シンガーソングライター水木ノアのすったもんだオフィシャルブログ 
ハリーとノアの魔法のランプ第9回公開収録、無事終了いたしました!ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました!
17966343_1363203207096180_679307113913108267_o.jpg

ブックカフェ二十世紀さん、新井さん、お世話になりました!
今日のゲストは工学博士の申彦先生で、UFO千夜一夜で毎週やっているUFO動画公開の話や、先生の宇宙人に対する考え方、そしてもう1つ活動している舞踏の話など。

サイ科学会の講演の時は私にとっては難しい内容で、半分理解したくらいの感じの、大学の講義のような感じなのですが( ̄∀ ̄)、今日の申彦先生は専門分野ではない、UFOや宇宙人のトークだったので柔らかい雰囲気(笑)。
物証のある(物証を求める)科学・化学とは違う、物証はない分野においても柔軟に見ている方で、宇宙人についてもやはり存在していると考えており、姿形も我々には思いもよらないようなものであろうし、また我々とそっくりということもあるのではないかと。
宇宙に生命があるとしても、地球だけの常識で考えたらとても追いつきません。

DNAのことを考えても不思議ですね、人間と動物のDNAを比較すると、文献により多少差はあるみたいですが、猿と人間のDNAは99%同じと言われています。
後で調べてみたら、遺伝子が90%以上人間と同じ動物の中に犬・猫・馬・魚(?!)・牛・豚などが。
先生の専門である界面化学についても少し話していただきました。ものには全て界面がありますよね、違う物質同士の境目。身の回りちょっと見渡しても界面だらけです。
そこにはエネルギーが発生する、と以前先生の講演で聞きました。

あらゆるエネルギーで、宇宙は成り立っているんですよね。その物体がその物体であり続けるためにも、エネルギーが発生していると思うのですが、どうなのか、どんなエネルギーか。質問するのを忘れてしまいました(^^;
ハリーさんの宇宙哲学講座では、会場からのご質問に回答。

地球での善悪の判断(人のものを盗んではいけないなど)は、宇宙でも同じなのか?通用するのか?そして宗教というものは宇宙にもあるのか?
というご質問。
回答。宇宙の法則に則っているか?というのがいわゆる判断の基準であって、人間の判断による善悪の判断は、決して宇宙的に同様ではない。

地球にあるような宗教は?
ない。
ここからは私の考えなのですが、様々な生命のいる星が無限にあると思うので、中には宗教のようなもの(各々の神や創造神を信じるような考え)を持っている生命体は他にもいるかもしれない。
ただ、惑星同士が交流したり、地球より次元の高い生命体だと、色々わかっているので、宗教はなく、共通の宇宙意識のようなものの中で生きているのかな、と。

まずは、収録の内容をお知らせすると共にお客様全員、ハリーさんとゲストの申彦先生、音響の住野さんご夫妻の写真をアップしてご報告その1とします。
17523701_1363203203762847_3337372020410464717_n.jpg

次に懇親会の様子を。皆さんと色んなお話が出来て有意義な懇親会でした!
スポンサーサイト

どんぐり源さんからもFBでお知らせがありましたが、入院されていた源さんが無事に退院し、発送を再開しております!
ご年齢を考えると色々あるかと思いますが、さすがどんぐり食品を推進しているだけあって、回復されて安心しました。

どんぐり食品のご注文をまた受付いたしますので、
magicallamp2016@gmail.com
までご注文ください。

現在以下の商品を販売中です♪

●どんぐり南部せんべい2枚入り 100円
17883491_1358615447554956_3201083103073897930_n.jpg

●どんぐりクッキー100g 350円
17884240_1358615637554937_7267420960502447741_n.jpg

●どんくりパウダー(どんぐり粉)500g 2000円
17861496_1358615457554955_5106204054506567771_n.jpg

●どんぐり茶ティーパック12袋入り 600円
17884526_1358615617554939_4814793911183881505_n.jpg

●どんぐり酵素キット 1000円(写真なし)
送料は本州350円、四国・九州・北海道は1050円、沖縄は2100円になります。
(その他離島の場合は御注文の際、都度確認いたします)

縄文時代の主食とも言えるどんぐりは、栄養価が高い優良食品です。青森の三内丸山遺跡で発見されたどんぐりのDNAから、縄文時代には既にどんぐりが栽培されていたことが分かっています。
(魔法のランプサイトより)

