FC2ブログ
歌手・ボイストレーナー・ボディセラピスト水木ノアのすったもんだオフィシャルブログ 
千葉県の障がい者施設で職員とその家族、入所者合わせて計86人が集団感染したことは皆さんもご存知と思います。

コロナのニュースが始まり、私の仕事の中で真っ先に中止になったのはボーカルインストラクターでもボディセラピストの仕事でもなく、3/11の高齢者施設の慰問ライブ、3/21の障がい者施設の慰問ライブでした。中止連絡が来たのはこの日程のもっと前ですから、かなり迅速な判断だったと言えます。これが、私の中で「いよいよ始まる」と思った最初の出来事でした。

もちろん、ライブハウスがライブを中止や延期にするのはライブハウス経営者やスタッフ・演者の生活に直接関わりますので、施設の慰問ライブの中止とは違う意味合いがあり、大変難しい流れが最初からありました。

施設の場合認知症の始まっている高齢者や、障がい者や精神疾患のある方々は、職員がどんなに気をつけようと、健常者が当たり前のようにやるうがい手洗いマスク、アルコール消毒、そして日々気をつけて感染しにくいような行動を簡単に求めることはできません。それらの行動を各々にきちんと行ってもらうことはとても難しいことです。医療現場で医療従事者の感染リスクが高いように、職員の皆さんも感染リスクはとても高い。
このような状況なので、施設の方はいち早くライブを中止にし、感染を拡大しないように急いで行動を始めたと思います。私はかなり早い段階からこの出来事があったため、すぐに認識することができました。

一方健康な方々が演奏し健康な方々が観に行くライブにおいては、皆なんともないから大勢集まることにあまり危機感を感じないかも知れませんが、そこに無症状感染者が一人でも混ざっていたら拡大する、もし本当に懸念が当たり爆発的な拡大をしてしまったら、それこそ日本経済全体が終わる、そう思ったので、心を鬼にして、早いうちから同業者であるにも関わらず行動を自粛してほしいと訴えました。

それは、同業者がコロナ収束後多くの人を敵に回さないようにするための策でもあります。特に私も関わる芸術関連で言えば、コンサートやライブや芝居を強行開催したことで人が集まり、そこから感染した、となれば世論はライブなんか芝居なんかやめてしまえ!という動きになりかねません。そうするとますます、この業界の人たちが収入を得るのが、コロナ収束後でさえ難しくなります。
そんなことないよと楽観視する人もいるかと思います。しかし「最悪の事態を考えて行動する。そうならないように。」という見方もあるのではないでしょうか。

といっても、私の主人はミュージシャンです。春にたくさん入っていた仕事がなくなったことも非常に辛いことです。出演者もライブハウスも辛いし、楽しみにしていたお客さまも辛い。

しかし例えばです。わかりやすいように日付を確定しますが、週末の4月5日どこかで集会(ライブ含め人の集まる類を全体的に集会と書きます)が開催され、多くの人が集まった中に感染者Aさんがいたら、ここで感染った人は4月17日に発症します。感染者Aさんはもう少し前に発症するかもしれません。
5日にAさんを含む多くの人が集まったことによりそこでかなりの人に感染していたとしたら、4月17日にどんと増えます。また、その2週間の間に、その大勢の人があちこち動き回りそれぞれ人にうつします。5日に集会に行った人から4月10日に感染すれば、その人は4月24日に発症し、5日集会感染者の発症直前4月16日に感染した人は4月28日に発症します。

いつまでたっても終わりません。夏になるとウィルスは収束するというインフルエンザのような例も、コロナにも言えるかどうかわからなくなってきたようなので(初期段階では夏には終わると投稿した医者はいました)生活上どうしても必要なことは行動しなければならないからそこは気をつけながら行動するとしても、ましてや集会をどこかでやっぱりやめないで継続されたら、それこそ、我々いつまで自粛するんだ、そのうち無収入になったり長期に渡りすぎたため鬱を発症する人や自殺者が出るぞ、という状況になりかねない。
だから、集会を企画する側こそが、そんな状況にさせないための行動や互いの連携、協力が必要ではないかと私は考えたのです。

