので、楽屋で一人気合いを入れているところです。

雲の上のノア、といいたいところですが、単に大きなビニール袋の上に立っているだけです(笑)。というかなんかオバQみたいになってました。
DSC_0286.jpg

数年前、福島在住だったシンガーUmiさんと、中合デパート新春歌謡ショーで共演させていただいたのですが、Umiさんの義理のお父様、阿部さんから今回のお話をいただきました。ちなみにUmiさんは現在お子様を連れて東京都へ避難してきております。

2ステージあり、1ステージ3曲ほどずつ歌いました。年齢層を考えて、オリジナル曲に加え昔のヒット曲を国内国外いりまぜて選曲。

ここには父の友人や先輩がたくさんいるので、阿部さんが私の父のことも紹介してくれました。

そうしたら、ライブ終了後、私の父が昔経営していた英語学校で息子が習っていたという方から声をかけてくださりとても話が盛り上がりました。実に私が4歳、その息子さんが中学生、私の父は30歳の頃の時代です!その息子さんはもう50代、私も40代、そんなに昔のことなのに、私の父の名前、私の本名を阿部さんからご紹介があった時にすぐ思い出して下さった。
うーむ地元ってすごい!

他にも、以前私がやった福島での様々なイベントコンサートですでに観て下さっている方々からもいらっしゃり、声をかけてくださいました。

終って着替えに戻ろうとしているところに父が大学を終えて会場を覗きにきました。そこで父も旧友と再会し盛り上がっている様子です。

今回のコンサートはいつになく緊張していました(^。^;) ロータリークラブにいらっしゃる方々というのは、私の経験による勝手なイメージなんですが(笑)、英語など外国語が話せる人が多く、人生経験も波瀾万丈、社会に大きく貢献している方々が多く集まっているため、こういう方々が大勢集まっているところで歌を歌を歌うと、「社会の目」みたいなものを感じるのです。実際ロータリークラブで歌を聴いてくださるお客様は「そんなことねーよー!」とおっしゃるとは思いますが(笑)、若い方々の前で歌う時、このような集会で歌う時、ミュージシャンだけの集いで歌う時、不特定多数の野外で歌う時、もちろんその時その時によって気合いとかレベルとかを変えるなんてことは全くなくいつも全力なんですけど、「お客様からこちらに向かって来るエネルギー」はその時々により違ったものを感じます。

この日はライブが終わってから皆様に,是非頑張ってくれ、もっと色んな歌を聴きたい、福島のイベントにはまた是非、というようなことをおっしゃってくださり、本当に有り難く、また頑張ろうと思うことができました。

呼んでいただいた阿部さん、ロータリークラブの皆さん、そしてホテル辰巳屋の音響の方、本当にお世話になりました。ありがとうございました。

FC2blog テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