シンガーソングライター水木ノアのすったもんだオフィシャルブログ 
明日29日は錦糸町パピーズで私のソロライブです。
舞台稽古中まっただ中、一人迷惑をかけている不届き者です。。。。

明日のライブは全力投球で、そして舞台稽古に戻り、全力投球で舞台に挑みます。

ご都合のよろしい方是非おいでください。20時からの私の演奏が終わると、21時からバータイムになりますので、いつもよりゆっくりと、来ていただいた方とお話ができます。それもとても楽しみで。

18時半からのMaxiahライブでは、1曲ピアノ伴奏で参加します。こちらにも間に合えば是非。
チャージ 1500円

錦糸町パピーズ
http://www.pappys.co.jp/

ソロライブ2回目となりました。ブランクのあった弾き語りも、感覚を思い出して来ました(笑)。そして弾きながら、(私は回想にふける癖があるので)まだメンバーが集まらなかった時代、一人でやっていた時の頃を思い出したりして、いろんな感情がわき起こって来ます。そのあと、バンドを8年やり、そしてまたソロになり。
生きているといろいろなことがありますけれど、楽しい事も辛い事も何でも、経験することによって人は変わって行く。私はあれからなにが、どのくらい変わったのだろうと思いながら、一人スタジオにこもり演奏していました。
良く変わっていてほしい。でも自分では自分のことはよくわからない。昔の純粋な気持ちはそのままだろうか。嫌な人間になっていないか。知らないうちに人を傷つけていないか。音楽に対する情熱は昔以上か。。。
新曲「春」を歌いながら、そんなことを感じます。そういうことを、感じさせる曲でした。自分で作ってみて、完成して初めて思いました。たとえ自分は純粋じゃなくても、できた曲は自分から離れて純粋なような気がして、この曲を純粋な気持ちで歌えるように、自分を純粋に保つ。。。そういう、複雑な心境が出て来た今日このごろ。うまく書けないなあ。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2008/06/28 20:40】 | 音楽・舞台活動関連


ヤマネコ@大阪
新曲聴いてみたいです!舞台も観てみたい。
しかしながら、舞台のある日にライブはないし、ほんま、近かったらと思うわ。

早くソロになったノアさんの歌聴いてみたいです。




はやし りん
ソロ・ライブ、お疲れ様でした。
今回は伺えなくてスミマセン。

いろんな通り道で色彩の変わる音楽。
これは様々な感じ方ができますね。
「今」が楽しい音楽、
「過去」になって楽しさが分かる音楽、
「苦しさ」が「今」を楽しくしてくれる音楽。

一緒に歩んできた仲間達と過ごした時間は
今の自分に多くの色を残してくれているのですね。

再びノアさんの歌と共に過ごす時間を
楽しみにしています。

コメントを閉じる▲
20080625214816
中央線の中で二人の御婦人方がこんな話をしていました。

鈴木さんのお嬢さんのときの引き出物、あれには驚いたわよねえ!

そうそう、長く生きてるけど生まれてこのかた、ああいうのは初めてだったワ!

悪いとは言わないけど、でもどうなんでしょうかねえ…

しかしやっぱり後にも先にも、アレを引き出物にする人って、私いないと思うわ。

知りたい。引き出物はなんだったのだ。

写真は稽古後の恒例稽古場プチ飲み会。

【2008/06/25 21:48】 | 日常の出来事

わても
ヤマネコ@大阪
アハハ(^-^;
そうまで言われる引き出物って、なんやったんやろ。
気になるな~(笑)



ノア
でしょ~~~!(笑)
その引き出物って、一体なんだったんですか?と、アメリカ文化とかだったら聞いちゃえるのかなー。日本人って、知らない人の話を聞いてそれに混ざるってこと、よっぽど飲み会で盛り上がってる時とかじゃないとしないですよね。あのシチュエーションだと無理だったな~。


コメントを閉じる▲
覚悟の土曜日がやってきます…。ひとつところに長ーくいるより場所を移動したほうが性に合っている私としてはいいのかもしれないが。
朝7時からは神保町で稽古を開始している…。その後1コマ塾講師。その後アジアシネマギルド。その後上海の稽古。上海はやむなく途中参加。
ブログでは初めて書きますが、水野晴郎さんのご冥福を心からお祈りします。先日、シネマギルドに行ったら水野さんの遺影が飾ってあり、しばらく眺めていましたが、どなたもいないので置き手紙を書いて帰ろうと思って机に向かっていたら西田さん(シベリア超特急出演、役者&プロデューサー)がいらっしゃり、思わず抱き合って私は泣いてしまいました。水野さん死去後二日後のことでした。私は映像の世界はまだまだ知らないけれど、水野さんの残した功績を少しでも受け継いでいける人間になりたいと思いました。
ところで私はスケジュールが細いから、たいして働いてもいないのに余計に忙しい感じがする日々を送っているのだけど、それを見抜いた西田さんから、忙しくしないと安心できない性分はわかるが、もう少し余裕を持って暮らしたまえと指摘され、ふと自分の毎日と、その毎日が醸し出す自分の雰囲気を、改めて振り返る機会を得ました。