このような状況を作り出しておきながら、その集会に行く前から感染していたAさんが仮に免疫力が高く(年齢は問題にしません、若くても免疫力が低い人もいるので)全くの無症状のまま通過してしまった場合、自分が感染し他人にも感染したことは一生気づかず人生を終える可能性もあります。

ライブハウスをこれだけ糾弾しておきながらパチンコ屋に一切触れないガン無視マスコミと政府にも呆れるかたわらそれだけ利権が関係していることがわかり、政府が心底から国民の命のことを考えているとは思えませんが、緊急事態宣言が出ようとも出まいとも、各々気をつけて行動をされ、辛いけれど集会を中止し、そして1日も早く通常に営業できる状況になり、倒産・店じまいが一軒でも免れることを祈るばかりです。
スポンサーサイト




緊急事態宣言が出されました。
対象の都府県のみんな、慌てないで過ごそうね。

個人的に以前から思っていることは、アメリカ大統領、エリザベス女王を始め、多くの諸外国では何か国民にメッセージがある時、記者会見ではなくカメラ目線で、テレビを見ている国民と目があうように話します。

災害ものや宇宙人侵略ものの映画で、大統領が国民へテレビを通して語りかけるというシーンはよくありますよね。現実にも今それが起きています。

が、私はいまだに安倍首相と目があった記憶がない。
やってるのを見逃しているだけだろうか?
いずれにしても日本のトップは、国民に直接訴えかけるという印象は本当に薄いのは事実だと思っています。切々と訴えて目があう印象があるのは、選挙の時。

緊急事態宣言の内容に対する疑問は多々あるし、批判している人は多いので内容はそれらの方にお譲りするとして、私はこういうところがとっても「内容が入ってこない」原因の一つではないかと感じておるわけです。

記者に対して話している首相の姿を見つつ、言った内容は記者が文字にしたものを見る。
日本の政治はこの方法で行く、と決めているんでしょうか。

千葉県の障がい者施設で職員とその家族、入所者合わせて計86人が集団感染したことは皆さんもご存知と思います。
コロナのニュースが始まり、私の仕事の中で真っ先に中止になったのはボーカルインストラクターでもボディセラピストの仕事でもなく、3/11の高齢者施設の慰問ライブ、3/21の障害者施設の慰問ライブでした。中止連絡が来たのはこの日程のもっと前ですから、かなり迅速な判断だったと言えます。これが、私の中で「いよいよ始まる」と思った最初の出来事でした。
もちろん、ライブハウスがライブを中止や延期にするのはライブハウス経営者やスタッフの生活に直接関わりますので、施設の慰問ライブの中止とは違う意味合いがあり、大変難しい流れが最初からありました。

認知症の始まっている高齢者や、障がい者や精神疾患のある方々は、職員がどんなに気をつけようと、健常者が当たり前のようにやるうがい手洗いマスク、アルコール消毒、そして日々の行動に気をつけて感染しにくいような行動を簡単に求めることはできません。それらの行動を各々にきちんと行ってもらうことはとても難しいことです。医療現場で医療従事者の感染リスクが高いように、職員の皆さんも感染リスクはとても高い。

このような状況なので、施設の方はいち早くライブを中止にし、感染を拡大しないように急いで行動を始めたと思います。
私はかなり早い段階からこの出来事があったため、すぐに認識することができました。
一方健康な方々が演奏し健康な方々が観に行くライブにおいては、皆なんともないから大勢集まることにあまり危機感を感じないかも知れませんが、そこに無症状の人が一人でも混ざっていたら拡大する、もし本当に懸念が当たり爆発的な拡大をしてしまったら、それこそ日本経済全体が終わる、そう思ったので、心を鬼にして、早いうちから同業者であるにも関わらず行動を自粛してほしいと訴えました。

