シンガーソングライター水木ノアのすったもんだオフィシャルブログ 
ノアが今度見たい映画は戦国自衛隊1549です。先日、最初の戦国自衛隊を借りて来て見ました。主役は千葉真一。1549の方は江口洋介ですね。長尾景虎(上杉謙信)は、今回は織田信長になるとのことで、スケールがさらに大きくなるとのことで楽しみ。
原作の戦国自衛隊は最初、タイムスリップするシーンの映像表現はウルトラマンかと思いましたが(笑)、何しろ昔の映画ですから。ストーリーはとても面白かったです。タイムスリップしたら、いる場所は同じ浜辺なのに、なかったはずの岩や、まだ海になっていない河辺のような地形に変わっていてびっくり仰天する最初のシーンなど、リアル。

本当にタイムスリップしたら人間って実際どんな心境になるかは、永遠にわからないテーマではありますが、私はにしきのあきら(が演じた役)タイプだと思いました(笑)。場所を移動したら、時間が戻っているかもしれないとか根拠のない事を思ってしまう。タイムスリップ自体なかなか現実的ではありませんが、もしタイムスリップしたとして、場所を移動したら時間が元の昭和(平成)に戻っているかもしれないという考えは、タイムスリップ以上に矛盾した考え。時代の違う地球に行ってしまったら、地球上どこを走り回ってもその時代でしかないのに、本当にタイムスリップしちゃうと、慌てちゃって人間て何を思うかわからない。何かかすかな希望を抱いてしまうんじゃないかと。

ところで、タイムスリップして戦国時代(1540年あたり)に行ったら、本当に会話は通じるのかちょっと不思議に思いました。たかだか460年くらいの差だからある程度通じるのか、それともその差は大きく、全く話は通じないのか、言葉に詳しい学者などに聞いてみたい、とっても興味のあるところです。

話がそれますが昔、言語学者が平安時代の会話を再現して、音声にしたものを公開するというテレビ番組を見た事があります。当然のことながらそれはまったく、今の日本語ではなく、異常に言葉と言葉の間が長くて(伸ばしている)、まさに宇宙の言葉みたいだったのを記憶しています。昔の言葉をそのまま聞く、っていうのができるならまじで興味がありますな。

それにしてもタイムスリップもののストーリーって、作る方も、理解する方も難しいことが多いですよね。戦国自衛隊はストーリー的に悩んで止まる、ということはほとんどなかったけれど、だいたいにおいてタイムスリップモノは、最後まで見た時に、ええと、結局こういうことか?とか、あれがなければこうなっていたのか?とか、考えちゃいます。
しかるに、タイムスリップして何かした、ということそのものが、すでに過去のその時間にそれが起きていたという前提のもとに今の歴史が作られているわけですから、タイムスリップする、ということも、歴史の中で必然としてなければならないことですよね、こう考えると複雑です。

バックトゥーザフューチャーだって、あっちゃこっちゃ行きますけど、行った事がすでに過去の歴史の中に存在しているんですよね、行った時点で。だから行くことも決まっているわけです。複雑なストーリーの中で、矛盾がなく作られた話って、凄いと思います。しかしタイムスリップそのものが矛盾か!?

タイムスリップモノでとても面白かった映画が、「タイムマシン」。まさにそのもの(笑)。あまり有名ではないのか、それともツウの中では常識なのか、わからない。たまたまビデオ屋で見つけて借りてみたら、すごく面白かった。タイムスリップモノが好きで、まだ見ていない方がいらしたら、是非一度。スリップだらけです(笑)。そしてえらい範囲が広いんですよ、笑っちゃうくらい。一度今の人類が何千年後かに滅亡して、人類のいない地球が何千年も続いて、そしてまた前の分明とは全く異なる新しい文明が始まってしばらくたっているところに行くんです。スピルバーグのA.I.のような壮大さとか不思議感があります。

話がそれました。で、戦国自衛隊に戻りますが、私は歴史にあまり詳しくないのでヘタなことは言えないが、武田信玄との川中島の闘いに、自衛隊が参加した、ということですね?そして自衛隊が戦国時代に行っても、歴史は変わらなかった、ということでしょうか。もっと歴史に詳しかったら何倍も楽しめたかなあとか思います。

あの壮絶な戦国の闘いのシーンをバックに、ジョー山中のしみ入るブルースという選曲が、なんともかっこいい。闘いのシーンはかなり長い。そして、かなり当時の様子を再現しているように思えました。当時をこの目でみたわけではないけれども、首切り、槍、弓矢、色々な方法で人がどんどん死に絶えて行く様子が、実際の光景はこれよりももっとひどかったにしろ、実際人はこんなことをしてきたんだ!と伝えんばかりの激しさです。

