シンガーソングライター水木ノアのすったもんだオフィシャルブログ 
ひたすら本を読んでいる
作曲などそっちのけで、ひたすら本を読んでいる。

本を読んでいる間に朝になり、昼になり、そのまま夜になり少し寝てまた本を読んでいる
ここ2か月、バイトも適当に、リハとかレコーディングがある時以外はひたすら本を読んでいる。なんで本を読んでいるのか、わからない。
どんな目的があるのか自分でもわからない。どうして読書をしたくなったのかもわからない。
ただひたすら本を読む。本を読んでいると、どうしてだか安心する。本を読んでいると他を忘れる。やならきゃいけないことも、むしゃくしゃすることも、忘れる。

雑誌も、小説も、自伝も、オカルトも、芸術も、なんかのマニュアルも、とりあえず読む。読む。読んで寝る。起きて読む。ひたすら黙々と、活字を読む。
面白くなくても、我慢して読む。
家からは出ない。読む本がなくなったときは出かける。リハには行く。でも帰りに本を買う。
そして次の日の朝まで、本を読む。
私が知りたいと思っていることの答えが、どこかに書いてあるような気がする。何かの知識ではない。
生きるための活力か。
そんな感じのもの。
魂とか、生き甲斐とか、そういった内容からはほど遠い、電話の歴史でも、とりあえず読む。そこではたった一つの狭い狭い物事に関して、これ以上ないくらいの、そして、そこまで研究して誰のためになるのかと思えるほどのしつこい追求をしている人が世の中にはいることを知った。
何かが欲しい。そう思ったらここ数カ月、ひたすらオールジャンルの本を読み始めていた。
しばらく続く。
自分が満足するまで。
スポンサーサイト