それは、同業者がコロナ収束後多くの人を敵に回さないようにするための策でもあります。特に私も関わる芸術関連で言えば、コンサートやライブや芝居を強行開催したことで人が集まり、そこから感染した、となれば世論はライブなんか芝居なんかやめてしまえ!という動きになりかねません。そうするとますます、この業界の人たちが収入を得るのが、コロナ収束後でさえ難しくなります。
そんなことないよと楽観視する人もいるかと思います。しかし「最悪の事態を考えて行動する。そうならないように。」という見方もあるのではないでしょうか。

といっても、私の主人はミュージシャンです。春にたくさん入っていた仕事がなくなることも非常に辛いことです。出演者も辛いし、楽しみにしていたお客さまも辛い。
しかし例えばです。わかりやすいように日付を確定しますが、今週末の4月5日どこかで集会(ライブ含め人の集まる類を全体的に集会と書きます)が開催され、多くの人が集まった中に感染者Aさんがいたら、ここで感染った人は4月17日に発症します。感染者Aさんはもう少し前に発症するかもしれません。
5日にAさんを含む多くの人が集まったことによりそこでかなりの人に感染していたとしたら、4月17日にどんと増えます。また、その2週間の間に、その大勢の人があちこち動き回りそれぞれ人にうつします。5日に集会に行った人から4月10日に感染すれば、その人は4月24日に発症し、5日集会感染者の発症直前4月16日に感染した人は4月28日に発症します。

いつまでたっても終わりません。夏になるとウィルスは収束するというインフルエンザのような例も、コロナにも言えるかどうかわからなくなってきたようなので(初期段階では夏には終わると投稿した医者はいました)生活上どうしても必要なことは行動しなければならないからそこは気をつけながら行動するとしても、ましてや集会をどこかでやっぱりやめないで継続されたら、それこそ、我々いつまで自粛するんだ、そのうち完全無収入になって、長期に渡りすぎたため鬱を発症する人や自殺者が出るぞ、という状況になりかねないのです。
だから、集会を企画する側こそが、そんな状況にさせないための行動や互いの連携、協力が必要ではないかと私は考えたのです。

このような状況を作り出しておきながら、その集会に行く前から感染していたAさんが免疫力が高く(年齢は問題にしません、若くても免疫力が低い人もいるので)全くの無症状のまま通過してしまった場合、自分が感染し他人にも感染したことは一生気づかず人生を終えるかもしれません。

ライブハウスをこれだけ糾弾しておきながらパチンコ屋に一切触れないガン無視マスコミと政府にも呆れるかたわらそれだけ利権が関係していることがわかり、政府が心底から国民の命のことを考えているとは思えませんが、緊急事態宣言が出ようとも出まいとも、各々気をつけて行動をされ、辛いけれど集会を中止し、そして1日も早く通常に営業できる状況になり、倒産・店じまいが一軒でも免れることを祈るばかりです。

早い内から「3月末の激変に備えて備蓄を」と書いてしまうと、私なんかそれほど影響力もないから心配することもないだろうがやはり荒れてしまうかと気にもなり、日常的なことだけを書いていました。

1ヶ月ほど前から、本田健さんや革命家のHIROさん、Mitzさんなどのyoutube動画を見てテレビも見て、色々思うことがありかなり前から今月末に起こりうる状況を予測して、日々少しずつ備蓄を始め、両親と、少しの知人にも10日ほど前から、「コロナの本当の姿がどうであれ、経済が混乱し買い物ができなくなる状況はそれはそれとしてやってくる」ため、備蓄をするよう伝えてきました。
旦那はFBをあまりやらないので色々なことは何も書いていませんが、夜話す内容はほとんどコロナ・政治・今後の予測・世界情勢・将来の生き方などです。