ところで(またかい!)鬼平犯科帳を初めて見たとき、江戸時代の町並みが静かに延々と流れる映像のBGMがジプシーキングスのインスピレションだった時には、驚きと感動でした。このギャップ!ものすごくかっこいいと思ったのを覚えています。水戸黄門みたいに、時代劇に似合った、そのもの的な音楽も悪くないけれど、このギャップってかなり好きです。戦国自衛隊の選曲も全編に於いてこちらのスタンスでした。音楽よかったなあ!現代のブルースをバックに戦国のいくさ。余計に戦国時代の激しさが増幅されて伝わってきたのです。
結局、映像と音楽のマッチングに感動したノアでした。
スポンサーサイト

毎週欠かさず見ているTV番組があります。オーラの泉、って番組です。スピリチュアルな方はかなり御存じのことと。霊能者の江原さん(ここ数年かなり入れ込んでいて、彼の言う事はなるべく覚えておこうとメモを取ったりしている)と、昔から大ファンの美輪明宏さんがレギュラーで出演していて国分太一君が司会、毎週芸能人がゲストで来る、という構成の番組。ゲスト芸能人を江原さんが霊視、美輪さんも相当霊感の強い方でもあり、また豊富な人生経験から、今後の人生のアドバイスなどをするというような内容です。

先週は南野陽子さんがゲストでした。彼女のオーラは真っ赤だそうで。そう言われると、なんとなく体の周りにうすーくあかーく取り囲みが見えて来るような。。 私の場合多分気のせいです(笑)。
毎回興味をひくのは、美輪さんが見えているものと同じものが当然江原さんにも見えていて、美輪さんが、「あれは何でしょうか?」と江原さんに問いかけると、「やはり、お見えになりますか。あれはですね。。」と始まる。江原さんは、本人の生活や過去の人生などを指摘する際に、内容が本人にはドンピシャだったりグサグサだったりするのはもちろんですが、メッセージを伝えるまでがとても素早く、会った瞬間
にもう全てがわかるような感じなんですね。純粋に、見えたもの、伝えられたもの、をそのまま本人に伝えるんです。そしてそれが恐ろしい程当たっている。本物の霊能者は江原さん以外にもたくさんいますが、本物だとこうなんですね~。なんの細工も、気負いももない。伝わって来
たものを伝える、これです。これが、鑑定されていない私が見ていてもすごく伝わってきて、本当に面白い、というか、不思議。

美輪さん、江原さんというのは以前からそれぞれに対してファンだったのですけども、霊能者の江原さんを初めて知った時は、美輪さんと会ったらどうなんだろう、もうこの二人は交流があるかもしれないな、とか何となく考えていました。
そして美輪さんと江原さんの二人でのレギュラー番組が始まると知ったときはかなり嬉しかった。やっぱりね!と思った。この二人に交流がないはずがないと思いました。
私は以前から美輪明宏さんの著作を読んでるんですけど、霊的な視点というのももちろんそうだが、物事をものすごく広い視野で見えている人なんですね。ちょっとなかなか気付かない、というか、一生わからないで終わりそうなものです。
一般的ではないかもしれない、しかし読み進めて行くと、本当に納得です。知って良かった、と思う所がたくさんある、本当に心のためになる著作を多数出しているので、美輪さんの芸術ももちろんのこと、考え方や生き方にもかなり共感できる所が多い。最近美輪さんがまたメディアに多く出るようになったので、嬉しいなあと思っています。ファンだから気付いていたのかもしれないけど、ちょっと前まではあまり出なかった時期があったんです。去年かおととしくらいからだろうか、また頻繁に見る事ができるようになってきた。

それから、江原さんが言う事と、某占い師が言う事が全く逆の時があるので、どちらが本当かという判断はここでは置いておき、違う部分があると、自分はどっちが正しいと思うか、自問自答するのも結構楽しいのです。

ところで、私はオーラは見えません。見たいなあと思って、オーラが見えるようになるための訓練を、怪し気な本で試した事もありますが、全然効果なし。見えるようになりたいから訓練をする、というのではそもそも見えるようになどならないことは、気付いています(笑)。

昔、私が小学生の頃チックルチーコって双子の魔法使い?チックルかチーコのどっちかが魔法使いだったような気もする、そのアニメのキャラクターを仲良しの友達と演じ合って遊んでいた時があるんだけど、ずーっと、魔法使いになりたくて、真剣になりたくて、その親友と毎日魔法使いになる特訓をしていたのです。どんな特訓かって??
自分たちでメニューを決めて1年間に渡り続けていました。

1テレパシー 
お互いが思っていることを当てる練習(全く当たらなかった)

2空を飛ぶ練習 
本当に学校のホウキを持ち出して、校庭で、本気で空を飛べると念じながら飛び上がったりしていた。本当に真剣にやっていた。子供っておもしろいよねえ。

3魔法使いの遣いが降りて来るのを待つ
週に1回はどちらかの家に泊まりにいっていたんだけど、夜遅くまで空を見上げて、一生懸命、自分たちを魔法使いにしてくれる遣いの人が降りて来るのを祈っていた

4超能力をつける練習
当時スプーン曲げがブームだった。もちろん挑戦したクチ。そしてねえ、私の記憶が定かであれば、本当に、曲がったの、面白いくらいに二人とも。でももう今はそんなことできない。。