シンガーソングライター水木ノアのすったもんだオフィシャルブログ 

あるにおいを嗅ぐと、突然昔のある時代を思い出すこと、って
ありませんか?例えば新しく購入したシャンプーを使った時、
突然学生時代のある夏の日を思い出したり、通りすがりの人の
香水の香りをかいだ瞬間、突然あの日のことが蘇ったり。嗅覚
というのはなんか、とても記憶と密接につながっているようで
す。

今日の日記はにおいではないんですけど、音楽にもそれに似た
ような現象がよくあります。ある曲がゆうせんから流れてきた
時、突然ある時代のことを思い出す。いもづる式に出てくる。

先日私はいつものスタジオに行ったのですが、その時間にはロ
ビーには受付のスタッフ以外誰もいませんでした。夏になって
きたのでまだ少し明るい夕方の時間。入った時、お客が誰もい
なかったせいかBGMが流れていなかったんです。ずいぶんと静か
だなーと思いながら椅子に座って、外を眺めていました。
数分したら、スタッフの人が音楽をかけたんですね。。。あ、
ビリー・ジョエルのHonestyだ。。この曲が流れるといつも思い
出すことがあるんです。その時も例にもれず、やっぱり出て来
ました。

私が初めて上京して一人暮らしを始めた頃、何がなくても音を
出せる物が早く欲しい、と思い、一番仲良くなった女友達
(下の怪談其の二に登場してます(笑))と、池袋の量販店に
ミニコンポを買いに行ったんです。一人では持って帰ってこれ
そうになかったので、一緒に行ってもうらうように頼んだわけ
です。で、帰りに、CDやレコード類を全部実家に置いて来てい
ることに気付き、かける音楽がないね、ということでお金もな
いし1枚だけCDを買って帰ることにしたんです。その時に選ん
だのがビリー・ジョエルのシングルカット集でした。家に帰っ
て来てコンポをセットして、最初に聴いたのが、これ、Honesty
でした。しんみりしました。あー。東京に来たんだなあ、と歌
詞とは全然関係ないことを感慨深く思ったのを記憶しています。

その後数カ月、結局次のCDを買う余裕がなかったのでかなり長
期間に渡ってこのCDだけを聴いていたんです。まだ上京して間
も無いので遊びに行く場所もよくわからず、大学と自分のアパ
ートの往復だけだったあの頃は、帰宅してずーっとこればっか
り聴いていました。でも何度聴いても飽きなかったんですねえ。
ビリー・ジョエルの曲はどれも印象的な曲が多いですが、やっ
ぱりHonestyが一番好きで、寝る時に1曲リピートにしてヘッド
フォンをかけて布団に入っていました。どんだけ好きなんじゃ。

それに極め付けは、当時付き合っていた男と別れ話をするとき、
バックミュージックで流れていたのもHonestyだった(苦笑)。
私の部屋で二人して正座して向き合い、言いにくいことをぽつ
りぽつりと話始めた時、バックにはHonestyが。
要するに、その時の彼氏とはまだ次のCDを手に入れる前の数カ
月の間に別れたってことです(爆)。この思い出も鮮明だけど
他に上京して初めて経験した色んなことや、家に遊びに来た友
人たちのことなど、とにかくHonestyが流れると私は止まります(笑)。

他に、モーツアルトを聴くと高校3年生の冬を思い出します。
高校2年に知り合った大学生の彼氏に、モーツアルト全曲集
のCDをもらったんです。モーツアルトを聴くと頭がよくなると
言う噂もあったので受験勉強中ずーっとかけていました。
高校3年生の冬の終わり頃、モーツアルトの曲はほぼ全曲聴い
て、受験も終わった、と、一種の達成感を感じ、それを伝えよ
うと思ってモーツアルトの交響曲集をくれたその彼氏の家に
遊びに行こうと思い電話したのだけど出なくて、暇だったの
でアポなしで行ってみたら、なんと家財道具一式と共に姿を
消していました(笑)。何の連絡もなく。昨日電話で話した
のにですよ!信じられない!ダンダン!(机を叩いている音) 

ま、そんなこともありましたな。

ハウンドドックを聴くと中1の頃、エレファントカシマシの
[愛と夢]のアルバムを聴くと27才の夏、ひとりで高速道路を
飛ばしていた時のことを思い出し、パコ・デ・ルシアのベスト
盤を聴くと、その1年前の26才の夏を思い出します。
皆さんもそういった曲って絶対あると思うんです。そういう思
い出が重なってしまうと、その曲のイメージも変わってきちゃ
うんですよね。それまでは何の気なしに聴いていたものが、あ
る強烈な時代や出来事の最中に流れた音楽だったりすると、そ
の後のその曲が、自分の中で変わるんですね。上にあげた曲は
結構悲しいことを思い出すので、そのアーティストには申し訳
ないことに、その曲が流れると悲しくなっちゃうんです。
自分の曲も将来、そういったことになるかなあとなんとなく考
えました。自分の曲が色んな人の思い出の中に入り込み、例え
ば[恋歌]がどこかで流れて来たら、ある時代の記憶が突然出て
くるんです、という人が出てくることを想像すると、私の作っ
た曲が確かにこの世に存在して、ある人の人生に関わっている、
それはとても嬉しいことだな。。と思いました。心を込めて演
奏しよう、と思える瞬間でした。いつかって?スタジオでスタ
ッフがHonestyを流した時ですね~。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:音楽 - ジャンル:音楽