オリンピック・パラリンピックは、だいぶ以前から、延期になるだろうこと、それに伴い一気に日本の様子も変わるだろうことを旦那に話していました。
ただし、私が選んだ過ごし方というのは、「日本がロックダウンしてもしなくても、どちらになっても慌てずに生きていける準備」をしておくということです。なので、両方想定していて、日本は検査をあまりしていないから実際の感染者数は判明していないが、本当に諸外国に比べ少なく、キスやハグ、靴で部屋に入るなどの文化がない、ほとんどの人がマスク・うがい・手洗いをしっかりするということが今回は功を奏したねということになれば、それも大変良いとも思っています。

ロックダウンをいう言葉を日本語にしろというご意見もありますが、ロックダウンという言葉そのものは私にとっては「テレビ」みたいにもう馴染みのある言葉になっており、それについてかなり意識した1ヶ月を送っていました。世界的には先にもう起きているので、共通語として認識していました。

思ったことを書き連ねることに罪はないと思っており、スピリチュアル系、医師の方にも色々いらっしゃいます。
中国と違い私達には言論の自由があるし「根拠があるのか」一点にフォーカスすることは私はしませんけれど、人命に関わることなので、それを今断言できるのか?と思われるあまりにも早い判断を「そういうことなので!」とご自身の意見を押し付けるような強気の発言かつ結局間違っていた、という人、まだ明白にわかっていない情報なのに思考せず単純にシェアばかりしている方は、自分自身の思考を混乱させることもあり、今回を機に繋がり削除させていただいた方も少しおります。
直接の知り合いでも気にしないようにしよう、とも思いました。

新型なので、すでに新型についてパーフェクトに断言できる専門家がいるとは私は思っていません。傲慢や思い込みは危険だと考えています。
地球、自然は、わからないことだらけです。

アルバイトを追加して約1週間。疲れが溜まっていたようで、昨夜はとても早い時間に撃沈してしまいました。今日は体も回復しとても元気です。

東京都は大雨です、皆さんいかがお過ごしですか?
起きたら、ある久しぶりの知人からメッセンジャーが届いていました。時代の反映と同時に切なさと嬉しさを、感じたような内容でした。

私の日々のSNS投稿は、特定のジャンルの経験を生かしたセミナー的なことにもまだしていないので、ただ出来事をツラツラ書くということのみです😅

個人的出来事を書くという使い方なので、自分の考えや、経験から得たこと、昔から思ってることとか、ごくたまに政治に対する疑問とか、出来事を単純に写真付きでアップする以外の「考察含む」投稿も「暗黙に誰か特定の人に宛てて」書くことはない(つまり昨日の投稿ですと、内心は好きなことじゃないのに、何か他の理由で自分に嘘をついてやっている人に対して、やめた方がいいんじゃない?とメッセージを送る意図は全くない)のですが、SNSはご存知の通り不特定多数の人が見ること前提の文章なので、思いもよらぬところから反応がありました。

その方は、このコロナウィルスショックの中、会社にいられなくなるかもしれない状況に初めてなって、仕事がなくなる自分のこの先が不安になった時偶然、私の投稿を見つけたのだそうです。

それで逆に、今までやってきた仕事が、仕方なしに選んだ仕事であったこと、後に引けない状況だったこと、いつしか、社会的に負けたくない人が出てきたので頑張って来てたこと、を思い出し、そのライバルに負けたくない気持ちって、なんなのかな、自分にとってその人の成功は関係ないじゃないか、なにしろ自分、『この業界に心底からの興味を持てない』ことに気づいてしまった!