オレイン酸とビタミンCがふんだんに含まれており、アンチエイジング効果があります。

「竹本良のUFO千夜一夜」、次回から参加申し込みをしていただくことになりました。
17834130_1352756651474169_2552540880076316023_o.jpg
次回から申彦先生の個人宅になり、参加人数に制限がありますので、事前に私にご連絡いただいてもOKと以前お知らせしたのですけれど、申彦先生が申し込みフォームを設置してくださったので、お知らせいたします。

ご来場の際には以下のリンクからお申し込みくださいませ!(場所詳細はリンクからお申込み後直接ご返信いたします)
http://marginalbox.com/ufo-senya

次回のお知らせです。
テーマ:「ライヒとUFO」
日時:4月13日 (木)   
19:00~21:00頃まで
会費:¥2,000
当日会場にて直接、現金にて参加費をお支払い下さい。

収録&生放送になりました。ご来場できなくても、リアルタイムでネット視聴することができます。
※生放送のチャンネル詳細については後日、追加告知します。

講師:竹本 良(UFO研究家)
申 彦 (工学博士)
MC:水木ノア
主催:あかでみっくかふぇ

どうぞよろしくお願いいたします。
17807196_1352756641474170_7239737596678587049_o.jpg

日本橋近辺で、全く名前を思い出せない芸能人とすれ違いました!名前が思い出せないからこれしか書けない。

UFO千夜一夜第7回「UFOと科学革命」ご来場いただいた皆さまありがとうございました!
17807517_1352756644807503_6091937967882027534_o.jpg

申彦先生のコーナー「今週のUFO」。もう、今週のUFOの動きをお知らせする時代になりました(笑)。
申彦先生から、太陽の近くに出現した、とてつもなく大きな「なんらかのもの」の映像を見せていただきました。24時間365日ずっと撮影している太陽の映像の中には、ところどころ、へっ?なにこれっ!というものがあるようです。
こういうことは人工衛星が届ける月の映像、地球の映像にもありますね。

私が先日撮れた上智大学上空の未確認飛行物体、これは本当にUFO。竹本さんによりUFO写真認定(≧∀≦)
こちらが写真です。
17547012_1352420268174474_1290675172651154582_o.jpg

アップ。
17760097_1352424948174006_6831589158241993736_n.jpg

赤井こうじさんをゲストに迎えて、最近の不思議な動画や画像を見せていただきました。
17834130_1352756651474169_2552540880076316023_o.jpg

UFOのみならず、監視カメラが捉えた、どーにも説明のしようがない、理解のしようがない「もの」。突然道路の上に降りてきて徘徊している「なんらかのもの」。こういうの、本当に何なんでしょうね!
監視カメラが設置されるようになった現代は、不思議なものがたくさん映像として残されるようになりました。世界中には今の科学では説明しきれないものがたくさんあることがわかり、驚くと同時に、やっぱりねーそりゃあるよねーこの広い宇宙だもの、と納得もします。
赤井さん、ありがとうございました!

次回から場所と参加申し込み方法が変わりますのでまたお知らせいたします。
17761177_1352756648140836_7882060825572885610_o.jpg

サイ科学会午後の部の後半は3人の先生にご登壇いただき、その後はパネルディスカッションでした。

秋吉まり子先生:ヒーリングライア奏者です。
20170402155919bac.jpg

始めにライアという楽器についてと、秋吉先生がライアと出会い演奏するようになったプロセスなどを話してくださり、その後約15分間、静かなるライアの演奏で会場の雰囲気が変わりました。
ライアとは、20世紀前半に音楽家で教育者であったエドモンド・プラハト氏によって生み出されたもので、ドイツ発とのことです。先生のライアは手作りで、一枚の木を彫って形をつくり弦を張ったものだそうです。

秋吉先生は精神的にとても辛い時期にこのライアに巡り会い、「これだ!」とすぐにピンと来てライアの世界へ。私もよくわかります。自分にとってこれだというものに出会った時って、やろうかどうしようか迷うというプロセスはなく、「やる」という選択肢しかないんですよね。そんな運命的な出会いによって始めたものは自分に幸せをもたらしてくれ、自分を変えてくれます。

さらに私が考えるのは、本当の運命の出会いによって行っていることは、周囲への幸せももたらすと思うのです。社会貢献ということなのかな。周囲に迷惑を散々かけても芸の道を進む、ということもありますが(^^;)、基本的には、その人が宇宙から使命として与えられたもので、それを本人がキャッチし気づいて、具体的に行動に起こしたことというのは、関係各位(笑)への良い影響、世の中の活性化、最終的に社会貢献になると思っています。