20080617233235.jpg
20080617233238

今日は上海舞台の楽隊リハ。久し振りの方とお初にお目にかかる方と。洋一郎君の適切なご指導とミュージシャンの方々とのお陰で、自分の担当も把握でき、あとは私がいかに練習し体に叩き込むかという課題。

話は飛ぶのですが私は今いろいろ考え事をしています。江戸川乱歩→別な作家→江戸川乱歩→別な作家→江戸川乱歩→…といいう感じに電車の中を過ごしている今年。昔から私には、考え事をしなければならない状況のとき、いつもより小説を読んで、その現実考えねばならないことから逃げる癖があります。逆に言うと、小説を読みたくなった時、それは無意識に、何か問題が発生していることを悟っていることになるとも言えなくもない。
江戸川乱歩に手が伸びる時は特に要注意。
最後の写真は、丸子の息子小太郎(左)と14歳になるけれどどこも悪くない元気なじいさんマイケル。

全く脈絡のない、稚拙な文章だ…。恥

20080616213723

20080616213720
携帯から書き込んだほうが楽らしいことに最近気付いた私。
稽古の日、佐久間役のかっきいさんが、珍味ラムネを持ち込んで来ました。カレー味、タコ焼き味、ワサビ味、杏仁豆腐味、それからケーキソーダなど。カレー味とタコ焼き味は…マズかった(笑)。これはうまさを期待するのではなく話のネタに、という商品なのでしょう。カレーは特に、見た目がラムネなのに完全なるカレーの匂いがするのには不思議でした。ワサビ味はサッパリしていて意外によい。珍しいものを味わいました。
日曜日の千秋楽のチケットはもう完売だそうです。お早めにご予約を。

ようやっとボイトレ本第一弾の原稿が終了したと思われます(推測)。

ところで。先日、元警視庁捜査一課の刑事で、今は防犯について全国で講義をしている方、下なんとかなにがしさん(全然名前覚えてないじゃん)がテレビで、女性の一人暮らしとバレないように生活する方法を講義していました。
私は女性の一人暮らしですから、ちょっと見てみました。それらの内容は納得したのですが、それに加えて私は、普段何気なくやっている、「オリジナル女の一人暮らしとバレない方法」があるんです。それは講義の中には含まれていなかったので下なんとかなにがし先生もまだ思いついてないのかもしれない。

こういうこと、やっている女性いますか?
これは私の例です。
マンションに着いて、オートロックの鍵を開けます。その時点で万一自分を尾けて来た男がいたとして、オートロックが空いた瞬間に一緒に入って来たら、男を先に行かせます。普通に住人だったら何事もなく自分の部屋へ向かうでしょう。でも見覚えがなく、住人ではなかったら、自分が先に立って歩いてはいけません。もちろん部屋に入るところを見られてもいけません。とりあえずどっちだかわからないので、私は必ず荷物の中をあさったりポストを見るフリをして、男性を先に通します。エレベーターに乗って姿が見えなくなったら自分の部屋へ向かう。

次に部屋に入ってから。これは特に、玄関ホールの外から建物を見上げた時に部屋の窓が見える作りになっているマンションの場合に言えることですが、うちもそうなので、まず、部屋に入ってから10分間は、部屋の電気を付けないんです。これ、やってる人いる?
どうしてかっていうと、以下は私の勝手な考えね。万一男が尾けてきていて、マンションの場所はわかった、次に、オートロックから中には入りさえしなくてもとりあえず目当ての女がどの部屋か、それを知るためにしばらくそこに立っていると想像するのです。
表玄関を入って数分後に、ある部屋の明かりがついたら、そこが目当ての女の部屋だと推測されてしまう。しかし、女が入ったのにどこも電気が付かなかったら、女が入った部屋にはもともと誰かがいて、もともと電気が付いていたと考えられ、その女は一人暮らしではないと思ってもらえる可能性がある。
というわけで、私は部屋に入ってから、部屋の電気を10分間は付けず、暗いまま色々やってます(笑)。ただこれが2階建ての小さいアパートだったりするとこの方法はあまり意味をなさないけれども(昨年まで私が住んでいたようなところ)。
暗いまま、まずは玄関に出迎えている丸子に餌をやり、その後バスルームに入っちゃって、トイレとかメイク落としとか済ませちゃう。ちょっと変な行動ではあるのだけど、女の一人暮らしが長い私にとっては、欠かせない行動パターンなのであります。

ただね、私の後を、男が、マンションまで尾行してきたという感触、今まで一度も感じた事はないんだけど(爆)。
終わり

ライブ後、また風邪がぶり返しています。。。今日は、絶対休みたくなかったワークショップをやむなく休んでしまった。。
西村雅彦さんは今回毎週いらしてくれるので本当に嬉しい稽古なのに、体調が悪い事をまぢで呪う本日でありました。。明日は頑張るぞ!!!!
西村さんは普段、何か発言をするのにじーーっと考え、しばらくしてゆっくり、アドバイスをしてくれます。私たち若僧の話も、ゆっくり頷きながらしっかり最後まで聞いてくれる。いつもテレビや舞台で観ているテンポのいい、アグレッシブな西村さんのイメージが強いので、そのギャップになんだか感動しました。

私はサンディ役。台詞がある(当たり前)。