だから、もっと自分が輝けることをやるために、今の仕事やめて転職します!コロナウィルスで世の中がこんな状況になった時、それでも歯を食いしばって乗り越えて続けたい仕事だったのか、考えたら、気づいてしまいました。

というメッセージでした。

しばらくコロナウィルスに関する投稿が続いたので、昨日の投稿は極力関係ないものを投稿したつもりだったのですが、コロナウィルスにより経済的に不安を抱いた人への背中を押すかっこうになったことに気付きました。

新たなことに気づく人も出てきているという別な側面から、今の出来事を感じている次第です。

「深く反省しています」

言葉というものは、思っていないことも言えるし、こうでありたい自分を、今そうであるかのように言うことも出来るし、自分をよく知らない人に対して自分を良く見せるために飾って書くこともできるし、もしくは自分はこうだと本気で思っているが周囲は全く思っていないことを本気で痛々しく(笑)書くこともできます。

言葉では何とでも言えるし、SNSには言葉が溢れています。
誰でも何でも書ける(言える)時代になった今思うことは、SNSでの反応ではなく実際にお付き合いがある人の反応が、その人に対する本物の反応であり、SNSとリアルでの人付き合いに大きなギャップがある、テレビで発言した謝罪の言葉に対する世間の反応が反感ばかりである、このような時、発信者には多大な問題と矛盾があるということ。

言葉でどんなことを並べ連ねようとも、事前に考えて書かれた言葉やテレビで言った言葉だけでは信用しない。
その人の人格・本性は、事前に考えて書かれた言葉よりも実際の行動や態度や顔や、ちょっとしたしぐさ、目の前にいる人にポロっと言ったほんのちょっとの発言に現れるからです。


私を全く知らない人は、私が本当にこう思っているのか、この文章からだけでは判断のしようがないということも言える。
だから日々の行動が本当に大切だということです。自戒のために、書いておく。

@社会問題を見ていて感じること

母から「ローマ教皇が大学に来るよ!」とLINE貰っていました。大学発信の記事を見ると、現役の学生のみ入場可能だったのかなと思いましたが、どうだったのかな。

https://www.sophia.ac.jp/jpn/news/PR/1015papalvisit.html?fbclid=IwAR3gTtLE40krOOF02DEZFnTpPx22mzLBJmCB8uwC4icQzVz_-eOEim2RbCE

テレビではキャンパス内が映ったのでそれが懐かしくて教皇の周りをガン見したという不届き者をお許しください😅

父は牧師ですが、両親の後押しもあってイエズス会が設立した上智大学に入学して、プロテスタントとカトリックの両方に触れる若い時代を過ごしました。
私自身は特定の宗教に入信せず色んな宗教に満遍なく平等な精神で接してきたと思います。
大学時代は本当に楽しかった。今でも、「これまでの人生の中でベスト3に入る最高の時期」と言えると思います。そのくらい、上智大学での4年間は、世界の宗教含め多くのことに触れ、全国の出身者、色んな国の人達に触れ、色んな世代と関わり、時に神父に泣きついて人生相談し、友達と朝まで語り合って、たくさん勉強してたくさん遊んで、純粋に「最高」でした。

上智大学に通わせてくれた両親に、心底感謝しています。

そんな中、私は大学の外での人間関係もかなり多かったので、上智の学生だと伝えただけで、バイト先、サークル、パーティなどで知り合った同世代の人から宗教の勧誘がかなりありました。キリスト教の他宗派もあったし、キリスト教以外もありました。
多くの人が経験する(するのかな?)色んな宗教からの強烈な勧誘を、時にはのらりくらり、時には論破し、洗脳的なカルト宗教との一触即発も何度かくぐり抜けながら40代を迎えました。そして神道の家に嫁入りました。

イエズス会はダメ!この宗教に入らないと幸せは訪れない!君は危ない!と迫るカルト宗教信者に対して、それなら地球の99.99%の人はあなたより不幸のはずだが、少なくとも私はあなたのように人間関係で全く揉めていないし、お金にも困っていないし、トップから無理矢理なノルマに苦しめられていることもないし、隣でコーヒー飲んでるあの外国人カップルも幸せそうに見えるけど、あの人にも私の後勧誘するんですよね?今この喫茶店にいるお客の1/3は外国人です。英語できますか?大変ですね💦と言いました。