しかしその出会いまで多くの人は、やりたいことが見つからずイライラしたり、生き甲斐を見いだせず苦しんだり、何をやっても手につかないなど、色々な経験をすると思います。

秋吉先生がライアの演奏を始めると、音量はとても小さいことに最初気づいたのですが、この音により発生する空気の振動が私達に伝わって、身体が浄化されるような感覚を得ました。

静かに、静かに、全員がライアの響きを聞きました。非常に、美しい音色で、しばし目をつむって幻想的な世界に浸ることができました。

ハイブリッド幸田先生:若返り伝道師です。実年齢をお聞きしましたが本当に見た目年齢がお若い!多くの人に若さと健康を取り戻してもらうべく精力的に活動なさっています。楽夢ダイエットというのを考案し、広めていらっしゃいます。
20170402155921313.jpg 201704021559221df.jpg

幸せホルモン" 分泌型の運動法と、食べ方と考え方が重要と訴えました。食事を頂く前に、ありがとうと言ったり、買ってきた野菜やお米にありがとうと言うことで美味しさが倍増するということはよく言われており、実験結果もあります(私のFB友でも、その実験結果をアップしてくれた方もいました)。

そしてこの場で全員が実践できる簡単なストレッチ法で皆素直に驚きました。正面からゆっくりと、現在の自分の限界まで後ろをゆっくり振り向きます。もうこれが限界というところで一旦止まって、「ありがとうございます」と言いながらその方向に背中から頭を下げてお辞儀をする。

と、あら不思議。さらに後方へ身体が行くようになるんです。個人差はあるかと思うのですが、私は明らかな効果がありました。もう一度、その場所から「ありがとうございます」と言って同じことをすると、あら不思議!さらにもっと後ろへ振り向けました。
とっても気持ちが良かったです!

日々酷使してしまっている自分の身体へ労いの言葉、感謝の言葉をかけることによって、自分自身の身体も変化するのだと思いました。先生はとても明るく、周囲に幸せをもたらしてくださる方ですね♪
「ビールもケーキも大丈夫!健康的に痩せてリバウンドしない! 美しく若返る!」これは誰にとっても知りたいことなのではないかと〜〜(≧▽≦)

アリヤナさんは今回優勝され、初回の記事で特集させていただいたので、ここでは省略させていただきます(^^)

パネルディスカッションの後、磐笛奏者の紗羅さんが、噂のあの石(宇宙人の子を出産したというイタリアのジョバンナから竹本さんがもらった石)に穴を開けて作った笛で演奏してくださいました。この時私はパネラー側に座っていたため撮影を失念、写真がなく申し訳ありません!

いつもながら思うことなのですが(聴く度永遠に思うと思う)、穴がたったひとつしか無いのに、どうしてメロディが出て来るのだろう。本当にすごい演奏です!

この度は、ご来場の皆様、本当にありがとうございました!そして講演された先生方、お疲れさまでございました!
20170402155923fc7.jpg 20170402155924fda.jpg 20170402160001787.jpg

サイ科学会午後の部前半の部です!

加賀先生:ヒプノセラピストですが、通常の催眠療法からさらに進んで、「長年経験してきて、どうしても否定することができない可能性」について真摯に話していただき、とても興味深いものでした。
20170402155229d3b.jpg

超潜在意識領域に入ることとは?潜在意識ではなく、超潜在意識です。

人の意識というものはまだまだわかっていない領域で、我々が認知している以上に、もっと広大な仕組みがあるのではないかとひしひしと感じます。

先生は、催眠に関して「意識を深める」というより「意識を解放する」ということではないかと仰り、そして意識を解放することによって起きる不思議な現象を語ってくださいました。

意識はもちろん見えないので、学問的にも見えないものを追究している分野です。しかし「見えない存在と意思疎通する」ことや、「リモートビューイング」まで行ってしまうと、現状では非科学的、場合によっては異端になってしまうのでしょう。

しかし先生は「見えない存在と同期」することを話してくださいました。
病んでいる患部を、正常な情報を入手することにより元に戻す、肉体に反映させるということは、宇宙のおおいなるサムシンググレイトへのアクセス、というものをイメージさせます。

