シンガーソングライター水木ノアのすったもんだオフィシャルブログ 
偶然のような、片方なくなる靴下に関係する事件発生。嘘のようなホントの話。

毎日、うちの前にうろうろしている猫達に餌をあげているおばさんがある日私に言った。
「今日はお母さん猫がなんだかヘンなものを食べたみたいで下痢してるのよ。今日の御飯全然食べないの。どうしようかしらね。夜になったらお腹すくわよねえ。その時私はいないのに。」
なるほど可哀想だなと思いながらおばさんとの会話を切り上げた後、私は出かけた。

そしてその日の夜中、なにやら私の部屋のドアの外でニャーゴニャーゴと激しい鳴き声が。よく聞くと玄関のドアをガリガリまでしている。なんだなんだとドアを開けると、茶色の猫が玄関の前で私を見上げ行儀良く座っている。これはいつもの2匹の猫のうち、子供の方の猫だ。「おやまあ!どうした?」と問いかけながら腰をおろすと、猫の足下にヘンなものが。猫はしきりにその物体を私の方へ鼻で近付けるのだ。拾ってみればそれは半乾きの男物の靴下である。「なんだこれはー?!」と言
って摘まみ上げるやいなや、猫は再びニャーゴロニャー!と激しく鳴き始め、少しばかり走って私を振り返った。

ははー、これは面白い。靴下は私への土産か。かわりになんか食い物をくれってわけだ。しかしこの猫はいつも猫おばさんが餌をやっているから他の人間にせびりに来たことはないんだけどなあ。珍しいな、と思ったときに、あ!思い出した。今朝母猫が下痢をしていて何も食べないとおばさんが言っていた。私をいずこかへ誘導しようとしているのは、きっと母猫の所なんだろう。

猫の行動の意味は大抵理解できる私はすぐにこの猫の要望がわかったので、「ちょっと待ってろ。」と言って玄関のドアは開けたまま、冷蔵庫をあさりカニ缶を見つけ(送ってくれた実家のお母さん、申し訳ない!)、それを持って猫のあとを付いて行った。

相変わらずニャーゴロニャー!と大きな声で鳴き、私がちゃんと付いて来るか心配なんだろう、しきりに振り返りながら走って行く。アパートの階段を降りてちょっと進むと、案の定母猫がおとなしく道路の隅に座っていた。私は持参したカニ缶を開けて差出すと、母猫は戸惑いながらも少しずつ食べ始めた。子供猫はそれを満足そうに眺めている。私はなんというか、思いもよらないところで親子の愛を目の当たりにして、ちょっとウルルした。

しかし、どこかのお宅の洗濯物からあの男物の靴下をかっぱらって来たんだろうけれども、私はもらってもどうしようもない上に、どこかの男性は、自分の靴下が片方なくなっているというわけだ。先月のノアのエッセイ「靴下の行方」を思い出す。
私の靴下も実は猫の土産に使われていたとか!んなこたない!

で皆さん、猫がそんなことするかいな?とお思いでしょう。それがするんですねえ。猫っていうのはこういう不思議に頭の回ることをすることがあるんです。狩りに出て獲得したネズミやヘビなどを、人間のよく見える所にこれ見よがしに自慢気に置いてみたりする。あるいは、いつも世話になっている人間がいる場合、その人への礼だったりするわけ。

しかし久しぶりに楽しませてもらいました。うち以外にもこのアパートには何戸も部屋があるのに、わざわざ私の玄関へ来るというのは、普段私が、自分に餌をくれる人間と仲良くしているのを何気に見ているんだろう。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:音楽

私は一人暮らしが長い。一人暮らし中の人や経験のある人はよくわかると思うんだけど、一人暮らしをすると自分の性格や行動パターンの全貌がいやおうなしに明らかになる。

私がまだ実家にいた高校生までの時代。うちではよく靴下が片方なくなるんです。自分以外にも人間がおりますから、当然自分以外の誰かのせいだと信じて疑わない。で、ぶーぶー親に抗議するわけ。洗濯するとどーして靴下が片一方なくなるのか!と。

そして念願の一人暮らしを始めた。靴下が片方なくなった。あれだけ実家で靴下がなくなったことが度重なっていたにも関わらず、一人暮らしを始めてから同じようなことが起こってもあれー、なんでだろな、くらいに思う、人間ってほんっと、バカ(笑)。

何ヶ月経っても相変わらず洗った靴下が片一方なくなり、どんどん靴下は減っていくという状況が続いてやっと、靴下が片一方なくなる原因はまぎれもなくこの私だったことに気付く。そうして、親に心の中で謝るのだ。

このように長く一人暮らしを続けていくうちに、今私がいるこの部屋の状態は私だけの手によって作られた状態なわけだから、誰に責任転嫁することもできず、どんどん自分の性格が自分でわかってきて、そして自分が嫌になり、それを通過して始めて、自分を知り、自分を改め、人は大人になってゆく。。 のか。

自分がやったかもしれないのにその可能性を頭から否定して人のせいにするのはどうか!! あいすみません。

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:音楽