その宗教は、これから10年のうちに地球人のほとんどはその宗教に入るのだと言っていました。それが叶わないと、滅亡するという、いわゆる終末論に洗脳されていました。
あれから30年近く経ちました。

まあ、若い頃は結構やり合ってきましたが、今は、どんな宗教を信仰していようとも、自分と自分に関わる人が幸せで、人を苦しめたり蔑んだり憎んだりせず、自分の宗教以外の人を受け入れ穏やかな心を持てるなら、その人にとってとても良いものだろうと思っています。

ローマ教皇のお話は、ニュースやネットで拝見しましたが、とても良かったです。
(ここで都市伝説ジャンルに入る、部分的に事実でもある、聖職者や宗教の、とても良いとは言えない大変な歴史や現状については触れません。ネット社会になり広まってきたので、テレビで報道されていない事実が本当はたくさんあることが知られるようになりました。が、色んな側面から、ニュースやネットを見て自分なりに感じようと思っています。)

さて!本日11月5日でありますが、1ヶ月ブログが空いてしまい久し振りの更新なので1ヶ月前のことから更新して開始します(^^;)。

10月後半から通信制限がかかってしまいネット関連ほとんどなにも出来なくなってしまい、仕事にかなり支障が出てしまった上に、ようやく通信制限が解除されたと思ったらPCのキーボードが壊れ、使いものにならなくなったのでそこから数日間PC関連は作業出来ず、今日11月5日にようやく通常に戻りました。

長かった。ネットが使えないとどれだけ影響が出るのか実感したので、環境を改善する良い機会にもなりました。

ではここから、通常のブログ更新再開いたします!

ハリーとノアの魔法のランプ。今回も様々なびっくり話で、私の頭の中では何が嘘で何が本当か一層わからなくなっている状態になっています(笑)。
71384070_2510965225653300_3311401626094272512_n.jpg

人口問題と食糧問題をネットで調べると、地球人口の嘘についての情報は全く見つけられなかったものの、「人口が増え続けることによる食糧危機」が相当のフェイクニュースであるという、つまり「人口増加は本当、食糧危機が嘘」という研究は多く見つかりました。
この説を正しいとするためのデータではなく、食料の産出量、食料の価格、配分などの純粋なデータで、比較すると人口が増えたことによって食料危機が起きているとは全く言えない現状であるという結論です。

この研究は、逆に「そもそも地球には77億人いない」という今日のハリーさんの話で見ると、別な見方もできます。

二酸化炭素排出による温暖化を主張して大騒ぎをする側と、二酸化炭素排出による温暖化はないとほぼ結論が出ている多くの科学者の意見は180度真逆にいるし、人口問題も実は正確な情報ではないかもしれず。

ラジェンドラ・パチャウリ氏という人がCO2温暖化説を主張してノーベル平和賞を受賞したけれど(科学的根拠がないので平和賞にとどまった)、温室効果ガス(CO2)の排出権取引で莫大な利益を得る銀行の顧問をつとめ、この取引で生み出される資金を、自身が理事長・所長をつとめる「エネルギー資源研究所」に振り込ませていたことが2010年に発覚しましたし、その他様々な方面から、二酸化炭素排出による温暖化説は相当根深い利権が関わっていることも、多くの人が知ることとなっています。

人口問題で嘘(実際より多い人数)を発表するのも、利権と関係しているならばあり得ないことではないかなと思いますが、なんにせよ今回話されたハリーさんの主張と私の疑問など詳細は後ほどアップされる当番組をご覧ください。

反対意見を聞くこと、議論をすること、疑問を持つこと、これが大事だと思うので、「絶対おかしなこと言ってる!」と思う方も、いらしてくださると嬉しいですよ!

この日初めて、公表されている地球人口を疑うという意識を持ちました。。
71384070_2510965225653300_3311401626094272512_n.jpg

ご来場の皆さま、ありがとうございました❣️
71577029_2510965618986594_6165506195713949696_n.jpg