申彦先生:界面科学者なのですが、舞踏をやっている側面をお持ちで、今回は「舞踏」について講義してくださいました。いつも「科学者」に見えている先生が、今日は完全に「舞踏家」に見えました・・・(´∀`)
20170402155230eb0.jpg

バレエ障害というものをご存知でしょうか。バレエは、生まれた当初はバレエと言えばの「つま先立ち技法」はなかったそうで、19世紀ロマン主義の時代に開発された技法なのだそうです。

このつま先立ち技法は、バレエの舞台には「いかに重力がないように見せるか」を追究したために発祥したようですね。まるで妖精が軽々と踊っているかのような様子がこの技法で表現できます。

しかし、バレエ独特の踊り方を長年やっているうちに、背骨が真っ直ぐになってしまい、ハイレベルなバレリーナであればあるほど、身体への負担はかなり大きく、のちに障害となってしまうことも。人の身体は、脊柱の自然な湾曲がスプリングの役目をしていて衝撃を吸収しているので、この湾曲が歪んだり、逆に真っ直ぐになってしまうことは、身体への大きな負担となるそうです。

先生が続けられている舞踏は「暗黒舞踏」というジャンルで、日本発のものだそうです。バレエとは逆に「アーシング」といって、体を地面に設置することが特徴で、暗黒舞踏の公演ですと、ほとんど動かず、時には30分もただその格好でいる、ということがあり、動画を流してくださいましたが「動画を見ていてもつまらないのでこの辺で」と言ってストップした時には笑ってしまいました(笑)。

根本先生:第四の水の層の講義をたくさんされている先生です。固体、液体、気体、の他に、4つ目の形態があるということで、ガラスのコップの内側に接触している部分は第四の層になっているそうです。これについては初めて講演を拝聴した時に記事にしました。
201704021552332fc.jpg

これはかなり研究中されており、いつか、水の形態について新理論が理科の教科書に載る日も近いのではないかと思いましたが、そこまで行くにはまだまだまだまだ、実験と検証が必要だとのことでした。

血液が身体中を巡るにあたり心臓のポンプの力だけで起こり得るのか?との問いに対し、水の第4の層の存在によりそれが可能になっているのではないかということ、実際に計算式で、重力や距離などを考えると植物も人も、有り得ない液体の巡りが起きているという研究結果はとっても興味深いものでした。

志村則夫先生:先生は歯科医を長いことされていました。
20170402155234b78.jpg

歯学博士です。歯を治療するにあたり、ご自身の体には無理のある態勢を長く続けてきたために腰を悪くされたとのことでしたが、最近はかなり真っ直ぐに、楽々と歩くことができるようになっていらっしゃいます。

重力と愛という、とても驚きのテーマで愛に溢れた講演をなさいました。やはり、他の先生方同様、人の身体は「本来あるべき状態に置く」ということが大事であると訴えます。

とても賛同します。現代、人は病気にならないため、病気を治すため、本当に数えきれないほどの薬を投与します。特に薬に頼る生活を長年している方は、どれだけの化学物質を体に入れているだろう。私は、風邪薬さえほとんど飲んだことはなく、薬と記憶しているものを体に投与したことは、皮膚の塗り以外何があっただろう?と考えるくらいで(ワクチンも全く経験なし、その上インフルエンザも未経験)病気になったことはありますが医者から貰った薬は、飲んだことにして放置してました(爆)。
しかしどうしても薬を必要とされる方は手放せません。
(スピリチュアル的な考えだと、どうしてもの方々にさえ本来いらないと訴えている人も多く、癌でさえ、治療せずに治した方々もかなりいます。一切報道はされませんが。)

「形」と「機能」の在り方を、本来あるべき状態に置くことにより、健康、真善美となるのではないか、と講演されました。真善美とは、認識上の真と、倫理上の善と、審美上の美。人間の理想としての普遍妥当な価値をいう言葉だそうです。人の見た目の美しさというものは、内面が美しくなければ出てこないと私は思っています。
もちろん、今回の先生方多くのテーマになっている、身体のトラブルをいかに治癒していくかということがとても重要です。そこへ「愛」を投与すると、いいのでしょうね^ ^

遅くなりましたが日本サイ科学会 ヒポクラテス・シンポジウム記事午前の部です。

プログラムは写真1の通りで、講演された先生方それぞれジャンルが全く違うものの、やはりサイ科学会。普段大学で教鞭を執っている先生や経験者、医学関係者、心理学関係者の方々が多いものの、ここではまだ世の中に認知されていなくても確かに何かある、というものを発表してくださるので、発見がたくさんあります。

テーマが「重力」だったものですから、普段研究されている分野に特別重力要素はないにしても今回のテーマに合わせて発表内容をアレンジして持ってきてくれるようなところ、さすがでした。

あくまで素人の私の記事なので、何か疑問点がありましても私ではこの先は答えられませんので何卒ご容赦ください。先生方におかれましては、私の認識に間違いがありましたら、是非ご指摘くださいませ。

小澤先生:恒例、タイで起きている「天の扉開き」で、公式サイトもありますので、「物質化現象」に興味
ある方は是非ご覧になってみてください。
201704021535400be.jpg

ホース状の物体「ニョロ」が洞窟の天井から出現するということで、真相はどうあれ私はまず「ニョロ」ってものが出てくる、ってだけで惹かれます(笑)
ニョロは6〜5キロの物体で、切断した時には固かったのだが切断した跡は柔らかくなったそうです。ニョロを手づかみした人が死んでしまったということで驚き。
その他様々な物体(銅や鉄みたいなものや、ガラス玉みたいなものなど)があり、元素分析をしたところ、基本的な元素で構成されており、地球上に普通に存在する物質であるそうです。

当然インチキではないかという批判が多いので、それを払拭するためあらゆる角度から様々な分析が行われているそうです。

日本でも物質化現象のある場所が見つかったそうですが、まだ内密とのこと。

飯島章先生:微小重力の影響について、初めてこの分野を聞くことができました。
20170402153542aa0.jpg 20170402153543db3.jpg

地球の表面から400kmくらいのところがスペースシャトルが飛んでいるところですが、無重力なのではなく微小なる重力の環境というのが正しいようです

カルシウム不足により骨が溶け出す現象や、筋肉の衰え、視覚障害が起き、今でも苦しんでいる宇宙飛行士がいるそうで、地球に戻ってきたらする普通の生活に戻れるわけではないですね。

逆に過大重力の影響というものもあり、3〜4Gで脳に血液が十分に届かず、視界が狭くなり色を失い、視野狭窄も起きるとのこと。

我々は1Gで生きていますが、重力が大きくても小さくても健康に悪く、適度な重力のなかで生きているのですね。

お風呂に入ると体重を9分の1に感じるので非常に快適ですが、最近アイソレーションタンクが流行っており、液体に浸かるだけでなく、光と音を遮断した空間で浮遊することにより、リラックス、催眠状態に。人によっては幻覚、深トランス状態に入れるそうです(アイソレーションタンクで使われる液体は海水または硫酸マグネシウム水)。

一度経験してみたいな!

山中先生:FBライブ動画で配信した、上下に体を揺らす器具の講演をなさった先生です(FB動画については別途更新しますねー!)
20170402153545fe2.jpg

まず何しろ一番は、「本人の治癒力」。病気になったら本人の治癒力、生きたいという気持ちがまずなければ治るものも治らないとは、医者もよく言うことですね。
そして、病気にならないようまずは「自然の摂理」に沿って生き、健康になるということが大事だということです。

宇宙飛行士の帰還後のトラブルについて、飯島先生からもお話がありましたが、山中先生からも、宇宙飛行士を例に挙げ、地球で健康を維持するための理論を話してくださいました。

あまり詳しく報道されていないようですが、宇宙から戻った時には立ち上がることも困難な場合があるようです。
宇宙飛行士のリハビリを一般にも活用した、タッピングマシーンをご紹介。
低周波による全身垂直振動が体に良く、「耳石」を揺らす微振動が鍵とのことです。
宇宙の振動シューマン波、律動振動トレーニングによる「揺さぶり」により、体内酸化と還元が行われるということ、脳波ではα波、Θ波が出ること、成長ホルモンが増えることなど解説していただきました。

とても難しいので、このへんにします・・・汗
午後の部はまた後ほどっ!

私がレギュラー出演しているネット番組「ハリーとノアの魔法のランプ」からのお知らせです。

魔法のランプではどんぐり源さんのどんぐり食品と、100帆立の貝殻の除菌パウダーホタックスクリーンを販売代行しておりますが、この度商品をご購入の際のお振込先に、楽天銀行が追加されました。お振込しやすくなった方もいらっしゃると思いますので、是非ご利用ください。

商品の詳細は魔法のランプオフィシャルサイトを御覧くださいませ!

http://gwsp.hustle.ne.jp/lamp/mlampindex.html